イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

10.26


日記

冬囲い講習行脚

昨日も良い秋晴れ。
でも明日から雨続きのようで、今日が狙い目かもしれませんね。
何の狙い目?冬前の諸々、いろいろありますよね。

 

10月ももう少しで終わりますが、今月はあちこちでの冬囲い講習が何と10回。
今日からとどめの3連発、3日に1回どこかでやってた計算になります。
やはり、北国では冬囲いは一大イベントですね。

 

いつもそうですが、男結びは「どこかで覚えてね」と放っとき。
それをやり始めるとそれで終わってしまいますから。
それよりも「囲い前に枝を切る、切らない」がいちばん多く語っているかもしれません。
場所が変われば、モノが変われば、年数が変わればそれぞれ違う。
どこでも切り詰め一辺倒の株が目立つ。
確かに雪中に入れるための切り詰めが必要な場合は多いものの、生かせるものならなるべく残したい。
腰高あるいは目線で見るほどのバラこそ目指したい。切らなくてもいいバラもいっぱいあります。

 

昨日のいわみざわ公園、縦通りと整形式の花壇の一部の土壌改良の工事が始まっていました。
リニューアル以来初めての本格的な土改になります。
マルチングなどの表面処理で腐植化した10cmほどの表層と、腐植が分解した下層がはっきり分かれているのが見て取れます。
工事箇所以外も待った無しの状態なので、先日簡易な方法で終了しました。

 

どこまでやり切れるか微妙な時期ですが、やれるだけのことはやりたい。
本当はいろいろ語っている場合ではないんですけどね。
雪までの最後のあがき、ですね。

2018

10.23


日記

今年最初の冬囲い

昨日も穏やかな秋晴れでしたね。
札幌から230号線を通って真狩の空の庭へ。
紅葉、今は定山渓がピークをやや過ぎ八剣山辺りがピークでしょうか。
紅葉はやっぱり陽の光だな〜と感じる。
役得、役得。

 

ベタな写真ですがその八剣山、八剣山トンネル付近からの画。
数日前に登山中の70代の高齢女性が滑落事故で死亡とのこと。
頂上、切り立っていますからね。
一人で登山していたみたいですが、ちょっと無謀だな。

 

空の庭、冬囲いも終盤、最後のバラの囲いのヘルプに。
どこよりも早い。
場所がら、やはりそうなりますね。

 

母屋の前の円錐イチイ、丸太を組んで、今年は黒の防風ネットで囲われていました。
去年は確か青のネットでしたが、今年は黒ものを入手したとのこと。
外壁と同色でいいですね。

 

同じネットで屋外に積んでいる薪も囲われていました。
この辺の気づかいは当然と思います。
何でもいいって訳ではない。半年見ることになる景色ですからね。
建築用の擁護ネットとのことですが、サイズもいろいろあり、ハトメ付き。
メッシュの具合もほどほどで、これは使えます。

 

それにしても毎年の一大行事。
根雪の積雪深の読みは2mとのこと、札幌の2倍ほどでしょうか。
そう考えるとやはり強固にしなければなりませんが、樹木類もかなり大きくなったので、モノによってはそろそろ簡便化を図れるとは思います。

 

朝方付近を走り回りましたが、どこもほぼ囲いは終了。どこも丸太組みでした。
さすが豪雪地帯ですね。
皆さんご苦労様でした。

2018

10.18


日記

最後の芝刈り

久しぶりのブログになってしまいました。
この間のあれこれも、何かだいぶ前のことのように思えてしまうように、毎日の予定をこなしていくだけで日々が過ぎ去っていきます。
「光陰矢のごとし」、とくに冬までわずかのこの時期は、時間は矢のように早く飛んで行くのでしょうね。いつもそうだな。

 

昨日はそんな日々のつかの間の空き日。
あれもこれもと思いましたが、先ずは自宅の芝刈り。
雨が多くなかなかタイミング合わず、横目で見る度に気になっていました。
今日しかない、と決行。

 

今の時期の芝刈り、乾かなくて難儀します。
いつもの2、3倍時間がかかる。
刃に付いた刈草をいちいち手でかき落さなければなりませんから。
何とか終了。今シーズン最後とします。
これからの作業は全て今年最後となりますね。

 

苗圃然としている我が家のバラも、最後の花を咲かせています。

 

Mary Fleming、花付き良く、間断なく咲いている印象ですが、やはりこの時期の酔っぱらっちまった感のピンクの差し色が何ともいい。
カナダFleming作出のFlですが、樹形はFlというより小型のHMskっぽくて自然な感じもいい。

 

