イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2017

1.13


日記

つらら

昨日は大荒れ予想、覚悟しましたが札幌はそれほどでもなく助かりました。
打合せであちこち。
この時期はどこででも作戦会議で、頭の切り替えが大変です。
午前は古巣の百合が原公園へ。

 

DSC05971

大温室にドーンとハボタンの富士山。
「ビオラ、パンジーと葉ボタンの素敵な世界」(長いな~)展をやっていたんですね。
梅木さんの仕業でしょうか?さすが場所がらをわきまえたベタ仕掛け、これはなかなかすごい。(イヤミではないですよ~)
単価とボリューム、保ちを考えればハボタンはコストパフォーマンスは高いですよね。
でも、公園側は助かるでしょうが、周りにいっぱい並ぶ販売ものが売れてこその仕掛け、この雪で来園者もまばら、何とか動いてほしいと他人事ながら願ってしまいました。

 

富士山だけでなくこんなのやら、あんなのやらもあります。

 

DSC05978

 

DSC05979

おしゃれなハボタンなんか、昔は考えられなかった。
せいぜい踊りハボタンの世界でしたから(あれは面白かった)。
使い捨て感覚で楽しめるので、ほどほど寒い場所があれば使いやすいですよね。

 

DSC05968

自宅のつらら、当たり前でしょうが漢字で書けば氷柱。
ついに3m以上になり、雪面に届きました。
昔はこんな風景はどこででも見られましたが、最近はどこも気密性がいい住宅なのでこんなのは滅多に見られない。
古い家ならでは、しかもナツヅタのせいもあり雪が落ちない。そろそろ雪下ろししなければ…

 

ガキの頃はとにかくつららを見つければ雪をこいででも取りに行ったものです。
ガキの本能ですね。
折れないようにそーっと前後に揺らして根元から折り取る。
これが難しいが、上手くできれば満足、大きければ大きいほど満足万蔵。
そして必ず先を舐める、それも本能。
そうでしたよね?
ね?…うっ、自分だけかな~

2017

1.7


日記

いわみざわ公園初日

dsc05964

 

昨日は今年初めてのいわみざわ公園。
今年もよろしくお願いいたします。
引き続き色彩館の中のつるバラの剪定+葉毟りでしたが、昨日は前回の修正と誘引のみ。
足場は次の場面に移動していたので、二連梯子と脚立での作業。

 

ここでの二連梯子、ちょっと見るだけでイヤな思い出が蘇ります。
一昨年の作業中、移動中にバランスを崩し支え切れなく肩を傷めました。
筋を傷めたようで、未だに尾を引いています。

 

左でフェンスに張り付いているのはMizさん。
(Mizさん二人になったのでMiz-Iさん、昨日お休みのもう一人はMiz-Fさんですね)
昨日は合間に何回かじっと彼女の剪定を見ていましたが、切り去る枝、残す枝、切り位置、ほぼ自分の判断と同じでした。
うん、いいですね、でも悩む時間が長過ぎる、3倍はスピードアップできる。
ごめんなさい、今は確実に、教科書通りに切ることの方が大切かもしれません。
いずれにしても、誰もケガなく終わりたいものです。
昨日はずーっと上ばかり見ていたので首が痛いですが…

 

今日から世の中また三連休なんですね。
うらやましい。
もっとも自分も、今年の正月は大晦日から2日まではほぼ家の中にいました。
ずーっとバラの実を割ってタネばかり見ていたような。
そういえばいつもより酒もあまり飲んでいなかったような。
まあそんな正月もいいかも。

 

今日はイコロでまたバラ支柱の続き。
寒いだろうなー

2017

1.2


日記

一富士二鷹三茄子

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 

どこも穏やかな正月だったようで、先ずは良かったですね。
この冬の前半は、とくに札幌、イコロ含めての千歳周辺の積雪が多く難儀しましたが、これからの後半どうなるか?
神のみぞ知る、ですね。

 

dsc05940

 

昨日の元日は雪かきもなかったので一日中家の中。
寒い部屋でストックしていたバラの実からタネを取り出し、水浸けしてました。
半分くらい終わったでしょうか。
肩バンバン。

