イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2016

11.19


日記

珍しくも冬の霧

dsc05733

dsc05744

今朝のイコロは霧の中でした。
新聞ネタにもなっていましたが、札幌の朝も珍しくかなりの霧で驚きました。
この時期のイコロでも珍しい。
本格的な冬なら夜明けからピーカンのはずですが、まだ季節の変わり目なんでしょうね。

 

でも、夏の早朝のイコロではしょっちゅうのこと、釧路並み、だからいろいろ植物選択は制限されるし、不利でもあるのですね。
でも霧の中って、やっぱりワクワクしてしまいます。
しかもガーデンの中、しかも誰もいない、自分だけ。
たまりません。
来年は早朝ツアーの計画も上がっていますが、イコロらしいかもしれませんね。

 

一枚目の写真、何か感じません?
右レストラン、左カフェ、プラス雁木も、木部が真っ白に塗装されたのです。
もう少しで全面終了ですが、見違えます。
やっぱり白は真っ白、ですね。

 

少しずつですが、来年への動きも進んでいます。
まだまだ乗り越えなければならないこと、考えなければならいこと山積みですが、先ずは体でこなせることを進めています。
頑張りませう。

2016

11.16


日記

皮手貧乏

dsc05720

 

昨日のいわみざわ公園での休憩時間、暖を取る車のダッシュボードに並んだ皮手。
このところのいつもの光景です。
走ってる時もこのまま、汗を飛ばすためにガンガン暖房入れるので結構乾く。

 

雨、雪の中、囲いだけならゴム手でもイケるし、そんなに取り替えなくてもいいのですが、何せ相手がバラが多いので取っ替え引っ替えになります。
先日の雪中では、葉毟りもあり、一日6足(双?)を記録しました。

 

今シーズン、穴空いて廃棄したのは既に十指に余ります。
豚、牛皮だから保つというわけでもなく、高いのが一日でダメになることもある。
バラ屋が皮手の売上にいちばん貢献しているかもしれませんね。

 

いつまで続くのか屋外作業。
まだまだあります。
無事に正月迎えられるのでしょうか?

2016

11.8


日記

早すぎる雪

日曜から月曜にかけての雪、札幌では11月上旬の積雪としては21年ぶりに20センチを越えたとのこと。
今日は雨、気温も上がってほぼ消えるでしょうが、早すぎた雪でした。
いろいろ予定が狂います。

 

まだ葉がしっかり付いているのに重い雪。
だいぶ前にもこんな時期の雪で枝折れが多発したことがありましたが、今回も街路樹の枝がかなり折れたみたいです。
イチョウやナナカマドの枝折れがあちこちで見られました。

 

dsc05707

我が家のモミジも一枝いきました。
まだ紅葉途中、ジューンベリーがかなり傾いたので雪を落としましたが、こちらがやられました。

 

dsc05704

バラもすっかり雪に覆われました。
ガリカ、まだ葉がしっかり付いています。
枝が撓るので、今年は雪に押させてそのままと思っています。
でも枝の固いブッシュはそうもいきません。

 

大通公園は昨日から雪囲いを始め、20日までとのこと。
順当なスケジュールですよね。
いわみざわ公園でも今日からいよいよ結束開始。
明日はまた大荒れのよう。
風雨が強くても、雪だけはもう少し待ってほしいものです。

2016

11.5


日記

まだまだ

dsc05694昨日の札幌は乾いていましたが、岩見沢は雪景色でした。
雪を払っての葉毟り、昨日はボランティアの方々も入りいよいよ佳境です。
この後、結束〜支柱立て〜巻きものと力仕事が続きます。
雪との追いかけっこ、何とかドバッとだけはないことを祈るのみです。

 

すでにあちこち筋肉痛、毎晩アンメルツヨコヨコで何とかしのいでいますが、まだまだやるべきことが残っている。
何よりもイコロ、宿根草の刈り取り、掘り取りやらあれやらこれやら、まだまだこれからなのですね。
無事に冬籠もりに入れるのか不安ですが、進めるしかありません。

 

dsc05702

突然バラの写真ですが、先週月形の苗畑から切ってきて、じっくり咲いたPrairie Harvest。
あのアイオワ大学Buck博士のBuck Roses Collectionの一品種、昨年やっと増殖解禁年数に達したので誕生しました。
他のプレーリーものより良い、兄弟品種のFolksingerより数段良い。
Carefree Beautyの開花性を引き継ぎ、香りも強く、締まったPeace感あり、何たってZ4ですから最強のクリーム系でしょうね。
楽しみ。

 

今日もこれから月形の苗畑に向かいます。
雪模様ですが、今日で葉毟り決着します。
まだまだ頑張りますよ。

2016

11.1


日記

今季終了!

dsc05669

 

昨日はイコロの最終日、カフェでの内輪だけでの打ち上げ。
夕方から急速に冷え込み、夏仕様のカフェはやはり寒かったですね。
でも、自分はウィスキーで体の中から暖めたのでOK、飲めなかった人は寒かったでしょうね。
ご苦労様でした。

 

今季も取りあえず無事に終了できました。
先ずはそれだけで良しとします。
旨い酒を飲めたのも、皆んなのおかげです。
最高のスタッフです、本当にありがとう!

 

そして何よりも、園路遥々お越しいただいた皆様に心より感謝いたします。
とくに毎年来ていただいてる方には感謝の言葉もありません。
ありがとうございました。
来年の打ち上げには、そんな方々と一緒に飲めたらいいなと思います。
そんな企画どうでしょう?
楽しいでしょうね。
(飲むことばっかりかい、と言われそうですが…)

 

外は寒く厳しい、でも内は熱く温かい、そんなイコロであったらいいなと思います。