イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2017

7.1


日記

バラの景色

昨日は久しぶりに夏の暑さを感じましたね。
いわみざわ公園、かなり咲いて来て、朝から続々と花見に人が訪れていました。
千客万来、結構なことです。
(イコロは静かなんでしょうね、うーん)

 

ボランティアの皆さんはオールドローズの落ち花集め、バラ園スタッフもゴミバサミで一弁なりとも逃さず集花、さすがですね。
でもね、綺麗にすることが第一義ではないのを忘れてはいけない、箒で掃き清めたような場面で感心されてもな~と思ってしまう。
あっ、誤解しないでくださいね、きれいに磨くのも重要な仕事です、それ以前のバラ本体と景色づくり、自分の責任です。

 

朝方から、中央部の花壇で伸びてきたつるバラのシュートやらを誘引していましたが、来場者に「今年のバラはどうですか?」と尋ねられ、「うーん、今年は散々です。行きつ戻りつですね。」と。
満開のオールドローズやルゴサをお薦めしましたが、シュラブもほどほどになってきたものの、問題はメインのブッシュ、咲かせないで蕾を落としたいのが本音ですから。

 

その点、オールドローズやルゴサは年々充実度を増しています。
当たり前ですよね。
まだまだ景色になっていないけど、「オールドローズの小径」とルゴサコレクションは、やって正解でした。
これがなければ今頃工藤はどこかにくも隠れしているでしょうね、きっと。

 

昨日の主役、

 

DSC07333

DSC07344

ハイブリッドルゴサのPolareis。
イコロにもありですが、全然イメージが違う。
あまりの花付きとボリュームに圧倒されました。
所変われば、ですね。

 

時間の経過と共に気温が上がり、やっぱり来ました照り返し。

 

DSC07393

うーん、この御影の照り返しは本当にキツい。
テカりもの、街なかの歩道よりキツい。
どうにかしたい、何よりもどうにかしたいといつも思います。

 

体もキツく、お客様からの問い掛けも…で、日陰の旧緑のセンターへ逃げる。
藤川画伯のイラスト展開催中。

 

DSC07384
どれどれ作品を見ようとして、窓の額縁景色に見とれました。
いつも表からしか見ていない景色ですが、裏から見ると全く別のよう。
カリフォルニカやら何やらが咲いて、中々ゾクゾク感を感じました。
必要とされるのはこんなゾクゾク感でしょうね。
時間かかるでしょうが、次のステップです。

 

あっ、藤川さんの作品見なかった!
次回行った時に見せてもらいます、すみません!

2017

6.24


日記

ハマナシ採種#1

札幌初め、あちこちバラの花が目に付き、いちばん華やかな時期を迎えています。

 

そんな中、自分の今年の目標のひとつ「ハマナシ採種」の一発目を実行しました。
先ずは開花期に合わせての現地調査、その後秋に採種実行の予定。
以前見て歩いて目星を付けていた所など、今年は取りあえず5区域11町村に狙いを定めています。
全道的に減少している状況で、できれば各地域の特異性を醸し出している個体を見つけたい、それを育成して、いわみざわ公園バラ園の「ハマナスの丘」のコレクションを補填するのが目的です。

 

第一弾は、花が早い道南から、上ノ国と鹿部に行ってきました。
やはりどちらも激減しており、古い地図にマーキングしている場所を走っても見当たらず、かなり自生場所が狭まっていることを実感しました。

 

DSC07032

DSC06991

上が上ノ国の洲根子岬、下が鹿部の黒羽尻崎の岩山にへばりつくハマナシ。
これらは明らかに狭められて残った株です。
何か胸が締め付けられ、愛おしささえ感じました。

 

道路沿いや施設の外構などでも見られますが、現地での移植株もあるでしょうが、移入株である可能性も大いにあり、それらを本来のそこでの自生株と見なす訳にはいきません。
白花ばっかり並んでいるいる場面もあり、あり得ません。

 

DSC06995

鹿部の海沿いのあるお宅。
しっかり手を入れ、ハマナシと宿根草類をうまく絡めてボーダーを作っています。
でも、白花初めハマナシは園芸品種と見ました。
残念ながら、かつては防波堤の向こうに見えるテトラポットの浜辺にあったハマナシは入っていないと思う。

 

選択は順当だと思います、かつてはハマナシが多くあった浜ですからね。
土現などが修景のために道路沿いに植えるのも同じでしょう。
でも、植えて10年もすればいかにも自生もの然としてしまうのが危険と思います。
遺伝子的には自生種とは全然違う訳ですから。
誰も根深い浜から掘って移植するより、入手できる株を植えますよね。
この辺のこと語れば長くなってしまいますが、そんなこともあり、今のうちに本来の自生種を見極め、残そうとの思惑なのです。
来週は昔よく通った長万部と豊浦、寿都を予定しています。
今回以上に少なくなっていると想像していますが…

 

一転、今日は大通公園でのバラフェスタ。
ツアーやら相談コーナー対応ですが、イコロからお薦めのバラやら宿根草も持参します。
自分から持ち込むことは珍しいのですが、昨日イコロでじっくりバラを選びました。
今日明日限定でボランティアの方々の手で販売されます。
バラ園のバラも満開なようで、バッチリ合いました。
問題は天気ですが、今日は辛うじて雨はないようですね。
大通12丁目でお会いしましょう!

