イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

5.12


日記

定山渓通い#1

昨日は今シーズン初めての定山渓ファームでのガーデン作業。
どこもそうですが、初めての越冬後はどうなっているか心配なもんです。
結果、上々。
バラも宿根草も花木も、ほぼ問題なく冬越しできました。
地力と雪の恵みでしょうね。
やはり果樹園でのガーデンはポテンシャルが高い。
良かった、良かった。後はどうなれ、いかようにでもなります。

 

札幌の街なかよりかなり芽出しが遅い。
これまた今後は他との時間差があり、作業上は組みやすくはあります。

 

それにしても定山渓から先は、今はどこもエゾエンゴサクが目立ちます。
ササが途切れた所は全てと言っては大げさだけど、まさにグランドカバー状態。

 

ファームに行く途中の山道。
雄シカとしばし間近で睨みあった辺り。
ふと周りを見れば、エゾエンゴサクとニリンソウの群落。
沢沿いはどこもそんな景色が続いています。

 

今年もこの道を何度も通うことになるんだろうな。
楽しみです。

2018

5.10


日記

紺屋の白袴

昨日、一昨日と久しぶりにイコロでの作業。
あちこちでの講習やら、あちこちのバラの剪定も一段落、やっとホームグランドに戻ってきたわけです。
「紺屋の白袴」状態ですが、紺屋も寝ないで励めば自分の袴も染められるでしょうが、酒も飲まなければならないし、寝なければ保たないし…

 

一昨日早朝に自宅で掘り上げて移植したノイバラ2種。
別名Seven Sisters RoseのRosa multiflora var. platyphyllaと、別名サクライバラのR. multiflora var. cathayensis
既に葉が展開していて直接移植するには切り詰めるべきでしょうが、できるだけ枝を残したいので、消耗を避けるために新聞紙でぐるぐる巻きに。
昔は結構高さのある樹木も、少し時期が遅れた場合は同様に新聞紙を使いました。
しばらくこのままにしておきます。
今どきこんなことする人はあまりいないでしょうね。
風を防ぎ蒸れないし、新聞紙効果は絶大だと思うのですが。

 

他にも秋に掘り上げてポット植えにしたガリカローズが20株ほどあり。
これは行く度に順次植えていきます。
行く度に毎朝3株を自らに課しています。
一気に植えればいいのでしょうが、体に負担をかけないため朝だけ、その後は剪定に励めばちょうどいい。

 

昨日は、先日のローズトレーニングで剪定を一緒にと呼びかけて4名が参加してくれました。
ありがたい限り、言ってみるもんですね。

 

自分はパーゴラのつるバラの剪定と誘引。
その脚立上からの画。
芽出しが進んでいるものからと、昨日は園路沿いのAlba Meidilandとノイバラをやってもらいました。
どちらもかなりの茂みになっていて時間がかかるので助かりました。

 

やはりイコロの芽出しは遅い。
札幌のGW前くらいの状態でしょうか。
この時間差があるから何とかやり切れるのかもしれません。
どこも同じなら完全にパンクでしょうね。

 

この後も少しずつ進めます。
終わる時には終わります、きっと。

2018

5.8


日記

JR北海道

 

朝いつも通る桑園駅すぐそばのJR北海道本社ビル。
雪吊りそのまま、モンタナマツやツツジの結束もそのまま。
いつ外すんでしょうか?
GWも過ぎた今、これだけの規模ではさすがに他にはないでしょうね。
しかもプンゲンスの枝吊り?
全く不要ですよね。

 

全てが後手に回り、判断もズレまくり、会社の体質を象徴しているかのようにも思えます。
あっ、経費削減+総動員で安全対策に励んで全然余裕無しってアピールか?
いやそんなはずはないですよね~
別にあら探しするわけではないんですが、毎日目に入るもんですから…
誰も何とも思わないんでしょうかね。
根は深い。

2018

5.5


日記

カントリーサイド

昨日は月形コテージガーデンでの講習。
参加者は少なかったものの、その分個々の方とじっくりお話ができ楽しかったです。
梅木さんとも久しぶりにいろいろ話し、やはり現在進行形の戦友、話しが通じます。
ありがとうございました。

 

帰り道、天気も上々、次の予定も無かったのでいろいろ寄り道。
皆楽公園のエゾエンゴサクを見てから、今年もお世話になるだろう雪の聖母園の畑、そしてまだまだ本番のサクラなどの花見。
道路脇にはまだ雪が残り、何か安心しました。
街なかにいると、もう春は終わりかと錯覚してしまいますが、まだ春本番なんですね。

 

カントリーサイド、そんな言葉が真っ先に思い浮かびました。
ちまちまいじくった場面とは明らかに違う、温もりを感じる景色。
何度もため息と深呼吸、疲れた頭と体には何よりのリフレッシュ、いい花見でした。

2018

5.4


日記

庭いろいろ

昨日の雨、どうせならもう少しほしかったところですね。
あちこちのサクラもかなり舞っていました。

 

今日はコテージガーデンでの講習#1。
昨日の朝の移動中、寝ぼけた梅木さんから「ざんざん雨だけど、今日は頼みますよ」と電話。
「えっ、明日では!」と自分。
「あっ、そうだった!ごめんなさい!」と梅木さん。
GW、混乱しますよね。わかります。
午前、午後、目一杯バラを切らされるんでしょうね。
寡黙でやりたいが、それでは講習にならないか?
頑張りますよ。

 

近くの桑園辺りのマンションに囲まれたお宅のサクラ。
広い庭、大きく育ったサクラが主役。
他は目を引くものは無し。
この時期だけ前を歩く人が見上げます。

 

一方、北区のイチイだけのお宅。
庭にはイチイだけ。
暗いので株元にも何も無い、イチイだけ。
刈り込みの形は異論あるかもしれないが、これはこれで庭として成立しているかと。
対照的ですね。

 

人生いろいろ、人それぞれ、庭いろいろ。