イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2017

8.10


日記

お盆バージョン

世の中、お盆バージョンですね。
どこへ行っても空気感がそんな感じになっています。
明日から6連休なんて話も聞きました。
なんかゴールデンウィーク並ですね。

 

まあ世の中が休みということは自分のペースで動ける訳で、助かることは助かります。
そんな時は、延ばし延ばし後手になっていることを片付けるにいいチャンス。
自分はイコロの除草でしょうか。

 

昨日は午前中から雨との予報だったので、久しぶりに早朝出勤。
雨前までにできるだけ進めようと4時頃に家を出ました。

 

DSC07705

久しぶりに見た街なかの朝焼け。
大通公園方面がきれいに染まっていました。
それにしても日に日に、日の出が遅くなってますね。
何か寂しさを感じるほどです。

 

雨が降り出してきた8時頃までほぼ3時間、ローズガーデンの中で文字通り這いつくばっていました。
まだ虫も出ていなく、茂みの中の作業は朝方にかぎる。
今の狙い目はカタバミ。

 

DSC07707

いやな光景かもしれませんね。
大分果実が膨らんできて、そろそろタネがはじけそう。
むやみに触るとはじけるものもあるので、地際を掴んで、頭を振らないように抜き取ります。

 

今までは広く浅くを心がけてきましたが、そろそろ徹底除草の段階に入っています。
ローズガーデンはマルチングも大分薄くなってきて、かなり草が入り込んできているので、一度徹底除草をしたら裸地部にマルチングをかけようと思っています。
そうすれば今シーズンはそのままでいけるでしょう。
花摘み、花切りもしたいがそれは後回し。
後世に禍根を残さないように、です。

 

合間を縫っての除草、お盆中には決着したいものです。
もう少しで4時、そろそろ出動します!

2017

8.3


日記

「かわいい~」

昨日も夏らしい日差しでしたね。
でも、イコロは22℃くらいですから、気温的にはこれ以上無いほどの絶好な日和ではありました。
昨日は久々にナーサリー横でストックもののバラの手入れ、やはり直射日光下では暑く感じました。

 

DSC07680

時々通ったナーサリーの日陰ものコーナー。
やはり日陰は涼しくて、ずーっといたいほどでした。
椅子、テーブルもあるから、ずーっといてもいいんですよね?
お薦めです。(自分なら嫌われてもいるな~)
まだまだいいギボウシありますね、今の内、来年あるかどうかはわからないのでお買い得と思います。

 

考えてみれば、自分はほとんどバラがらみなので、いつも日当りにいる訳で、当然真っ黒黒助になる訳ですね。日陰にはまずいないですから。
まあそれは諦めてはいます、逆らえません。

 

売り場の横で座り込んで作業していると、いろいろ話が聞こえてきて面白い。(すみません)
他でも、何処でもそうですが、圧倒的に「かわいい~」が多い。
何でも「かわいい~」ですね、今は。
集団になるほどこの言葉が飛び回る、とくにオバさんたち。

 

これってどうなんでしょう?
「かわいい~」って、基本的に上から目線ですよね。
自分は孫を「かわいい~」って思う、それは当然と思います。
でも、植物を「かわいい~」とは思わない。とても思えない。

 

単に「それが好みだ」っていう意味合いになっているんでしょうかね、今は。
そうなら、ボキャブラリーが貧困、少し寂しい気持にもなります。
とくに同業の方から聞くと辛くなります。
すみません、余計な話でした。

 

DSC07692

ポケモンの団扇。
思わずコンビニで買ってしまいました。
それを「かわいい~」と思うオジさんも変かな~

2017

8.1


日記

除草

いい雨だったのか微妙ですね、札幌は。
無いよりは良かったが、どうせならもう少ししっかり降ってくれた方がとも思いますが、あちこちでの集中豪雨のことを考えれば、適度な雨なんてことはとても言えませんよね。
天からの恵み、それに従い、感謝するしかない。

 

その雨の前、一昨日の日曜日はほぼ終日イコロでガーデンに入っていました。
あちこちの伸びた枝の始末やら、除草やら。
雨の度に草は育つ、この雨の後もドバッと来ます、今が山場かもしれませんね。

 

