イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

7.3


日記

ずーっと雨

改めて自分が言うこともないですが、ずーっと雨ですね。
この時期こんな天気は経験ない。
例年だと6月から7月の北海道は空気が乾いて最高の季節のはずですよね。
木曜くらいまで雨のようで、台風も重なりかなりの雨量になるようで心配です。

 

昨日は昼頃まではどうにか降らないとの予報だったので、早朝からいわみざわ公園で花摘み+花びら拾いをしていました。
鋏を使うのは後、とにかく雨の合間に花だけでも摘んでしまわなければ落としたら厄介ですから。
山ほど摘みましたが、改めて各品種の花を確認でしたし、何よりも株が回復しきれていないブッシュローズの花を早めに摘めたのは株のためには良かった。
縦通り+渦巻きのブッシュローズは、本来であれば花を咲かせないで蕾を取りたいほどでしたからね。
だらーっと咲いていられるよりは助かる、苦し紛れですが、何事もポジティブ思考が重要です。

 

昨日の自分のいちばんは、入口すぐのウェルカムガーデンのAlexander MacKenzie。

 

 

中央部のブッシュは苦戦していますが、手前にシュラブを植えておいて正解でした。
どんな気候にも耐えれますからね。
Z3、花粉親はQueen Elizabethで、New Dawnやスコッツローズの血も入る寒冷地向きのシュラブローズの典型のような品種です。
作出地のカナダでは非常に評価が高く、かつて百合が原でも大株に育っていました。
岩見沢でも背丈以上の大きな開心形になり、安定感は抜群。
こんな品種群で構成したいものですが、いつも言いますがカナダ、アメリカものは入手は非常に難しい。熱帯夜の本州では評価されないでしょうしね。

 

さて今日も某所で植え込み。
少し雨が弱まるようですが、何とかひどくならないことを祈るのみ。

 

2018

6.27


日記

白老通い

この所、白老の現場に通っています。
ある大きな施設の植栽、樹木や宿根草など。
相変わらずの植え込みロボット、今日の雨は昨日植えたものにとっては良いタイミングでしょうね。
大きめの樹木はほぼ片付けたので、これからは少しは楽になるでしょうか。

まだまだ先は長い。

 

で昨日の朝、高速を走っていて、苫小牧西ICを過ぎた内陸側の法面にオレンジ色が目に入る。
どう見てもエゾスカシユリ。

 

帰り道、後ろの車が空いた隙に一瞬ハザードランプ点滅して停車して撮った画。
本当は違法ですよね、ごめんなさい。

 

苫小牧西ICから白老ICの間、樽前SAの前後の内陸側の法面数ヶ所に群落があります。
場所によってはかなりの個体数があり、本格的なコロニーを作っています。
驚きました。
海岸沿いの原生花園ならいざ知らず、高速道路の法面ですからね。
この時期あまりこの辺を走っていなかったので、全然気がつかなかった。

 

まさか法面緑化で意図的ではないでしょうから、造成した時に切り土した中にあったか、近くの現地土を盛り土した中に紛れていたか…どうなんでしょうね。
夏には草刈りするので、他の植物からも守られて良い案配になっているのでしょうね。
海岸まで1kmほどの場所ですから、いろんな偶然が重なってのことなのか。

いろいろ思いを巡らせ、素晴らしい偶然に一人感銘していました。

 

今年は諸々あり、未だハマナシも見に行けずですが、代わりに良いものを見せてもらいました。
近くにはヨコスト湿原があるので、今度帰りにでも寄ってみようかと。
疲れ切った体には何よりのカンフル剤になります。

2018

6.24


日記

フェスタ、フェスタ

昨日は大通公園12丁目バラ園で「ばらフェスタ」。
街なかでも「花フェスタ」、いわみざわ公園でも昨日から「ローズフェスタ」、毎年のことですがフェスタ、フェスタですねこの時期は。

 

 

昨日と今日は、自分は大通公園で相談員とガイド役。
ガイドも相談もいつもより多くの方に参加いただきました。
バラを通じての初めての出会い、一年でこの時だけお会いする方、人それぞれいろんなバラの楽しみ方も知ることができ、自分にとってはとても貴重で楽しい場面になっています。
Jimmyさんも園路遥々、イコロから宿根草を持参して販売、超過密なスケジュールの中で巻き込んでしまいました。
お疲れ様です、今日も頼みます。

 

2日間のイベント、遅咲きものはまだですが、総じて開花がバッチリだったかもしれません。
皆さんの日頃の行いのせいでしょうね。
数日前からボランティアの皆さんが早咲きものの花がら取りなど、磨きに磨いてくれました。
昨日も早朝から黙々と励んでくださいました。
本当にありがたい。ありがとうございます!

