イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2017

9.7


日記

釧路泊

今朝は釧路に泊まってます。

 

昨日夜明け前札幌を出て、野付半島までほぼノンストップで走りました。
途中、道東道で夜間工事中区間があり下を走りましたが、10時半頃に着いたので、まあまあですかね。
そんなに飛ばしませんでしたよ。

 

DSC07968

相変わらず何も無い景色にゾクゾク。
それも半島先端の木道がある、いかにものトドワラの景色より、途中の何も無い景色の方が好き。
でも観光客のウケは悪いでしょうね、何も無いわけですから。
この時期ですから、色気は青色のツリガネニンジン、チシマフウロ、黄色のエゾオグルマくらい、ススキの穂が主役でしょうか。
自分にとっては野付はお花畑よりも、この景色の方がらしく感じます。
またまたですが、原生的なもの、ですね。

 

ハマナシはそろそろヒップが熟してきていました。残り花もちらほら。
この辺のものは薄色のものが多く、サーモンピンクといってもいいようなものも。
他では濃色狙いですが、ここは薄色狙い。

 

野付の先端から付け根に引き返し、尾岱沼経由で風蓮湖に南下。
途中でカラフトイバラを確認。
以前とほぼ変わらず、何か安心しました。

 

まだ暗いですが、そろそろ出発。

せっかくだからあちこちのガーデンをとも思いましたが、やっぱり無理。
今日は釧路から帯広へ海岸線を南下しようかと。
狙いは音別と豊頃、とくに大津の十勝川河口辺りが楽しみ。

 

海岸線をひたすら走ります。

 

 

2017

9.2


日記

葉の保ち

この時期、どこもバラは秋花までの端境期で夏休み。
本州まではいかないものの、やはり暑さと雨で葉を落とした株も目立ちます。
涼しくなってきて回復の兆候も見られるものの、やはり葉を落とした姿は庭の中ではマイナスですよね。

 

そんな中で葉を落とさず、元気モリモリのものもある。
それこそが使えるバラで、自分の選択肢では、とくに最近この葉の保ちが何よりも優先する条件になっているような気がします。

 

DSC07963

昨日のいわみざわ公園、バラ園に入って最初に目にするのがLinda Campbell。

何かどぎつい色合いになってますが、色調補正した訳でもなく、秋の光の仕業でしょうね。
最初の場面ですから絶対コケない選択をしました。そうなるとやはりHRg(ハイブリッドルゴサ)になります。北国でのバラ園との象徴的意味合いもある。
葉の保ちと開花性では群を抜く品種です。
何せ花粉親はミニチュアのAnytimeですからね。
樹形も整い(暴れているように見えるが、HRgの中では行儀がいい)、マットな葉と白みを帯びてスクッと伸びる花柄も特徴的。

 

左端に伸びる花房を数えてみると、

 

DSC07955

ざっと60輪以上ありました!
多ければいいって訳ではないが、よくもあまこの時期にこんな大房をと驚きです。

 

DSC07915

ついでに自宅近くのNew Dawn。
やはり一番花より花は小さいものの、何よりこれだけ緑をずーっと保っているのはさすがです。
本州ではかなりの大株になるでしょうが、ある意味シュラブローズのようにほぼ自立使いできるのは、北国ならではかもしれませんね。

 

講習会などで、品種の特性を見るのは、夏の終わりのバラ園を見て回るのがいちばんとよく言ってます(もちろんコテコテ防除で維持しているところは論外ですが)。
今の時期、葉を落としているものって、やっぱりキツい、いくら花に魅力があろうと観賞用植物としては欠陥品と思います。
もちろん品種の特性だけでなく、栽培環境や手法なども大きく影響するでしょうから、その場所に合ったものを見つけると言った方がいいかもしれません。
どんどん淘汰すべきと思います。

残ったものは宝ものになります。

2017

8.28


日記

夏の名残りと秋の気配

DSC07874

昨日は極上の日和でした。
このところ、イコロにはできるだけ朝早くに行くようにしています。
本当に静かで、暑くも寒くもなく、これ以上望むべくもないような朝でした。
どこも朝日を受けてキラキラ、少し前には感じられなかった空気感、やはり秋になったのですね。
全ての季節にそれぞれため息が出るのですが、夏が終わってまだ秋が深まる前の、夏の名残りを感じるこの時、とくに好きです。

 

ざっくり全体を歩いていらない草を抜いてから、ローズガーデンのまだ残っている花切り。
「何で一人ここでこんなことしているんだろう?」、「ずーっと生きてきて、どうして今ここにいるのか?」、「自分は何を求めて今いるのか?」等々、等々。
どうにも哲学的な思いが頭の中をぐるぐる回ります。
この時期だから、朝の時間の為せる業でしょうね。

 

時間が経ち、人が来ればそんな思いも消え去ります。
昨日は知り合いに会うことができ、また、お会いしたかった人との出会いもあり、それはそれで楽しい時間を過ごせました。

 

