イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

1.2


日記

至福の正月

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今のところ、どこも穏やかなお正月のようで、よかったです。
雪かきもなく楽ですが、この後恐いような。
このままではいかないでしょうからね。

 

年末から正月モードに入り、今日か明日は娘家族も顔を出すかもしれず、3日まで完全オフとしました。
イコロはkimさんが留守番、ネズミと格闘しているのでしょうね。
すみません、お願いします。

 

年末年始は待望の読書週間。
いつもはどうしても仕事がらの植物関係の本になりますが、年末年始はあえてそれから離れたジャンルが読める。
それが待ち遠しかった。
30日からずーっと読書漬け、考えてみれば年末から一回もテレビのスイッチ入れてないな。

 

昨年後半は改めて土についての本を何冊か読んでいましたが、農業の近代化になると必ず出て来るハーバー・ボッシュ法。
1906年にドイツで開発された化学肥料の誕生です。
その一人、ノーベル賞を受けたカール ボッシュは、あのドイツの電動工具メーカー、ボッシュ社創立者の甥に当たります。
その波瀾万丈の生き様も非常に面白いのですが、改めて考えてみると、今普通に使われている化学肥料は今からわずか100年ほど前に誕生したわけです。

それ故に、その後の世界の人口が急速に増加したのです。
それ以前は、輪作や焼畑などを行い、肥料は草木灰、堆肥・厩肥、そして江戸時代の風物詩としての下肥運搬がよく語られる人糞尿。
化学肥料導入前の日本は、徹底した自然利用とリサイクでずーっと生産力を維持してきたわけで、このわずか100年で一変。

 

で、その100年前の日本ってどうだったんだろう?
その延長線上に自分たちはいるわけで、ずーっと蓄積されてきた自分たちのDNAとは?
それを知りたくて、この年末は宮本常一の本を4冊読むことにしたわけです。
民俗学者ですが、民俗学者と言えば柳田國男ですが、宮本常一は、漂白民や被差別民も含めてのもっと普通の人々の膨大な記録を残しました。

 

サンカ、生地屋、マタギ、杣人、焼畑農業者、鉱山師、炭焼き、修験者、落人の末裔…いやはや映像を見ているような感覚、かなり衝撃を受けました。

最初に読んだのが「忘れられた日本人」(久しぶりの岩波文庫で小さい字に難儀しましたが)、次に「山に生きる人びと」、今は「海に生きる人びと」半分くらい、最後は「日本文化の形成」、あと2日で完読予定。

 

合間に酒も飲みつつ、至福です。

2017

12.30


日記

しゃんしゃん

昨日は、自分の今年最後のいわみざわ公園でした。
行きも帰りも高速はホワイトアウト。温室内での作業でしたが、いる間ずーっと降り続いておりました。

 

入口のHansalandは半分ほど雪に埋まり、切り戻したブッシュローズもほぼ上まで雪に埋まった状態、積雪深70〜80cm程度でしょうか。
最低気温も-10℃以下にはならず、昨年とは異なり滑り出しは極めて順調。
こうでなくっちゃ。
これでダメならもう知らん。

 

現場にいた方には一通り年末のご挨拶をして別れましたが、昔はあちこちに年末の挨拶やら、御用納めに一杯やらで、年末年始はほぼ仕事にならなかった記憶があります。
今はその辺はさっぱりしているんでしょうね。

 

さて、今日は、自分のイコロの仕事納めとします。
とは言ってもいつもと変わりない。
バラを触って終わりとします。
しゃんしゃん(パンダではありません、手じめのしゃんしゃん)。

2017

12.27


日記

真冬の剪定

いわみざわ公園色彩館のランブラー、今月12日から行く度に剪定+葉毟りを進めていましたが、昨日でほぼ終了。
残りはクライマーだけなので、あと2日程度でしょうか。
移動しながら使っていた足場も昨日で撤収、誰も落ちることもなくケガもなく良かった。

最後まで気を抜かずにいきたいものです。

 

わさわさに伸びたシュートが被さっているその下の古枝抜きが主体なので、トゲの中に潜り込んでの作業が続きました。
トゲに掴まり、枝に挟まり身動きできなくなることもしばしば。
トゲに逆らわず逆戻りすればいいのでしょうが、えーいままよと無理矢理体を抜く。

 

そんなことをすれば、こんなになっちゃいました。
昔から愛用のMilletのヤッケ、ずたずたです。
まあそろそろ寿命だったので、お役御免、よく付き合ってくれました。

 

毎年の恒例行事になっていますが、これだけの大株は北海道の屋外ではないわけだし、手強いほど燃えるのがバラ屋の性。
高いところも好きなので楽しかったですよ。
楽しかった?かな?うん、ヤッケ、悲しい。

2017

12.24


日記

Merry, Merry Christmas

このところ暖気で助かりますね。
昨日のハウスでのポッティングでも、久しぶりに天窓も開けての作業となりました。

 

世の中クリスマスですね。
大通公園が近いので、一昨日あたりから低空飛行の観光遊覧ヘリの音が賑やか。
昔からどうにもクリスマスはしんみりとした気持になります。
周りが派手やかになるほど余計そう感じる。

 

日本のクリスマスって、全国民的にプレゼントを交換したり、美味しいもの食べたりの、精神性を抜きにしての特別な日かもしれませんね。
多々ある祝日はそれほどにはならないし、年末年始はコテコテ精神性が根本にある。
そんな特別の日でも、特別の日にならない、悲しい顔の子供達も世界にいっぱいいる。

どうしてもそんなことを思ってしまうのです。

 

誕生日や、その家のお祝い事は、それぞれ個別なのでそれはそれでよかったですねで済むのだけど、全国民的にハッピーになれよのクリスマスはそうもいかない。
全ての子供がハッピーになれる訳ではない。

 

自分の幼少期はどうだったかと言えば、それとはまるで対極の家族に囲まれての絵に描いたようなクリスマスを送っていました。
あのマッチ売りの少女が窓越しに見ていたような明るい室内で。
でも、いつも外にはマッチ売りの少女がいるんだと、心から楽しめなかった。
ひねた子供ですね。今も変わってませんが。

 

クリスマス、それぞれ楽しむのにケチをつけるものではありません。
でも、自分のことばっかりで明け暮れている日々の中で、何ともやるせない思いをしている人たちのことに思いを馳せる、そんな特別な日であってもいいと思うのです。
メリー メリー クリスマス。

2017

12.21


日記

ひたすらポッティング

Kimさんのブログにかぶりますが、昨日から自分もオランダからの輸入苗のポッティングに加勢。
先ずはサンゴミズキなど花木からでしたが、なんせ数が多いので助っ人も頼んでひたすらポッティング。

 

予想に反してアメリカの苗かよと思うほどの大株。
根も多くて、とても立派な苗でした。
ポッティングしながらグラデーションも楽しめ、庭に植えればすぐにでも楽しめそう。
費用などが出ていないのでまだ単価設定はできませんが、きっとお買い得です。
乞うご期待。

 

帰り道、喉がいがらっぽくて風邪が再発したかなと思っていましたが、戻ってうがいをしたら吐き出した水が真っ黒。
鼻の中も真っ黒。
鉢底に入れた炭のせい。小苗はそれほどでもないが、大苗になると量使いますからね。
かつての炭坑夫を彷彿させますが、植物の生育第一、イコロのポッティングには炭は不可欠、職業病みたいですね。

 

今日も引き続き進めます。
しばらくはひたすらポッティングです。
真っ黒黒助になりながら頑張ります!