 

2017

6.18


日記

二度見

昨日はいわみざわ公園でばらゼミでした。
Morden Blushやらハイブリッド ルゴサやオールドローズもぽちぽち咲いてきました。
岩見沢に向かう途中、大通公園の横を通りましたが、こちらはもかなり色が見えていました。

次の土曜24日からはいわみざわ公園ではローズフェスタが始まり、大通公園も24日から花フェスタ、24、25日は12丁目バラ園でバラフェスタ。
フェスタ、フェスタですね。
自分は先着順で24、25日の大通公園のバラフェスタに付き合います。

 

昨日の後半は予定通りスコッツローズツアー、株ができてきたので今年が本格的なお披露目かもしれません。

 

DSC06858

ロサ モエシー( Rosa moyesii)、オールドローズの小径の入口で咲いています。
これもやっと株ができてきて、横広がりのらしい枝ぶりになってきました。
モエシーもお馴染みのGeraniumやSealing Waxなど10品種ほどのハイブリッドがありますが、すぐそばの水路にかぶさるように使うのどうでしょうね。
モエシーのコレクション、やってみたいものです。

 

話変わりますが、最近人混みに行くとよく二度見されます。
二度見どころか三度見されることもある。
あまりに真っ黒黒助になっているせいでしょうか?

 

先日はインド系かネパール系と思わしき人から「僕らと同類かな?」って感じで。
はたまた完璧に日焼け止め処理した白塗りのご婦人から「わーっ、あんなになったら大変!」って感じで。
さらにガキからは「なに人?日本人?」って感じで。

 

まあしょうがないですね、バラ屋は日陰にはいないですからね、いつも日当りにばかりいる。
しばらく天気が続きそうです。
二度見されるのも慣れてきましたよ。

2017

6.14


日記

バラ園とクマゲラ

昨日はいわみざわ公園でしたが、レストラン前のスコッツローズがかなり咲いてきました。
本格的にバラが咲く前に、一盛り上がりをと植えたものですが、今年のような少雪でも全く凍害を受けず、夏の暑さは苦手なので、まさに北国のバラ園を象徴するものとも言えます。
今週末くらいに見頃を迎えるでしょうから、天気が良ければ週末のばらゼミでスコッツローズツアーをしようかな。

 

それよりも今の主役は、公園入口の大かたまり。

 

DSC06815

「ローズハマナス」のシリーズ名で、北海道立林業試験場緑化樹センター(現、地方独立行政法人北海道立総合研究機構林業試験場緑化樹センター うーん長い)が10年ほど前に世に出した品種群。
あの‘コンサレッド’初め4品種がありますが、いちばんモリモリなのがこの‘ノーストピア’。
カラフトイバラ(Rosa davurica var. alpestris)×ノイバラ、小葉がよく茂り、有に2mは越えています。
冬囲いもせず、何もせず、草にも負けず(生えず)、こういう品種は好きです。
あまり普及しなかったですが、場面によっては使える。
これだけの株は他にないでしょうね。
残念ながら駐車場への車道に挟まれた場所なので、徒歩でじっくり見るのは難しいですが、まあこういう品種は遠目でざっと見るだけでもいいかもしれませんね。

 

先週に続き昨日も遭遇。

 

DSC06840

レストラン前のシラカンバに留まるクマゲラ。
結構人通りも多く開けた場所なのですが、芝生の上を歩いたりもしています。
最初は驚きましたが、バラ園にクマゲラ、北海道しかあり得ないでしょうね。
大歓迎!無農薬の成果と思います。
木々が育ち、もっともっと賑やかになってほしいものです。

 

2017

6.9


日記

祭りの後

いつの間にか今年も半分にさしかかっています。
本当に毎日が早い。
何とか無事に終えることができたLOPPIS x PLANT FAIR 2017も、何か随分前のことのように思ってしまいます。

 

今さらながらではありますが、改めまして関係者各位、お越しいただいた皆様に深く感謝いたします。ありがとうございました!

 

いつもはイコロのハイシーズンに開催していたので、終わってしまえば祭りの後状態なのですが、考えてみれば今年はこれからがハイシーズンなのですね。
ガーデンも、いくつか同時進行の工事物件もこれからが本番、正に現在進行形の真っ只中、しばらくは怒濤の日々が続くイコロ組です。

 

LOPPISまでには終えようと思っていたバラの枝切りも、まだ数日かかりそう。
Jimmyさんのガーデンツアーでも「まだ枯れ枝が残っていますが…」と苦しい弁明をさせてしまって…本当に申し訳ない。
本当はピカピカで皆さんをお迎えしたかったのですけどね。
バラの季節までに終わらせたい、否、終わらせます。

 

で、今年も先を越されました。

 

DSC06770

DSC06799

バラの枝中での小鳥の営巣。
ヤバいものは先に済ませたのですが、後回しにしていたHMskのMozartにしっかり作られました。
数日前から出入りしていたので、もしやと思い覗くと3個の卵が。
昨日近くの現場から戻って再び覗くと1個に。
チッ、チッ、と鳴き、黄色っぽかったのでアオジでしょうか。
無くなった2個は誰がどうしたのか?

 

あちこちのバラ園では、そろそろアブラムシで難儀していますが、イコロはいろんな虫や鳥たちで賑々しい。
鳥たちも、せっせと毛虫を食べてくれているのでありがたい存在ではあります。

 

ホワイトガーデンもいろいろ咲き出し、大分らしくなってきました。

 

DSC06810

リキュウバイ( Exochorda racemosa)が満開でした。
暴れた姿がイコロらしい。
同じく白花のミツバウツギ( Staphylea bumalda)も大分目立って、もうすぐ満開。

 

これからイコロはハイシーズンを迎えます。
祭りの後の静かなイコロ、これも極上。
是非お越しください!