イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2016

6.20


日記

雨の中のバラ

雨ですね。
こんなフレーズ、あちこちなんでしょうね。
蝦夷梅雨っぽいですが、厳密に言えばオホーツク高気圧の影響を受けての冷たい雨でもなく、日本海の低気圧の影響だから本来的な蝦夷梅雨ではない。
もっとも蝦夷梅雨自体、梅雨前線の影響ではないので梅雨ではないですがね。

 

そんな雨模様の天気の中、昨日の旭川の平間造園さんでの講習、一昨日のいわみざわ公園でのローズツアーも良い天気。
昔から自分のイベントはほとんど雨には当たらない。
典型的な晴れ男なのですね。
で、自分の仕事をしようとすると雨、どっちがいいのか…
公園時代からずーっとそうで、それを知っている小学校の教頭先生から運動会に招かれたこともありましたっけ。

 

どこも咲いているバラは雨に叩かれているんでしょうね。
一昨日のいわみざわ公園でのツアーは「工藤のちょっとディープなローズツアー」のサブタイトルでしたが、まだ本格的な開花前だったので必然的にマイナーものが中心になりました。
満開だったスコッツローズは見頃でしたが、それ以外の雨の合間のバラをいくつか。

 

Rosa californicaRosa californica、昔から好きな原種です。
グレイッシュな葉、交配親としても期待できます。
でも、何処其処に植えたように放置すると入り込めなくなります。
血だらけになる、先んじてそろそろ枝の制限が必要かも。
この後、八重咲きのplenaが開花。

 

Rosa moyesii続いて今だけもののRosa moyesii
これももっと交配種が出てもいいと思うんですが…
ヒップが楽しみ。

 

Cuthbert Grantそして、ツアーでもお話ししましたが、今咲いている中での自分の◎、Cuthbert Grant。
カナダのモーデン研究所のParkland Series Collectionの一品種。
Z3でこの花、香りは信じられません。
Prairie rose、Rosa arkansanaの血筋。
Rosa arkansana、実生からの株が百合が原公園のユリ園の中に入っているはずですが…

 

Morden Blush最後は今の主役かもしれないMorden Blush。
文字通り同じくモーデン研究所もの。
いつも言ってますが、嘘だろうのZ2。
60年代、70年代のモーデン研究所は際立っていたんですね。
今は無きですが…

 

今日もこれらは雨でうつむいているんでしょうね。
明日は岩見沢に行きます。
きっと上がるな。

 

 

2016

6.16


日記

札幌まつり、そしてバラ開花宣言

今日まで札幌まつり(北海道神宮例祭)、あいにくの雨模様、関係者の方々はさぞかし気をもんでいることでしょうね。
まつりと言えばイコロでは先日のPlant Fair & LOPPIS、二日目の後半は多少雨が降ったものの、どうにか大崩れせず盛況のうちに終了することができました。
遅くなりましたが、この場を借りて関係者の皆さん、ご来園の皆さんに深く感謝いたします。
ありがとうございました!

 

イコロ史上、最多の入場者、延々と連なる車の列を見て、映画の「フィールド・オブ・ドリームス」の最後のシーンを思い浮かべてしまいました。
畑に囲まれた片田舎の球場への一本道、ヘッドライトを点けた車が延々と連なる、あの場面。
現実ではない夢のような光景でした。
少し前のことなのに、すぐにあちこち動き回っている自分には未だに夢だったような気もします。

 

そして、ついにあちこちでバラの開花が始まりました。
札幌ではヤマボウシが満開、バラと同時期、そうだったでしょうか?
やはりバラが早まったんでしょうね。

 

昨日は大通公園でしたが、早咲きのものは満開。
羽幌町からのボランティアの皆さんの視察に合わせて、大通公園のボランティアの方々にも集まっていただきました。
羽幌町13名+大通公園25名ほど、道行く人は何の集まりかと思ったことでしょうね。
皆さんご苦労様でした。

 

DSC04006いつも一番乗りのBetty Boop。
開花が揃い、岩見沢や羽幌にもあるので、開花基準になりそう。

 

