イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2019

3.14


日記

ポッティング

昨日も、入荷したバラのポッティング。
国内ものがばらばら入ってくるので順次やってます。
今年は他施設からの依頼ものが多く、春植えするのでそれらは6寸ポット、イコロでの販売ものは長丁場なので7寸ポット。ややこしい。

 

ご同業はどこも同じようなことをやっているんでしょうね。
多分どこも、先週から今週に無加温ハウスを建て、今週から来週が植込みのピークでしょうか。
昨日の雪は焦ったでしょうね。
本州の出荷先の冷蔵庫でストックされていたものが、最後に北海道向けに出荷されます。
冷蔵庫も無かった昔は、本州の芽出し頃の1〜2月に送られてきて雪の中に埋めたものです。
雪から出すまではネズミにやられていないか、寒さで傷んでいないか、ヒヤヒヤしたものです。

 

いろいろ考えながらやろう、といつも思うが、全く無理。
複数のことを同時に進める「マルチタスク」は脳によくないそうですね。脳がオーバーロードし、大脳皮質が収縮してしまうとのこと。
無心でのポッティング、まさにひとつのことに集中しているわけでシングルタスク、脳にはいいのかもしれません。

 

あれこれいろいろ考えているより、よっぽど楽しい。
まだまだ続きます。

2019

3.11


日記

ウサギのかかし

うん、やっぱりこの陽気だとガーデンをのぞいてみたくなりますよね。
雪融けは進んでいるものの、何だか札幌の方が少ないように感じます。
しかも顔を出した地面はカチンコチン、さすがですね。

 

いつも思うのだが、モルト樽のバラのPP囲い、ウサギがちょこんと座っているように見える。
真っすぐこちらを見てるかのように。
少しはかかしの役目を果たしているんでしょうかね。
そんなことはないわな〜

 

3.11、
いまだに2,500人以上の行方が分からず、50,000人以上が全国で避難生活を送る。
福島第1原発の廃炉も現時点で30〜40年後という。
自分が生きている間には解決しない、とんでもないモンスターを抱えている訳です。
「復興」オリンピック、どうにも絵空事と思えてしまうのです。

2019

3.7


日記

植え替え

昨日の夕方5時頃札幌の円山辺り、大倉山ジャンプ台横に沈む直前の太陽。
肉眼では異様に大きく見え、しかも「赤い月」でした。
空気の状態などでたまにはありますが、思わずPM2.5の影響かと思ってしまいます。
なんだか空気もどろ〜んとかすんでいましたしね。

 

先日からやっとハウスの中で在庫のバラの植え替えをやっています。
芽出しが始まったブッシュから。
いつもはもっと早めに手を付けているのですが、今年は冬の寒さが堪え、緩んでからにしました。本来なら今くらいのステージが適期でしょうね。

でも、来週からはついに山ほどの宿根草が入荷する予定だし、残りのバラも入って来る。
いろいろ重なる…うーん。

 

この時期、室温をできるだけ下げるため日中は側窓を全て開け放します。
うちの女性陣はPM2.5でかなり参っているようですが、不思議と自分は何も感じない。
鈍いんでしょうかね?
暖かいハウス内での作業、気持良く作業できることは幸いとします。

楽しい作業ではあります。

2019

3.4


日記

続・トゲ無し

先日トゲの少ないバラのことを書きましたが、肝心なものが抜けてました。
今年のラインナップのひとつ、トゲ無しノイバラです。
先日書いた ‘Ghislaine de Féligonde’ 始め、どれもがノイバラの影響でトゲが無いあるいは少ないのですから、どれもがHybrid Multifloraとも言える。

 

ノイバラ(R. multiflora)のトゲ無し、ほのかにピンク花。
蕾の時はピンクで、開花すると色抜けしてかすかにピンクが残ります。

 