Folksinger、Buck博士のシュラブ。
こちらも夏花とは全然異なる花色で、最後の花をじっくり愛でました。
どちらもZ4、開花性も抜群なので、あちこちで使いたいものですが入手はかなり難しい。

 

庭のオオウバユリの蒴果。
いつの間にか口を開き、上部の半分くらいのタネはすでに周囲に飛び散っていました。
一気ではなく、少しずつ開いて時期をずらしてタネを放出しているんですね。
決められた手順を確実に実行していく。あれこれ振り回されている人間界とは違います。
こんなの見る度に、襟を正さなければ、と思うのです。

2018

10.10


日記

藤女子大

札幌の北16条にある藤女子大、その中の改修された大聖堂。
昨日はそれに伴う外構工事の一環で、南と東の道路沿いの植え枡の植栽に。

 

最初は、バラ好きのシスターから是非フェンス沿いにバラを植えたいとの依頼でしたが、いろいろ話して南側はホザキナナカマド、東側はシラタマミズキとセイヨウミズキの品種ものに。
管理規模などいろいろうかがって、どうにもバラは無謀なので諦めてもらいました。
ごめんなさい。

 

手のかからないものでしっかり外部と遮蔽する緑のスクリーンを作ってから、適所を見極めじっくりバラの落としどころを見つけようと提案。
取りあえず皆さんに満足してもったようで、何故か学長と記念写真も撮られました。
バラ好きのシスターも、今後バラが植えられるのが楽しみとのことで、納得されたようです。
じっくり場面を作り上げていくことが理解されるのは嬉しいことです。
今後も一緒に考えいきたいものです。

 

さて、今日は今年最後の羽幌。
もっと北のサロベツ方面にも、との誘惑にかられますが、日帰りなので無理だろうな〜
空気感だけは感じてきたいな〜

2018

10.5


日記

公園の記憶

昨日は北海道はどこも晴れ、一年で数回かもしれません。
朝方は寒かったですが、日が昇ると太陽の光は優しく風もなく穏やか、最高の日和でした。

 

ムズムズして仕事なんか放ってどこかに行きたくもなりましたが、昨日はいわみざわ公園。
バラ園もどこも秋の日差しでキラキラ、朝方ゆっくり秋バラを見てお腹いっぱいになりました。

 

昨日のいちばん、イギリスHarknessのHumanity。
やはり秋花は全然違います。
初夏の一番花〜夏花は目立たず、株もいまいちでしたが、いつもこの秋花を見ると見直します。
再度輸入したいものですが、かなり難しい。うーん。

 

この秋はリニューアル以降、初めて本格的に土壌改良を行います。
凍害、寒風害もありですが、6年を経過して土壌もかなり劣化。
表層はマルチングで薄く腐植層ができているものの、心土の土壌分析の結果、腐植が2%程度とのこと。6年前に2割ほど入れた腐植はほぼ分解しています。
当たり前ですよね、腐植は消耗品ですからね。

 

腐植を入れるために株周りを掘る、今年入った新人S君。
一昨日試しにやってもらった型通りのやり方を、昨日は現場に合わせてアレンジ。
株周り全てではなく、やり易い所を狙って、根が伸びやすい所を狙って行いました。

 

彼が使っている道具。
「根起こし」との名称で岩見沢市内のホームセンターで売られているそう。札幌では見たことありません。さすが土地柄ですね。
確かAnnaさんの時代に見つけてきたものですよね。
これ優れものです。足をかけて土に挿し、てこの原理で簡単に土が耕せる。
ジャガイモの掘り起こしにも使われているみたいですが、宿根草の掘り取りにもイケると思います。
根を切らないのがいい。

 


 

新人S君、自分の半分以下の年齢ですが、とても素直で真摯。
きっとバラも素直に育つと期待しています。
札幌出身で、実家は百合が原公園のすぐそば。
中学校時代、俳句と短歌が趣味で(変わった子ですね)、百合が原公園の南端の藤棚の下のベンチが指定席、そこで俳句を考える時間が至福だったとのこと。
10年ほど前の話しですから、きっと自転車に乗って公園内を走り回る工藤がそばを駆け抜けていたと思います。
そんな場所を公園に作りたいとのこと。ですね、いわみざわ公園にはベンチはあるもののどうにも落ち着きませんから。

 

子供の頃遠足で百合が原公園に行き、どこそこの景色が記憶に残っているとか、リリートレインからの景色を憶えているとか、公園を抜けてからも大人に育った何人かから聞きました。
自分にとっては何より嬉しい言葉です。
その記憶はずーっと残っているわけで、そんな景色を作ってきたことが自分の仕事でしたから。
それが受け継がれて続いていく。感慨深いものがあります。