DSC07653

ホワイトガーデンのベンチで一服。
旺盛に育ったペルシカリア ポリモルファ(Persicaria polymorpha)に囲まれ一服。
‘偉大なる雑草’なんて揶揄されることもありますが、ホワイトガーデンでは主役級ですよね。
元気いっぱいで好きです。

 

株中の目立つ高性の草を抜いたり、少しだけ枝を詰めたり、心して広く浅くを心がけました。
狭く見れば一日で数メートルしか進めないかも、抜きたい草が山ほどですから。
取りあえず引いて見て除くべき草だけを対象にしました。
公園時代もそんな時がシーズンには何回かありましたっけ。自分の役目かもしれません。

 

どこも除草で苦労していると思います。
欧米と圧倒的に違うのが、この草との戦いでしょうね。
種類も勢いも桁外れに違う訳ですから。

 

除草剤やマルチングの利用など、場面に応じては必要になります。
でも、除草する時は徹底的に処理する、それは基本と思います。
ある意味、気合いです。
大げさだけど、後世に禍根を残さないように意識して抜き去る。
スギナだって続ければ衰退しますから。

 

除草、自分は好きですよ。

2017

7.28


日記

林縁植物

昨日も山道通いでした。
ネコでのマルチングの運搬、敷き均し、乾燥しているせいか、がぶ飲みした水分もどこへやら、肉体労働には良い日和でした。

 

いつも帰りは南30条を通り、石山通から福住桑園通りに入り環状通りに抜けますが、その藻岩山沿いに数株の白花が。

 

DSC07648

朽ち果てそうな山側の擁壁に被さるクサギ。
モリモリ緑の中で白花が目立ちました。
さすが林縁植物、放っときの姿がいい感じ、カッコいい。
真夏の白花って貴重ですよね。

 

林縁植物といえば、今はどこでもノリウツギ(サビタ)が主役でしょうか。

 

DSC07625

一昨日の月形の雪の聖母園、畑のすぐそばで咲き誇っていた株。
これも放っときで、放っときならではのダイナミックな咲きっぷりに感嘆しました。
イコロ周辺でもメッカ的な場所はいくつかありますが、当別の太美辺りの防風林もメッカでしょうね。

いつも楽しませてもらっています。

 

クサギはともかくノリウツギなんかはもっと庭の中で使いたいものです。
少しは使われてる場面を見るようになりましたが、単独使いが多く、どうにも違和感あります。
やっぱり他の緑との連続感、一体感ある使いこそキマルと思います。林縁植物ですからね。
イコロの使いはいい感じ、ご参考に。

 

DSC07633

ついでに聖母園の畑のバラ。
マルチング間の通路の草、あっという間に7、80cmほどに育って仕切り壁のようになっていました。
徹底的に刈り払い機で草刈りしてすっきり。
バラも一気に日当り良くなり驚いているでしょう。
今のところ生育良好、バンバン枝を伸ばしてほしいものです。
頑張れ!

2017

7.24


日記

散髪

昨日は久々のイコロでした。
あれやこれやで中々いられない。
いたいのだがいられない、いつものことなのでしょうがない。

 

でも、久しぶりに朝方何も考えずにじっくり、どっぷりガーデンで漬かっていました。
細かいことには目をつぶりですが、暑くもなかったので最高でした。
場所を変え、全部のベンチに座ったかも。
役得ですね。

 

DSC07601

前日はかなり降ったようで、どこも水は十分。
溜まった水を飲みにカラスアゲハがヒラヒラ。
動きが優雅ですね。
しかも人懐っこい、歩くのについて来てるかと思うほどでした。

 

DSC07611

昨日は恒例の垣根の散髪。
いつも通り、自分は手前から、Jimmyさんは奥から。
途中から暑くなったものの、まあまあ順調に終了。
ムッとしてやってるように見えたかもしれませんが、楽しかったですよ。
鋏での刈り込み、好きだな。

 

DSC07613

ホワイトガーデン、奥からの出入口のホザキナナカマド。
これはだいぶ前に刈り込んだもの。
いい感じにトンネルになって、満足万蔵。
背の高い人なら頭ひっかかるかな?でもチビが散髪したので仕方ない、ご容赦ください。

 

今日はこれまた久しぶりに自宅のイボタの垣根の刈り込みやら、芝刈りやら、除草やらの予定。
待ったなしの状態になっているので、やりごたえあるでしょうね。
自分の散髪にも行きたいが、それは後回しだな。