これ実は20年以上前の百合が原公園時代の実生ものです。
当時はやたら原種類の実生をしていて、ノイバラもやたらforma(品種)やvariety(変種)が多いので、一攫千金狙いで毎年かなり播いていました。
が、どうやら個体差を確認できたのがこの株だけ。
(なんせ発芽率が高いので、樹性のみで選抜したせいかもしれませんが)
トゲナシノイバラ( R. multiflora f. inermis)やピンク花も世の中にあるものの、この選抜種はどちらの性質も持ち、樹形のまとまりがいいのが特徴と思います。
一株だけ持ち歩いていて、イコロのローズガーデン造成時に真っ先に植えました。

 

どういう訳か数年前からノイバラを植えたいとの要望ありで、イコロの株から増殖した株を今年は販売します。
まあ僅少の差異なので、ノイバラと同じに扱っていただければと思います。あるようでないもの、です。

 

当たり前だが耐寒性と耐病性は抜群、耐陰性もほどほどあり、満開時は甘い香りに包まれます。秋のヒップも鳥たちの大好物。いろんな園芸品種の根源的なものであり、英名でJapanesa Roseとも呼ばれる日本の誇るバラの原種。
まさに一家に一株でしょうね。

 

またまた一家に一株、バラばっかりになっちゃいますかね(笑)

2019

2.28


日記

トゲの少ないつるバラ

一昨日、取りあえずバラ輸入苗第一弾のポッティングが無事終了。
昨日は、また合間にやってるラベル入力などなど。
そろそろバラ頭の日々になっております。

 

今年の販売もののリストがほしいとの声も聞こえておりますが、まだ不確定要素多く、手にして顔を見るまではあるよとは言えないので、もう少しお待ちください。
期待させて無いとなった時のフォローがやっかいですので、何卒ご了承下さい。
昨日も1品種不通過の連絡あって少し落ち込みました。
確定するのは4月入ってからになるかと、北海道はまだまだ雪の中、焦らずにお待ちください。

 

そんな中、一昨日もポッティングしていて「これウチに植えたいな~」と思ってしまうものばかり。
自分で選んでいるわけだから当たり前ですよね~
でも、今年は余計にそう思う。
耐病性、耐寒性はもちろんなんですが、例年になく繰り返し咲きの品種多く、つるバラではトゲの少ない品種をできるだけ選んでみました。
自分はトゲは大歓迎ですが、世の中はやはり敬遠しますよね。それは理解できる。

 

そんな中でトゲ少ないランブラーのギスレーヌ ドゥ フェリゴンド(Ghislaine de Féligonde)。
ドイツでの場面です。
最初に見たのがドイツで、濃い緑の樹々とからまって思わず息をのむほどでした。
華々しいバラの世界とは全く違うもの、未だに自分の根底にある景色のひとつかもしれません。
花粉親は同じく大好きなランブラー、トゲの少ないゴールドフィンチ(Goldfinch)。なるほどですね。
自分の関る場面ではあちこち植えていますが、イコロでもローズガーデンの中央部のパーゴラ角にあります。そのななめ向いがGoldfinch、意図的なんですけどね~
府県では4m以上にも伸びるそうですが、北海道ではHMsk的ないい感じのシュラブ樹形でもいけるし、返り咲きも多く、香りも魅力。病害ともほぼ無縁、耐寒性も岩見沢でもほぼ問題ない、半日陰でもいける。
一家に一株的なバラだと思います。

 

その他、トゲ無しor少ないつるバラで販売予定のものは下記の通り。

 

△Christiana
◎Crépuscule
△Emerald Isle
◎Frau Eva Schubert
◎Goldfinch
◎Johanna Röpcke
△Kölner Flora
△Madeleine Selzer
◯Maria Lisa
△Neige d’Avril
◯Polstjärnan
△Sonador
◯Summer Snow, Cl.
◯Tausendschön
◎Violette

 

◎◯△は工藤の主観的評価(使う場面が変われば評価も変わります)。
×はありません。

 

いろんな要因ありで限定的になり、本来ならまだまだ見たいバラはあるんですが…
バラは奥深く、果てしない。