イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2016

10.11


日記

石の国

dsc05520

 

ピントが酔っ払ってますが、昨夜ちびちびやりながら「おとなのあきじかん」のKu’s Barに引っかけて、アイルランドの石に思いを馳せていました。

 

右側のコースターとちび石はアイルランドから持ち帰った、ケルト民族の魔除け石とされるカネマラ マーブル。
カネマラと言えば、Ku’s Barに登場するアイリッシュでは仲間はずれのピーテッドシングルモルト、あのカネマラですね。
左は通称日高ヒスイ(本来のヒスイではない)、ヒスイに似た美しい緑色、取り尽されて今では絶滅と言われている石です。
とても似ています。不思議ですね。
偶然、こじつけですが、ケルト=縄文の匂いがプンプンしてたまりません。

 
アイルランドと言えば、ストーンサークルや立石、巨石、ドルメン、石の砦や礼拝跡や教会等々、石の国のイメージがあります。
どこを掘っても石だらけ、だから農作物を作るにはえらく苦労したんだろうし、それは現在進行形でもあります。

 

dsc03470-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

アイルランドの首都ダブリンのNational Botanic Gardens of Irelandのロックガーデン。
気候区別のロックガーデンがあり見応えありましたが、その中のアイルランドの各地の石だけを見本的に使った文字通りのロックガーデン。
さすが石の国ですが、これって北海道にもあったら楽しいと思いません?
北海道の方がもっと多様性が見せられると思う。

 

dsc03614-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

dsc03615-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc同じ植物園内にある、残されている歴史的な古い温室。
アイルランドイエローやアイルランドグリーンと呼ばれるスレートっぽい石ですが、いろんな色合いのものが混ざり、妙に暖かさを感じました。

 

15日に向けて皆んな準備に励んでいます。
自分はウイスキーとショットグラスの準備だけかな。すみません。
でも、ショットグラスは磨きに磨きましたよ。
楽しみです。

2016

10.2


日記

苦難の海浜植物

dsc05487

 

昨日は羽幌へ日帰り。
ボランティアの方々対象の講習でしたが、それを引っかけに(すみません)周辺あちこち探検。

 

以前町外れの海沿いの崖上にハマナシのいい個体があったので、先ずはそこを目指しましたが車道の草が繁茂して進入不可能。
歩いて行くのも時間がかかるので今回は断念、残念。

 

他の海沿いの数ヶ所も行ってみましたが、これまで見たことないほど浸食が進んでいました。
これも台風の影響でしょうか?
留萌から羽幌までの途中では、何ヶ所かテトラポッドの設置工事をしていましたが、当然備えますよね。

 

そんなこんなで、ハマナシなどの海浜植物も少なからず影響を受けていると思われます。
願わくは、どこそこのように工事後の修景と称して栽培品のハマナシを持ち込まないでほしいものです、切に。
後で見分けがつかなくなるとのマイナーな都合だけでなく、少なからず他の植生への影響もあると思うのです。
人間の仕業はともかく(こっちの方がやっかいですが)、自然の植物にとって自然の摂理で消えるのも天命、静かに見守るしかありません。

 

ついでに浜辺で石拾い、思わず夢中になってしまいました。
こんな楽しいことはないと思う、思いません?

2016

9.30


日記

マルチング

dsc05477

 

昨日は真狩、空の庭でマルチングのチップを敷き均してきました。
途中通り雨があったものの、まだまだ動くと汗ばみます。

 

今回のチップは特注品。
流通しているのは間伐材のペラペラチップが多く、なかなか望みのものが入手できません。
望みは針広混合の不揃い、厚みのあるもの、堆積済みで腐植が進んだ黒色。
これが難しいのですね。
イコロの地元の業者の堆積山から選びました。
地元の美沢の林からの地場もの。

 

dsc05471

 

植え床には、粉砕してふるい分け前のもの。
繊維質も入っていて絡みが良く、菌糸も早く出るので、接着効果が出て法面にはいけます。

 

dsc05469

 

広場には、それをさらに2回ふるって、繊維質も抜けて粒が揃ったもの。
締まりがいいので落ち着きます。

どんどん踏んでほしい。

 

表土の仕上げの効果って大きいと思います。
取りあえず自分的には満足万蔵、でした。

2016

9.27


日記

山二つ

dsc05433

 

イコロに行く度に木々の葉色が秋色に変わってきています。
その中でいちばん早いのは、このヤマウルシ。
アントシアニンばりばりですね。

 

自分の行くあちこちでは、やはりイコロがいちばん早い。
いちばん春が遅く、いちばん秋が早い。
少し前はもうそんな時期かよ〜と焦りもしましたが、ここまでくれば開き直るしかありません。
後戻りはできないですから。

 

dsc05429

 

昨日は乗馬クラブリーフさんから馬糞をいただいてきました。
半年前までのもので、去年いただいたものよりはすでに醗酵が進んでいい感じ。
米ぬかをサンドしてこんな山二つ。
これから行く度に切り返しをしますが、余りものの炭の粉も混ぜようかと。

 

ちょっと臭いますが、ご勘弁ください。

2016

9.23


日記

DIC川村記念美術館

dsc05400

dsc05403

 

逃避行ではないのですが、一泊で千葉県佐倉市にあるDIC川村記念美術館に行ってきました。
DIC、旧大日本インキ化学工業の略、創業者である川村喜十郎から3代に渡って集めた収集品を公開している私設の美術館。
家内の強い希望で、自分も便乗しました。
いつも迷惑をかけているので、少しは埋め合わせになったでしょうか。
美術館のコレクションも多彩ですが、自分にとっては装飾を排した風景式庭園は溜め息ものでした。

 

ちょうど企画展「レオナール フジタとモデルたち」が開催中で、生の作品や写真などを見ながら映画「FOUJITA」を回想できました。
やっぱり坂本龍一にそっくりだと改めて納得。

 

家内の目的はその企画展ではなく、マーク ロスコの「ロスコ ルーム」。
ただただ感動したようで、しばし動けず、感涙にむせんでいました。
全く予備知識のない自分にとっても不思議な体験でした。
いいものを見せてもらいました、感謝。

 

dsc05411

昼を食べたレストラン。
大げさではなくいい空間。
ショップも然り。
騒々しい現実を忘れさせてくれる異空間、月並みですが正に癒されました。

 

dsc05397

ネットで立ち入れない芝生広場。
どこも完璧な芝生、今のイコロの芝生を思って嫉妬してしまいましたが…