イコロの森

ガーデン日記

2022

9.17


施設紹介
コメント0

球根入荷(少しだけ)

こちらは月に2回ほどお伺いしている虎杖浜の「ナチュの森」。

化粧品の工場併設の「工園」なので、とにかく清潔!!!

そして日当たりが良い。

おおきな芝生の工庭は、簡易テントを設置できるし大きな噴水もあるので、開園日には唇を紫色にしたちびっこが滝行に勤しんでおります(笑)。

今年中には、更にショップやカフェスペースが充実するので、建物前の花壇も植栽させてもらいました。

蒸留器で色々試して見れるように、香りの良さそうなものをモリモリ詰め込みました。

虎杖浜まで1時間弱の距離ですが、イコロでうまくいかない植物もここならイケイケだったり、イコロで大きく育つので大丈夫かと思った植物の調子が悪かったり。。。

もちろん敷地の中の花壇ごとに同じ植物でも生育が違ったり。

難しいけど、面白いですね。

今は、ハロウィンのディスプレイがいっぱいあって、ワクワクする空間になっていますよ。

なかなか苦戦中の春咲き球根ですが、アリウムと水仙、チューリップなど一部が入荷しました。

全部が揃うのはいつになることやらと、ちょっと不安にもなりますが、とりあえず手に入ったものだけでもとイコロハウスに並べました。

コロナだけでもかなり痛手だったのに、ウクライナ情勢の問題もあって、本当に厳しいですね。

こんな大変な時期に、園芸にかかわるものなんて優先順位が低いのはわかるのですが。。。

そりゃまぁそうですけど。。。。。

土が凍るまでに届きますように!!!

2022

9.16


作業
コメント0

除草三昧

春から月に1回のペースで真狩の「空の庭」へ通っております。

イコロの森からは美笛峠を越えて行くのが最短ルートなのですが、岩盤崩落の危険性があるということで、7月中旬まで通行止めだったため、白老経由で通っておりました。

白老ルートは霧がホワイトアウトかってくらい濃くって、グネグネの道の運転は行くだけで疲労困憊だったので、美笛峠が復活して本当にホッとしております。

快調とは言っても、それなりに距離があるので、作業時間は限られております。

諸先輩方と一緒に時間いっぱい花を切ったり、除草したりしております。

除草は楽しい。

春はどうなることかと思ったけど、コツコツ続けていたらかなり結果が出てきましたよ。

パッと見は、まだまだ草があるけど、内容が変わってきたのですよ。

頑張った結果が、はっきりでるのでやっぱり楽しい!!!

夢中で草むしりしていると、男子が冷えたカルピスを持ってきてくれたりします。

やさしい!!!

美味しい梅ジュースや、冷たい甘酒、フレッシュミントティーとか、バラジャムとアイスなど、甘やかされまくっております。

今年はハギがずいぶん立派な気がします。

特に白花の方が。

真狩に雪がふるまであと1か月ちょっと。

もうしばらく優しい時間が続きます。

2022

8.31


作業
コメント0

循環

ボスが刈った芝を食べるかわいこちゃんたち。

イコロの芝は安心安全の無農薬。

そのまま積んでおくと、密すぎて発酵する前に腐って、くっさいガスと嫌な汁が出てきてコンポストには向いていないので、残渣として放棄していました。

もったいな~い!!!

でも今は、刈りたてフレッシュ状態をすぐにかわいこちゃんたちに食べていただいております。

口の周りが緑色になるくらい夢中で食べてくれます。

キャワイイね。

そして、食べた後はもちろん排泄されます。

排泄物(馬糞)は集めて、堆積。

そののち、ガーデンから出る植物残渣や、カフェから出るコーヒーかすなどと混ぜて、発酵させて、またガーデンへと戻っていくのであります。

循環って気持ち良い~。

時間も手間もかかるけど、ゴミにしないで、良いものにしてグルグル回っていると思うと、すごく気持ち良い。

し・あ・わ・せ、おしあわせ。(某おもてなし風に)

2022

8.17


作業
コメント0

くず。

昨晩までの大荒れ天気のあと、今朝は朝から久しぶりのキラキラ青空。

私は、今日はナチュの森の作業日だったので、芝刈り中のボスに伝言を残し、朝から出発。

「大暴れの葛を何とかしてほしい」と。

2本のニオイヒバの間を埋めているのが葛です。

元々、イコロの森がオープンする前年に秋の七草を植栽することになって、すごく小さな一株を植えたのが始まりです。

このニオイヒバだけでなく、他の植物にもぶら下がって手に負えなくなっていました。

それで、夕方戻ってきたら、この通り。

スッキリです。

ありがたや。

この高さに登ることを考えると、それだけで怖気づいて嫌になっていたのです。

もう、すごい嬉しい。

スッキリとした気持ちで、秋を迎えられます。

ありがたや~。

2022

8.16


イベント
コメント0

盆フェス

大きなハルニレの木の下で、輪になって踊りましたよ。

やってみてわかったことがたくさんありました。

子供ころより何となくやってたと思ってた盆おどり。

先生のご指導を受けると、なんか思ってたのよりちょっと複雑だった。

そして、うまい人の踊りは、全然違った。。。

盆踊りの輪を遠巻きに見ていると、うまい人ってやっぱり突出しているなぁと。

そして、輪が小さいので、グルグル回ることとなり、結果すごい運動量で、踊り終わりに私世代はみんなゼイゼイ疲れ果ててたこと。

民謡の歌い手が、3人ともアイドル的に可愛らしい女の子たちだったこと。

そして、合いの手ですら、すごい声量で無茶苦茶かっこよいこと。

そして生歌、超絶かっこよかった!!!
演奏中にカフェの建物内に入ったら、三味線と横笛で壁がビリビリしてるくらいの音量で驚いた。

民謡とガーデンってどんな感じなんだろう?と予想もつかなかったけど、本物はジャンルとか関係ないんだなと思いました。

素晴らしい演奏と歌、しかも踊りのご指導までいただいた皆様、どうもありがとうございました。

サバ缶の美味しさを教えてくれたスナック「とんちんかん」のみなさん、どうもありがとうございました。

最後に、盆おどりにご参加いただいたみなさまどうもありがとうございました!!!

もしかしたら、また来年お会いしましょう。