イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

4.8


日記

ばらゼミ

昨日もいわみざわ公園。
何と昨日から6日連続となる予定、ここまで入り込むのは初めてかもしれません。
今年の特殊事情もあり、やれるだけはやります。

 

昨日はばらゼミB、雪が散らつく中でしたが30名ほどが参加。
今年は初級者向きのばらゼミAと、中級者向きのばらゼミBを設定。
Bは主にボランティア活動しているトムテの方々を対象とし、座学はなしで頭から現場での実践講座。
昨日は剪定がテーマだったので、2時間みっちり各系統ごとの剪定を見てもらい、午後からは実際に鋏を使ってもらいました。
今日はAで「剪定の基本のキ」、前半座学で後半は実際に見てもらう予定。

 

先日も札幌市内の造園会社からバラの剪定の相談を受けましたが、内容は「基本のキ」以下で、業者も、いや業者だから旧態依然のまま、これだけ多様なバラが使えるようになった状況にはついていけてないのかもしれません。
実践して楽しんでいるアマチュアの方のほうがはるかに理解していると思います。

 

バラ園の囲い外しは緑地班の応援もあり、全て終了。
旧温室の中に入れて乾かし。
使い道に難儀しているピラミッド温室ですが、こんな時には助かる。
山ほどですね、3,000株もありますからね。

 

スタッフが合間に、先ずはPP袋からサイズごとに結束。
10枚一締め、3束結束、何事もこの辺のルールは細かいことも予め決めておくことにしました。
その方がスムーズに運ぶし、後で使うのも混乱なく使いやすいですからね。
丁寧な仕事です、グッジョブ!

 

温室のモッコウはほぼ満開。きれいです。
隣りのクライミングブルボンの‘Souvenir de la Malmaison’も満開。

 

火曜日からは、いよいよメインの整形式花壇の剪定に入ります。
すっかり岩見沢市民状態になっています。
(早く、イコロに行きたい…)

2018

4.5


日記

いちばん乗り

世の中、大谷くんで盛り上がっていますね。
さすがですね、すごい。
好きこそ物の上手なれ、きっと誰よりも野球が好きなんでしょうね。
何事にも通じます。

 

昨日はイコロで、ずーっとやってる鉢バラの植替え。
ついに後一日で終わりそう。
3月中に終わりたかったんですが、いろいろありで仕方ない。

 

合間にガーデンの中をあちこち見てきました。
ウッドランドのスノードロップ、だいぶ色が目立ってきましたが、まだ少し足踏みでしょうか。
この土日も雪予報なので、次の晴れ日に満開かな?
イコロは今月21日オープン、すみません。

 

レストランガーデンのハルニレの株元の古株は満開。
いつもいちばん乗り、さすが日なたですね、

 

建物裏の樹林の中ではナニワズの黄色もだいぶ目立ってきました。
こちらも間もなく満開を迎えます。

 

相変わらずあちこちウサギの糞が転がっています。
新旧いろいろですが新しいのはあまりなく、そろそろウサギも林の中へ移動したのかと。
これからはたっぷり食べ物ありますからね。

ご苦労様でした。

 

でも、前ほどではないにせよ、ローズガーデンのバラもやっぱり食べられていました。
入口近くのHMsk、自然樹形にしたいのですがきっちり高さを揃えて切り戻されています。
几帳面ですね。少しはアヤをつけてほしいものですが。
でも、あんなに攻撃されていたMaria Lisaは全然食べられていなくて安堵。

 

半年ぶりに全貌が見えて、やっぱりイコロでもほくそ笑んだり、ため息ついたり、でした。

2018

4.4


日記

朝の一人作業

昨日は雨模様、朝から結構風が強かったですね。
6時前にいわみざわ公園に到着、いよいよこのパターンが始まりました。
とくに今年のいわみざわ公園は上から下まで人が入れ替わったので、このパターンが増えそう。
真冬並の防寒着の重ね着で臨みましたが、それで丁度よく、まだまだ油断できませんね。

 

レストランの前のボーダー花壇で咲くスノードロップ。
先日の百合が原やら札幌の他所でも見ましたが、イコロのはまだ見ず。
うーん、何とも複雑な気分になります。
今日は行くので絶対見てやる!場面と桁が違いますからね。

 

