イコロの森

ガーデン日記

2018

9.21


イベント
花カレンダー
コメント0

釧路のみなさんへ

明日と明後日は、あの喫茶リリーに球根を販売に行っきま~す。

釧路のみなさ~ん、いつものみんなでワイワイ、地下のノスタルジックな喫茶店でお待ちしております。

車パンパンで行きますので、帰りの荷物が減りますように。。。

力作のぼりは、会場が喫茶店なので、雰囲気を考えて自粛です。。。残念。。。。。。

詳しくはこちらをクリック ⇒ 喫茶店の片隅で

 

去年、70年に1度とか言われていた「笹の花」。

天変地異の前触れなんて信じてなかったけど、今回の台風と地震のことだったのかな?なんて考えてしまいました。

そして、去年ほどじゃないけど、咲くことができなかった個体が一年遅れで花を咲かせていました。

ほんの少しだけです。

「忘れちゃだめよ。」と言われているようです。

今回の災害で色々勉強したことを、絶対に忘れないように備えたいと思います。

何一つ、無駄にしてはいけないと思います。

 

 

 

2018

9.19


徒然日記
コメント0

北海道観光

キラキラの晴天の三連休。

実はお休みをいただいておりました。

姉家族が広島から遊びに来る予定になっていたからです。

ずいぶん前から飛行機やホテルを予約して楽しみにしていたのですが、今回の災害でキャンセルしようかどうか迷っていたので、「来てお金をいっぱい落としたら」と妹からの進言で、はるばるやってきました。

大雨被害で甥っ子の夏休みも散々でしたので、仕切り直しということで。

 

で、結果として甥っ子は「イコロ大好き」になりました。

叔母による、洗脳完了です。

まぁ厳密に言うと、乗馬クラブに所属している馬の「チャーミー大好き」なのですが。。。(笑)

旅行中、ずっと「イコロに行く?」と言ってました。

これまた厳密に言うと、「チャーミーに会いに行く?」ですけどね(笑)

 

あんまりガソリン使うのもなぁと、札幌界隈しか観光していないのですが、基本どっこも空いていました。

そんな中、円山動物園と豊平峡温泉は、地元の人で激混みでした。

 

弊社にも、まだ一人自主避難中(?)の同僚がおりますし、しんどい思いをしている方がたくさんいらっしゃる中で、観光庭園へ行こうという気持になり辛いかもしれません。

でも、我々もこの場所を維持して行かなければならないので、コツコツと細々とやっていきます。

イコロ、通常営業してます。

遊びに来てくださいね~。

 

 

 

 

 

 

2018

9.14


作業
コメント1

浅根の樹木

本日は、北広島のお宅にガーデンの手入れに伺いました。

3種類のノリウツギが、それぞれピンク色のグラデーションに染まっていて、美しかったです。

 

ノリウツギも素敵なのですが、この季節のもうひとつの見どころは、ミヤギノハギの生垣です。

 

住宅裏手の遊歩道にずらりと植栽されています。

遊歩道なので、散歩や通勤で通る方の中にも、毎年楽しみにされている方もいらっしゃるそうです。

 

ただし今年は、あの台風で遊歩道の樹木が何本か倒れ、道がふさがれている状態なので、通行止めになっています。

ミヤギノハギは、この遊歩道に面している数軒の住民のみが見れる状態です。

そして、倒れちゃった樹木は、一番の大物はニオイヒバでした。

かなり幹周も太い立派なニオイヒバでしたが、ペロッと根ごと倒れていました。

 

そして、衝撃の根元がコレ。

厚さ10cmくらいしかありません。

 

下は、路盤になっていました。

路盤に根を下ろすことなく、10cmくらいの表土の中だけに根を貼っていたということでしょうか?

