イコロの森

ガーデン日記

2017

12.15


作業
コメント1

捨てなれない。

昨日と一昨日は、打ち合わせで札幌へ行っておりました。

先週と比べると道路状況が格段に良かったのですが、駐車場に難儀しました。

会社の車は作業で使うので大きなハイエースなので、立体駐車場は結構な確率で断られちゃいます。

昨日は駐車場難民になってしまい、ものすごい遠い駐車場からツルツル歩道を走って会場へ。

会場では皆さんをお待たせしてしまい、本当に申し訳なかったです。

次回からは、公共交通機関で向かうこととします。

肝を冷やしました。。。

 

森では、冬恒例の宿根草のポッティング作業を行っております。

それと並行して、あれこれと修理が必要な道具を手入れしております。

一輪車のタイヤを交換したり、壊れたプラスチックの足場を修理したり。

ノーパンクタイヤもずいぶん安価になりましたね~。

 

このナイフ、以前にボスが「全部ステンレスだから錆びないよ」と、買ってきてくれたのですが、刃を固定する部品が行方不明になって、刃だけで使用しておりました。

学校の先生がいたら、絶対叱られる使い方です。

数百円のクラフトナイフなので、さすがにこの金具だけでは販売していないらしく、ちょうど良さそうな金具でつけてみました。

金具、48円でした。

カッコ悪いけど、安い。

これで、安全に使える。

 

捨てられないんです。

ボールペンのインクを使いきって、インクだけ交換するときに何とも言えない達成感があります。

ケチくさいかもしれないけど、ちょっとした趣味で小さな喜びです。

何もかもパーツ付け替えだけで、ずーっと使えるようになれば良いのになぁと思います。

 

次は、温室の中の道具部屋を何とかしたいのですが、工具類がいっぱいで機械音痴にはハードルが高く、二の足を踏んでおります。

年末までには、あの部屋もやってしまいたいなぁ。

 

 

 

2017

12.7


作業
コメント1

おこもりスタート

イコロの森にも雪がどっさり降って、外での庭作業は強制終了となりました。

雪が積もるまでの1週間は、ボーナスウィークで、やりたいけどやれなかった作業をやっと行えてすごく楽しかった。

シーズン中は外出する日が多くて、じっくりと作業する時間が取れなかったので、こんなふうにじっくりと庭で作業できる時間は、クリスマスプレゼントみたいなものでした。

本当に楽しかった!!!

 

今日から温室で、ボーダーガーデンから掘り上げた苗の株分け作業を始めました。

今朝の通勤時の外気温は-18度。

温室内のボイラーの設定温度は0度なので、朝はまだボイラーが稼働していました。

寒いですね~。

 

昨晩は楽しい打ち合わせの後、自動車で戻ったのですが、道路がツルツルで怖かった。。。

そもそも40キロも出していない状況なのに、ずいぶん手前からブレーキ踏んでもスィーと滑っちゃうし。

千歳に近づくと徐々にアスファルト道路になっていて、ホッとしました。

遅くなる外出は、公共交通機関を使った方が良いですね。

 

 

 

 

 

2017

12.3


作業
コメント2

やめられない。

「やめられない、とまらない。」庭作業でございます。

 

今日も「凍った落ち葉をガリガリ地面からはがして、集めて、フレコンに詰めて、踏み踏みして、ブロワーでもう1回掃除」の無限ループ。

やればやっただけきれいになるので、やめられません。

植え床をきれいにしつつ、笹を切ったりまわりの花木の枝を切ったりで、すごく楽しい。

こんな風に丁寧に仕事できること、シーズン中は中々ないですからね。

 

サルメンエビネのエリアを掃除していたら、10年前に2株でスタートしたエビネがこぼれ種で結構増えいていました。

落ち葉をガリガリ剥がしちゃったので、風邪をひいてはイケないと腐葉土でフカフカマルチ。

周りの笹とか余計なものも掃除したので、春の花の時にはきれいに観賞していただけるかも。

でも、今までゴミがあったおかげでここまで増えたのかもしれないしなぁ。

 

休憩スペースに置いてあった「現代農業 12月号」がすごいおもしろい。

特集は、「落ち葉&せん定枝 ラクに集めてどっさりまく」です。

欲しい機械がいっぱいある。

これだけ落葉樹がたくさんあるんだから、全部有効に使いたい。

みんな考えることは一緒ですね。

農業と、見せるためのガーデンでは微妙に違うところもあるけど、頭の中がだいぶ整理できました。

チャンスがあったら読んでみてくださいね。

 

 

2017

12.2


作業
コメント0

まだまだ外作業

道内の雪のニュースを見つつ、イコロには雪が全くないので現実味がありません。

土はカッチカチだから穴を掘ったりはできないけど、地表の作業はまだまだできます。

まだまだ粘りますよ~。

 

今日は、ナチュラルガーデンのそうじとサンゴミズキの剪定。

 

タカバヤシが古くなって木質化激しいサンゴミズキの枝をバシバシ切っていきます。

ずいぶんスッキリして明るくなりました。

これから出てくる新芽を見極めながら樹形を整えていきたいです。(来春余裕があれば。。。)

 

同時進行で落ち葉やホスタの葉が凍って張り付いているのをガリガリとレーキで削って剥がして、ブロワーで飛ばして集めます。

凍っちゃう前にできたら、こんなに手間がかからないんだけど、まぁそれは言っても仕方ない。。。

雪が無くて作業ができるだけでも、良しとしなければね。

 

そんで各所に作った落ち葉の山をせっせとフレコンに詰めます。

 

少し詰めるごとに足でギュツギュと踏んで、隙間をなくします。

パンパンのフレコン2袋分の腐葉土予備軍ができました。

園路からはちょっと見えちゃうけど秋までこのまま置いておいて、堆肥化が確認できたら、また花壇に戻したいと思います。

 

先日のウッドランドガーデンでの作業では、クマが怖かったので奇声を上げながら作業しました。

今日は、タカバヤシのクマ鈴。

一応ね。

 

 

 

 

2017

11.30


作業
コメント0

まだ外作業

昨日の暖気で、雪が融けました。

でも土はカッチカチに凍っております。

さすがにそこまでは融けないですよね。

 

午後から、ウッドランドガーデンで自家製腐葉土を撒く作業。

 

去年の秋に集めておいた落ち葉が良い感じに分解されて、ものすごく状態の良い腐葉土になっていました。

が、ここで大誤算。

落ち葉をウッドランドガーデンの横に堆積しておいたのですが、周りの木の根が思いっきり腐植の中に進出していました。

細根がいっぱいです。

そりゃそうですよね。

火山レキオンリーの土壌で根を伸ばしていたら、突然フッカフカの腐植の塊があるわけですから、レベルの高さ無視して細根のばしまくりですよ。

ローダーは除雪仕様にチェンジしているので、人力のみで集めていたけど、細根による妨害と続々出てくるカブトムシの幼虫に行く手を阻まれて、作業車2杯で終了。

来春ローダーで、根を切りながらひっくり返すこととします。

 

やりたかった場所の10%くらいしかできなかったけど、何となく段取りはつかめたので、来年以降リベンジを誓いました。

 

それにしてもやっぱり腐植ってあったかいんですね。

他の土壌はカッチカチだけど、腐葉土の山はサクサクショベルが入りました。

 

根雪になるまで、ギリギリまで粘ろうと思います。