最初にローズガーデンに入ってきた家族連れ、
「ハマナスしか咲いてないのね」
「確かハマナスはバラ科だからじゃない?」
「そうなんだ、バラの仲間なんだ〜」と。
「いやいやハマナシはバラ科のバラ属、バラそのものなんですよ」と思わず喉まで出ましたが、余計なことは言わず。

 

これから最後の10月末まで2ヶ月、短いようでまだ2ヶ月もあります。
花を愛でるだけではなく、いろんな思いを感じる、それが庭だと思うし、それを感じられるのがイコロだと思う。
これからの2ヶ月のどんな日も極上と思います。
是非お越しください、お薦めです。

2017

8.19


日記

懐かしのフクシア

昨日も除草、いわみざわ公園で。
ボランティアの方々とテストガーデンの除草。

 

テストガーデン、新品種を3年間同じ条件で栽培してみて、岩見沢に適する品種を見つけようとの場面、リニューアルの際に設けました。
AARSやADRみたいですが、うん真似です。
一地域、各品種5株なので比較にならないほどのミニ版ですが、完全無農薬なので耐病性はある程度見られるし、何よりも重視したいのが耐寒性の程度。
しっかり継続できるよう模索中ですが、期待しています。

 

そのすぐそばのイングリッシュローズガーデン。

 

DSC07787

宿根草もだいぶボリュームが出て来て、らしくなってきましたが、どうにも今ひとつ伝わって来ない。関る人の思いみたいなものが感じられない。
この辺って、どこの公共施設にも共通して言えることかもしれませんね、難しい。
周りを囲むカツラの生垣の成長と共に、この辺の人の思いが伝わる場面に、今後期待したいものです。

 

夏花のアガパンツスやフロクスが咲いていましたが、その中でも目を引いたのがフクシア。

 

DSC07784

DSC07776

DSC07781

DSC07785

上から基本種の Fuchsia magellanica var. gracilis、その園芸品種の’Alba’と’Tricolor’と’Aurea’。
しっかり育ってくれていました。
百合が原〜Gee’s時代からの末裔ですね、懐かしい〜
とくに’Alba’の育ちがいいですね。

 

温室前などドーンと大株のペチュニアが飾られていますが、こんなフクシアでもいいですよね。
真夏にフクシアなんて本州では考えられないでしょうね。
どんどん殖やしてあちこちで使えればいい。
そんなところから、らしさが出るし、景色が変わってくると思うのです。

2017

8.18


日記

マルチング完了

昨日はイコロでしたが、行き帰りの高速の様子はまだ平常時と少し違い、お盆の影響でしょうか。
木、金を休んでしまって10連休なんて話も聞きましたが、ってことは今度の土日はまたUターンラッシュでしょうかね。
10連休なんて自分なら職場復帰はできないかもしれません、まあ関係のない話ですけどね。

 

そのお盆中、イコロはもちろん、他でも除草三昧でした。
合間に行った墓参りでも、自宅でも。
目標にしていたイコロのローズガーデンも無事終了。
パートの方々も頑張ってくれました。感謝です、ありがとうございました。

 

で、昨日は心置きなくマルチング。

 

DSC07757

これで冬までほぼ除草は必要ありません。
できる限り気合いを入れて宿根草雑草を抜いたので、かけてしまえば明発芽が多い一年草雑草はかなり抑えられます。後で出て来るだろう宿根草雑草もモヤシで抜きやすい。
どこでも、とくにバラからみの場面ではマルチングは必須としています。
でも、この前処理、徹底除草が前提です。過去にこれを端折って痛い目にあってますからね(もう時効かな、すみません)。

 

講習会でいつも語るマルチングの7つの効用(最近は括弧付けを加えて8つの効用としてますが)は下記の通り。
• 地温上昇の抑制
• 土壌の保湿
• 表土の固化回避
• 土壌改良
• 病害の予防
• 雑草の抑制
• 景観の向上
• (冬期:根の凍結回避)
ですね。
雨の多い本州暖地(今年はとくに多いですね)では、過湿や害虫の発生源などの危険からデメリットも大きいかもしれませんが、北海道では欧米同様使えます。

 

ただ、なかなかいい材料が見つからない。
多くあるのは製紙用と同様の切削チップ、園路舗装材としてはいいが、理由は長くなるので省きますが、どうにもあのペラペラものは使いたくない。
今回使ったのは針広混交の粉砕チップ。

 

DSC07044

6月に入れた真狩産のもの。自分にとっては宝の山に見えてしまいます。
中心の部分はかなり醗酵が進み、昨日も湯気出るほどで、雨模様の昨日は触っていて温かくて気持よかった。
ほどなくいい腐植になるでしょうね。
窒素飢餓も懸念されますが、春先に入れた馬糞堆肥が効いてくれるし、腐植化が進めばやり繰りできます。
講習会で話している「2層構造(下層:腐植層、上層:未分解層)の維持」ですね。
4cm厚、計算上は3年は保ちます。

 

昨日も案の定、チップ中のカブトムシを慌てさせてしまいましたが、これからいっぱい微生物が増えて活躍するでしょうね。
裸地は不自然、自然に倣え、です。