イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

4.29


日記

花見

サクラもウメもスイセンもエゾムラサキツツジも咲いて、世の中GWになりました。
こちらも毎年のことですが、怒濤の日々が続いております。
GWだからではなく、バラの剪定時期ですからね。
毎日どこかでバラを切っているか、剪定について喋っている工藤です。
今日も午前中は豊平公園で講習、午後からは個人邸での作業。
とくに先週から今週は寸分の余裕もない、バラ屋の宿命でしょうね。

 

昨日はいわみざわ公園、色彩館のつるバラ満開。

 

今がピーク、嫌というほど咲いてます。
毎年恒例ものになっていますが、どうにもマスコミ受けしないようですね。
やっぱりこの時期はサクラなんでしょうね。
でも市の花をバラとしている岩見沢なので、岩見沢市民のGWの花見はバラでもいいかと。
昨日も外は風が少し冷たかったですが、温室の中、温々と天候に左右されず花見が楽しめる。贅沢だと思います。

 

その株元で咲いている Rhododendron cv. Percy Wiseman(セイヨウシャクナゲ `パーシー ワイズマン’)。
欧米で人気の矮性のヤクシマ系園芸品種ですが、なかなかいい株になってきました。
緑の中で甘々の花色がトロピカル。

 

帰り道、この時期どこでも目立つのはレンギョウの黄色。
変に切り詰めた株が多いですが、ほぼ放任の2箇所の画。

 

春だけの見せ場、後は緑だけ。
何か潔くてこういうの好きだな〜
でも、手を入れてない感、放任の印象ですかね〜
少しだけ鋏入れたくなります。

 

一気に春到来、
皆さん、あちこちでのいろんな花見をお楽しみください。
ヘロヘロですが自分も楽しみます。

2018

4.22


日記

オープン初日、庭作業も初日

昨日無事にオープンを迎えることができました。
まだまだやり足りない部分はあるものの、取りあえず形なりにもスタートを切れたことはスタッフ全員のおかげです。
ありがとう!

 

初日の昨日は、庭に入るのも自分の初日でした。
いつもは数日前から少し入れていたのですが、今年は全く無理でした。

 

最初の仕事はカフェ横の壁面へのブラックベリーの誘引。

 

鉢仕立てにしていたものを5年前に植え、去年までは地面にのたうち回らせていましたが、やっとシュートが多く出て枝数が確保されたのでしっかり誘引することに。
やっぱりイコロは時間がかかりますね。
新設した胴縁に誘引、ランブラーと同じなので楽しい。

 

その後はホワイトガーデンのつるバラ。

 

今年も全ての枝が助かったPolstjärnan(ポールファーナン)。
さすがZ3ですね。寒さにはもうへっちゃらでしょうが、後はウサギだけですね。
バンバン枝抜きして大雑把に誘引しておきました。
左のSeagullもやっと枝が残るようになりました。
今年は去年以上に花付き多く見られると思います。

 

枝抜きしていて、後半は咲くべきサイドシュートを見落として何度か切ってしまいました。
その度に「うっ」とか「あっ」とか、そばを通った方は不可解だったでしょうね。
ダメですね、集中力の欠如です。
加齢か、疲れているせいか、どちらもでしょうね。

 

昼は新装オープンのレストランへ。

 

照り焼きチキンのお弁当を食べました。
自分好みのワンプレート(家でも何でもワンプレートするので家内に嫌われていますが)。
思いのほか量も十分で、味も濃いめで美味しかった。
ほぼ日替わりとのことなので楽しみ。
昨日は店内で食べましたが、カフェで食べると最高でしょうね。

 

いつも通り静かな幕開け。
やっぱりイコロは居心地良い。

2018

4.19


日記

大通公園、剪定完了!

昨日は大通公園でのボランティアの皆さんとの剪定#2。
穏やかな日和ではかどりました。

 

前回からの続きフロリバンダの残りから東西のHT、最後のルゴサの玫瑰まで。
総じて枝の歩留まりは良く、とくに東西のHTはいい樹形が確保できました。
最初から最後までお付き合いしたのは初めてかもしれません。
やっぱり終わりまでやり切るのは気持のいいもんです。
皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました!