 

交配ものではなく、ほとんど原種系の自家受粉のセルフ種子。
昔は輸入ものを含めて、バラも結構播種してました。
とくに中国~イギリス経由のキネンシスものは、それぞれ個体名を付けたくなるほどやたら変異が出て面白かった。
またやってみようかと。

 

今年は少し交配もしてみようかと思っています。
ずーっと封印してました。
面白くて、それに走ってしまいますからね。
趣味ですね、あくまで。

 

水浸けしたまま、冷蔵庫で3月頃まで低温処理、その後播種します。
趣味ですから自宅で播種します。
でも、顔を見るのにどこかの畑に落とします。
かなりの数になりそうなので、そうなれば畑の確保が必要。
どこかの畑を確保しなければ…
趣味でなくなっちゃいますかね。

 

どうあれ、ヒップを割り、中のタネのどれを選ぶか、それは楽しいものです。
大きければ良いってもんじゃない、何かを感じるものだけ選ぶ。
全く根拠もないけれど、それが妙に楽しい。

 

今日も一日やってます。
正月くらい夢を見たっていいかな、と。

2016

12.25


日記

Christmas is a special day

dsc05915

 

メリークリスマスですが、この雪でいろいろ予定が狂った方も多かったと思います。
(名古屋で足どめを食ったJimmyさん、無事に帰ってこれたでしょうか?お疲れ様でした。)

 

昨日は札幌でしたが、自宅のブドウ棚やモミジの雪下ろし、雪で半分以上隠れた窓の雪除け等々。
屋根上の雪も重そうで、天気が良かったので暖房を上げて雪落しを図りましたが、まだまだ乗ったまま。
今まで経験のない湿雪、老朽化した家に住む身としてはヒヤヒヤものですが、庭木も今年はあちこち枝折れ多いんだろうなと推測します。
(イコロのハウスの雪も心配ですが、Kimさん、Sachiさんご苦労様でした。でも十分気をつけてくださいね)

 

一昨日のイコロは高速は事故で走れず、行きは3時間、帰りは初めての4時間超えでしたが、札幌市内の移動も半端ではありません。
この雪、本道路も道幅狭くどこも渋滞、さらに2車線の中通りはどこも1車線なので交互通行で超渋滞。
昨日の夕方は、自宅の西18丁目から母の居る西28丁目のグループホームまで、いつもは数分なのに1時間超え、距離の近い地下鉄2駅、明らかに歩いた方が早かった…

 

クリスマス、普段とは違う人の動きがあったんでしょうね。
ケーキやチキン、プレゼント、相変わらずの一大イベントだったんでしょうね。
…。

 

開発途上国の子どもたちの5人に1人が極度の貧困の中で暮らし、程度は違うものの日本でも6人に1人が貧困状態だそう。
そんな子供たちにとっては、とくにクリスマスはやり切れない思いでしょうね。
日頃はいつも自分のことばっかり、クリスマスこそはそんなことを思う、特別な日であってももいいかと思うのです。

2016

12.20


日記

モジモジ

dsc05893

 

昨日の定位置からの画。
一昨日からの暖気でプラスにはなったものの、連棟ハウスのV字にたまった雪は変わりなし。
やはり増減しながら春先まで乗ったままなんでしょうね。
でも、隙間から差し込む陽の光に気持が和らぎます、体も楽チン。

 

自家生産バラ苗の手入れ。
手入れといっても、剪定はまだしません。
残り葉と枯れ枝だけほぼ手で取り去るだけ。
今から頂芽を決めちゃうとイケイケになっちゃうので、今はモジモジさせておきます。
わかりませんよね何言っているのか、イケイケとかモジモジとか。
とにかく今はモジモジなのです。

 

次回からつるバラの支柱を始めますが、昨日で小ものは終わり。
今年はコンテナ用も多い。
イコロだけのコンテナ向きの品種、お薦めです。

来年はあちこちの講習会などに持ち歩こうかと思っています。

行商みたいですが、お薦めもの、もっと積極的にお薦めしようと。

そろそろ来年の講習の予定も入ってきています。

今はまだモジモジ。