 

今年はどの品種も例年より花が大きく楽しめます。

 

昨日の自分のいちばんのCinco de Mayo。
「5月5日」という名のバラ、他にはない茶系のグラデーションで茶系好きにはたまらない。
株も例年より良くできているので、より色濃くなる秋花が楽しみ。
昨日もガイドの中で話しましたが、この辺のアメリカものが入手し難いのが残念。
Hot Cocoaもそうですが、AARSものが北海道で普通に利用できるといいのですが…

 

今日もいろんな出会いがあると思います。
楽しみです。

 

2018

6.20


日記

70年前からのバラ

昨日はサッカーで盛り上がったのでしょうね。
毎日くたくたの自分は、21時からのキックオフには付き合えない。
でも、良かったですね。叩かれ続けではやり切れないですからね。

 

土日のLOPPISも無事終了。
これまでで最高の人出だったことで、こちらも良かった、良かった。
来場していただいた皆様、関係各位に深く感謝いたします。
ありがとうございました。
そして、連日のハードワークの中でも笑顔で対応してくれたスタッフには感謝の言葉もありません。
グッジョブ!

 

その祭りのあとの翌日から、休む間もなく何処其処での植え込みが続いています。
まだまだ続く植え込みロボット、頑張りませう。

 

昨日の帰り道、毎年楽しませもらっている円山辺りのバラの垣根。

 

ちょうどそのお宅の奥様が外にいらしたのでしばし立ち話。
お母様が70年程前に庭に植えたバラを増やしてきたとのこと。
戦後すぐですよね。
ご主人が北大の先生だったとのことなので、植物園経由からでしょうか。

 

ガリカの何かな〜と思って見ていましたが、外弁がはっきり白抜けしていてBelle Sans Flatterieかなと。
毎年しっかり仕立てられ、花びらも一枚も落とすことなく毎日50輪程摘むのが日課とのこと。
86歳になったので大変ですとおっしゃっていましたが、摘んだ花弁でジャムも作って楽しまれています。
すごく良い、自分が大好きな場面ですと伝えると、とても喜んでおられました。

 

このラインと直角にも同じバラでの垣根があり、さらに続けてサッカー(吸枝)から増殖中です。
いいですね、今のバラではこの感じは出せないし、他のバラがないのが何より。
来年も是非続けて見せて下さいと言ってお別れしました。

ありがとうございました。
お話ししていて疲れが吹き飛びました。

2018

6.14


日記

年中行事

このところ雨が続いていますね。
しかも寒い。
一週間くらい前から風邪を引いて、休むわけにもいかないのですぐさま病院に行きましたが、中々咳が抜けなく、咳き込みながらも相変わらずの植え込みロボットを続けております。
治りが遅い、やはり歳だなと感じます。

 

昨日も小雨の中、毎年恒例、年中行事のバラの挿し木苗の植え込み@月形の雪の聖母園の苗圃。
案の定ぬかるんでいましたが、なるべくビニールマルチの上を歩いて何とか終了。
植え込みは札幌まつり(北海道神宮例祭)までにを目標にしているので、何とか間に合いました。
全部で30品種200株ほど、何故かいつも同じようなボリュームになります。
水は十分、中々行けないので植え込み後施肥もやってしまい、後は天まかせ、ケセラセラ。
シカやアライグマに負けず、何とか大きく育ってほしいものです。

 

自宅に戻って咲いていたPrairie Harvest。
こちらは植えて2年目、だいぶ大きく育った来たので来年はイコロに移植予定。
自宅のバラ、総じて葉の緑色が薄いものばかり、どこそこのように濃緑葉の品種がない。
耐病性を重んじれば自ずとそういう結果になるのですね。

 

そろそろ雨も上がりそう。
週末のLOPPISは天気の崩れはなさそうです。
是非、皆さんのお越しをお待ちしています。