 

いわみざわ公園も今日からつるバラの剪定+誘引を再開。
残りは外周のシュラブとオールードローズなど、もう一息。

順調ですね。

 

一昨日の朝のイコロ。
スノードロップがいい感じ、まさに見頃でした。
明後日いよいよオープン。
この天気続きで微妙ですね。

 

イコロのバラ?
全然手付かず状態、ウサギの食害や凍害も生々しい。
でも、いずれ終わるものは終わる、他を済ましてからのスタートです。
いつも通りゆっくりのスタート。
イコロらしいといえば、らしい。

でも、本心はもちろん、ピカピカで皆さんをお迎えしたい…

2018

4.15


日記

大通公園#1

昨日は大通公園でボランティアの方々と今季の一回目。
朝方しっかりレクチャーし、午後もみっちり剪定をしました。

 

作業前と後の画。
あまり違いわかりませんよね。
枝がほぼ全て助かっているからです。
囲いのために50cmほどに切り戻した枝の、上までほぼ助かりました。
もちろん品種によってショボいのもありますが、昨年のような雪まつり影響での枝折れもなく、ほぼ生存。
こうでなくっちゃ。

 

いつも最初に始めるBetty Boop。
Flらしい樹形ですね。

 

隣りのHot Cocoa。
全然樹形が違う。当たり前ですが、こうならなくっちゃ。
どちらもZ6、札幌だからでしょうね。岩見沢ではなかなかこうならない。

 

最後に日報を書いて、帰り支度のボランティアの方々。
昨年までいた強力メンバーの数人がご都合で抜けられたのは少し寂しいですが、新たなメンバーも加わりました。
最後の方は「いやいや違う、だから〜」と公園作業員に対する態度のようになってしまい、失礼しました。
ボランティアに来て怒られたら、たまりませんよね。
いつも熱くなるとそうなります。悪しからず、ごめんなさい。

 

世の中の流れと同じ、ボランティアも高齢化が進み、その世代交代が課題になっています。
若い人はなかなか馴染まないかもしれませんね。
でも、これだけのバラを触れる機会はあまりないし、実際に経験するには絶好の機会だと思います。

 

昨日は半分ほど終わり、残りは次回に。
昨日も最後にお話しましたが、2日間じっくりやれば、きっと皆さん達人になります。
頑張りましょう。

2018

4.11


日記

スペシャル陣容

昨日は青空の下、いわみざわ公園でメインの整形式花壇の剪定。
昨日から明日まで3日連続、主立った所はやっちまおうとスペシャル陣容で臨みました。

 

左からイコロからの助っ人Mさん、旭川からの強力助っ人Annaさん、4月から公園管理責任者になったSさん、バラ班のIさん、Sさん。
昨日で渦巻き花壇の2/3強は終わったでしょうか。

 

Mさんとバラ園所属の3名は、自分の講座に参加してくれて、かつボランティアとの作業、プラス、スペシャルレクチャーもしたので、本番もバッチリ。
剪定の達人のような出来でした。グッジョブ!

 

Annaさんとは久しぶりの作業でしたが、錆び付いてないですね。
バンバン切って行くスピードは相変わらずでノリがいい。新しい人にはそれを見てほしかったのです。
他にはいないですからね。

 

やはり凍害のひどい所もあり、「こんなの剪定ではない、面白くない」とか、枝の残った所では「これは面白い、これこそ剪定だ」とかぶつくさ語りながらの自分でしたが、いいチームワークで楽しかったです。

 

何よりも、新たな園長であるSさんが参加してくれたのが嬉しかった。
きっとこれから、管理者の顔が見える公園になると思います。
それが重要と思う。見る人にはきっと伝わりますから。

 

今日は荒れた天気になりそう。
でも雨が降っても槍が降ってもやりますよ。
バンバン切ります!