DSC03961自分的には今咲いている中では最もお気に入りのGene Boerner。
バーナー博士の最高の傑作、フロリバンダでは異色の整形花と思います。

 

DSC03999中国からのルゴサ、Maikaiも満開。
やはり従来のものとは異なり、キネンシス気が全くなく葉も花も優雅。
この写真は一株だけある濃色のもの、良い個体です。

増やさなければ。

 

明日、明後日は岩見沢ですが、続々咲いてきていることと思います。

 

DSC03938その岩見沢、一昨日の写真ですがAicha。
今主役のスコッツローズ、他の品種も満開でした。

 

ついに来ました。

2016

6.7


日記

無事終了

DSC03886うん、毎年恒例ですね。
お借りしている月形の雪の聖母園の畑へのバラ挿し苗の植込み、昨日無事終了。
植え込み時期としては遅れることなく適期、よかった。

 

が、一週間ほど前に腰をやってしまいました。
立ってしまえば、座ってしまえば、這いつくばってしまえばさほど問題はないのですが、体勢の切り替え時には電気が走る。
昨日の植え込みも不安でしたが、立ったまま、這いつくばったままを心がけ、何とか保ちました。

 

業界御用達になっているどこそこの骨接ぎにでも行けば楽になるのでしょうが、行く時間もないし、諸々講釈聞くのもイヤだしな〜(わかる人はわかりますね)
そのうち温泉に行って一日だらーっと、それが今の自分の願望です。
でも、まだ先ですね。

 

昨日植えたバラ苗、37品種、360株、今まででいちばん多いかも。
昨年はつるバラオンリーでしたが、今年は半つる、シュラブなどもあり多少は多彩、全てがお薦めです。
いつも言ってますね、すみません。

 

今年は除草、草刈りなど後手にならないようにしたいものです。
昨年もこの時期には同じ思いだったような…
今年は頻繁に通うぞ!
でも、腰痛い…

2016

6.1


日記

大通公園開花

DSC03845昨日の夕方、大通公園の横を通ると色が見えました。
咲いていました。
写真のHot Cocoa含めて4品種。
早咲きのNearly Wildなんかは10輪ほども。

 

札幌の街なか限定ですが、ぎりぎりですが昨年に続き5月中に開花。
早いですねー
昔を考えると一ヶ月も早いような気もしてしまいます。

 

今はどこでもそうですが葉も艶々元気、程よい葉色、葉質、肥料太り感なくていい感じ。
先日もボランティアの方が丹念にバチルス菌を散布していましたが、そんなのもこれからボディブローのように効いてくると思います。

秋まで伸び伸びとと育ってほしいものです。

 

これから次々開花、6月中旬頃が満開でしょうか。
楽しみです。

2016

5.30


日記

あちこちに球根

昨日も良い天気、イコロで這いつくばっておりました。
@イコロ、ここのところいつも同じフレーズですみません。

 

ややこしいバラの枝抜きは佳境、やっとですが先が見えてきました。
お客さんに「今剪定しているんですか?」と問われ、「恥ずかしながらそうなんですよ。」と答える。
「でも、イコロは進みが遅いのでいちばん最後なのです。もう少しですっきりします。」と苦し紛れのフォロー。
昨日は何回か同じような受け答えをしました。
日曜はダメですね、どうにも会話が多くなりはかどらない。
何人かの偶然お会いした同業、知り合いの方とも話しが弾みました。
まあたまにはいいかも、それも仕事、楽しかったですよ。

 

DSC03831春からイコロに行く度にあちこちに球根類が植え込まれています。
ローズガーデンのパーゴラにはカマッシアが開花。
入口すぐの生垣前のボーダーにもアリウムが開花。
誰の仕業?言いませんが明らかですよね。
いいと思います。
咲いてるor終わりかけのチューリップやらチオノドクサ(おっとキオノドクサだったですね)を突っ込む、秋に植えるよりは正確にイメージできる。
ポット植えならではのいい方法と思います。
来年は賑やかでしょうね。

 

早くローズガーデンから抜け出したいものです。
いろいろ植え込みたい。
そんな季節なんですね、今は。