よく今まで持ちこたえていたものだなと驚きです。

最初に植栽したときは、どれくらいのサイズの苗木だったんだろう。

 

根が浅いとは思っていたけど、これはさすがに例外ですね。

 

 

 

2018

9.12


作業
コメント0

岩見沢へ

現場確認の必要があったので、今朝はひとっ走り岩見沢へ。

 

秋バラが咲き始めていて、落ち着いた華やかさが素敵でした。

数年前に初めて訪れたときは、ギラギラした銀色の構造物が気になりましたが、今はシックな色合いに塗りなおされていて、ちょっと昔のハコモノ感が全然なくて「塗装一つでこんなにも変るもんなんだなぁ」と感心しました。

もちろん細かくは、カツラやヒバの生垣が増えていたり、鉄のフレームが増えているので、塗装だけの話ではないと思いますが、今のちょっとスモーキーなモス色は、素晴らしい選択だと思います。

 

同僚が携わった色彩感の中の植栽も、花木たちが大きく成長していて、ハッとするくらい素敵でした。

どうしても、秋が深まってくると色味を求めてしまうけど、グリーンの重なりと石板の花壇が、ヨーロッパのちょっと高級なところのお庭みたいでした。

 

イコロ合宿中に習った、「ガーデンをモノクロの写真で撮ってみて、その植物のもつフォルム、テクスチャーの重なり(レイヤー)でデザインを確認する」というのを、さっそく思い出しました。

 

公園には1時間くらいだけ滞在して、イコロにトンボ帰りだったのですが、その間に見かけた来場者はカップルが一組だけでした。

まぁ今は公園とか行ってる暇はないかもしれないですけど、心身が疲れている時こそ、こういう場所に身をおくとリフレッシュできると思うのです。

イコロもそうですけど、良く見ると台風の後遺症はいたるところに残っていますが、危険なところは取り除いております。

みなさん、是非ぜひ、道内のガーデンや公園に足をお運びください。

色んな気持ちのカサカサが、はがれるかもしれませんよ。

 

 

 

 

2018

9.11


徒然日記
コメント2

穏やかに。

昨日から、やっと営業再開できました。

台風から始まった長いお休みでした。

 

中々スムーズに、燃料も入れられない状況にもかかわらず、雨の中、さっそくいらっしゃってくださったお客さまに感謝です。

お休み中も無事を確かめるメッセージをくださった園芸業界のみなさんや、お客様に感謝です。

学校がまだ通常に戻っていないし、家のことでも忙しくて疲労困憊しているはずのスタッフも出勤して、雨の中バリバリ働いてくれて感謝です。

自宅に戻れなくて、イコロの森に合宿(籠城?)中の我々のことを、ずっと気づかってくれて大きな声で笑わせてくれるシェフにも感謝。

 

今朝からアキラさんの芝刈りが再開されて、あのエンジン音と芝の香りを嗅ぐと「あぁ日常が戻ってきたな」と、心が穏やかになります。

先日播種した芝も少しずつ芽を出してきました。

何だか、小さな芽吹きに励まされる気持ちです。

 

クローズしている間は、ずーっと3人で一緒にいたので、庭のことをいっぱい話しました。

復旧のための作業もいっぱいしました。

木を切ったり、倒れた植物を起こしたり、修復不可能な植物を刈り込んだり。

同僚が木から滑り落ちたり(笑)。

 

作業の間も、余震が続いて、ちょっとドキッとしたり。

でも3人でいるから、「おぉ~」と言いながら、しのげました。

地震の朝からずっとイコロにいるので、テレビもないし、街中の空気感とか情報とかほとんど知らなくて、それが幸いしたのかもしれません。

夜は、やることがないので、さっちゃん先生にたくさんレクチャーをしてもらいました。

眠かったけど、新しい情報やカッコいい英単語を学べました。

 

営業が再開された今は、シェフの美味しいランチが、毎日の楽しみです。

 

地震以来、現実逃避をしておりましたが、そろそろ自宅に戻って片付けを始めようと思います。

まだ日常を取り戻せていない方、たくさんいらっしゃると思います。

いつか、またガーデンでお会いできるのを楽しみにしています。