いわみざわ公園、朝からの一人作業で進めているのがつるバラ剪定+誘引。
先日のツクシイバラに続き、導入部の主役 ‘Rosenholm’。
デンマークのPoulsenのクライミングフロリバンダ、クライマーですね。
岩見沢で当たった品種、と言うか想定外に良くて驚いた品種のひとつ。
そんなのあまりないんですけどね。
写真を見て使ってみたくて輸入しましたが、今は本国デンマークでもほとんど作っていないみたいで再度の導入は難しい。
「他ではあまり評価されないが、ウチでは良い」の典型的な品種でしょうね。
そんなのが見つかるのが面白い。

 

あちこちで言ってますが、今年のいわみざわ公園のバラはいいですよ。
つるバラもこんなに枝が残った年はない。

 

昨日はPP袋を外してもらい、ほぼ全貌が見えてきました。
シュラブもHMskも良い、フロリバンダもかなり歩留まりが良い。

 

ただ、やっぱりHTですね。
チップから出た枝はお決まりの見たくもない黒枝。
見ながらうーんとため息出ちゃいました。

 

でも、チップの中を覗くと結構助かってる。
どこで止まっているかはチップを取り除いてからになりますが、20cmでも、いや10cmでも残れば御の字。
どうせ強剪定ものですからね。

 

一人でうーんと言ったり、ほくそ笑んだり、外から見たら変なオジさんでしょうね。

 

 

2018

4.1


日記

消えた隣家

昨日も暖かったですね。
全国的にですが、北海道もサクラが早そうです。樹々の芽もかなり膨らんできました。

昨日は久しぶりに一日札幌でデスクワークでしたが、このところ家にいると毎日振動で毎日地震状態でした。

 

隣り、大きな家があったのですが数日前にすっかり更地になりました。
我が家がスカーンと丸見え、少し恥ずかしい。

 

これは一週間くらい前の解体時の様子。

 

自分の幼少期には、かつての北海道有数の大企業であった北炭の倶楽部として使われていた建物で、黒塗りの車が夜な夜な集まっていた記憶があります。
その後、北炭が解体した後は地元の土建屋の社長宅となり、古い建物を修繕を重ね維持されていました。
今は少ない瓦屋根の大きな家でした。
その社長が数年前に亡くなり、跡継ぎの息子は近くのマンション住まい、高齢の奥様が一人で住んでおられました。
どこも同じ、雪の処理や家の維持を高齢の女性一人で維持していくのは限界だったようで、一ヶ月前くらいについに家を手放し近くのマンションに移っていかれました。

 

前庭には、よく手入れされた門かぶりの五葉松やら年代物のイチイやらがあったのですが、家屋の解体の前には、はさみ、つかみができるグラスパーの大型ユンボでバッサバッサと庭木を掴み切り、あっという間に更地になったわけです。

 

この辺りはどこも同じですが、すぐにマンションが建つとのこと。
ますます我が家は囲まれ、見下ろされ状態になります。

 

隣りの高い庭木もなくなり、カラスの巣作りで我が家が狙われるのが明らかなので、昨日は合間に木に登り、狙われやすい車枝を少しさばきました。
カラスも住みにくくなりましたが、自分たちもいつまでここで踏ん張れるか。
少し寂しくはあります。

2018

3.29


日記

ダリアの分球

昨日は昨年から関る定山渓ファームに今季初めて行ってきました。
屋外作業が始まる前に、先ずは昨年掘り上げたダリアの分球。

少し早いような気もしますが、やれることは進めておきたい、今はそんな時期ですからね。

 

心配だったのですが、保管温度に気をつけてくれたおかげでほぼほぼ歩留まりは良かったので、安堵しました。
手前の刃物はダリア分球用のもので、昔百合が原公園で使用していたもので、拝借してきました。

 

先に刃が付いているので、こうやって縦使いします。
昔取った杵柄、やはり案配がいい。

 

売るわけでもないので、あまりがめつく分けませんでしたが、それでも500球くらいに。
売るほどありますね。
昔は切り口に殺菌剤をたっぷり塗布したものですが、今は使いたくもないので自然癒合を促します。
すっからかんに乾いた赤玉土を使ってバットに仮植、ハウスの中でできるだけ高温を保ちます。
キュアリングですね。

 

今年は春から二期工事の造成が始まります。
果樹園ではダリアは良くできる、昨年そう感じました。
地力のせいでしょうね。楽しみです。
今年もあちこちで活躍しそう。