イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

9.21


日記

計画の月、考える月

このところめっきり秋っぽくなりましたね。
とくに昨日のような穏やかな天気の夕方の光にそれを感じます。
自宅近くのビルに囲まれた中通り。冷たさを少し含んだ光に、温もりを感じる光ももうわずかなんだな〜と名残惜しさを感じます。

 

少し前からデスクワークが続いています。
地震の後からずーっとかも。
諸々の計画ごと。毎年のこと、9月は計画の月、10月は実行の月、11月は冬囲い、いつものパターンですね。
10、11月は春と同様体を酷使することになるんでしょうね。
恐ろしいような気もしますが、体にとってはその前のしばしの休息かもしれません。
昨日もいわみざわ公園の職員には、10月から怒濤の日々になるから、残りわずかな9月はしっかり体を休ませておけと伝えましたが、自分にも言い聞かせているようなものです。

 

日常生活はほぼ地震の影響は表面上はなくなったように感じます。
納豆も牛乳もほぼほぼ手に入る、品薄は今はヨーグルトくらいでしょうか。
でも、とくに観光業界はかなり危機感を感じているんでしょうね。
知事自ら安全性を訴え、阿部首相も風評被害が大きいので北海道への観光割引を行うと。
うーん、気象庁ではまだ余震に注意と言っているし、電力需給も老朽化した発電所を再稼働しての綱渡り。
根本的には以前と何も変わっていない訳で、安全だから安心して来てよとはあまりに無責任と思います。

 

保存食を備蓄できる食環境が整ったとか、何があっても最低限の電気は賄えるとか、災害時の避難場所を改めて確保、周知を図るとか、その辺をしっかり伝え、その上でリスクはあるが来てくださいと言うのが筋だと思う。

 

不安を煽るつもりはないですが、経済的に縮小するのは致し方ないと思います。
危険を承知でこの国で、この地で生きていくのだから、そんな中で生きていく術を考えるべきだと。

 

植栽、どんな品種を使おうかなどと考えながら、諸々考えるこの頃です。

2018

9.14


日記

嵐の後

昨日は台風、地震の後での初めての岩見沢でした。

 

すっかり景色が変わっていました。
2m以上のめくれ上がった根鉢が造形物のように思え、将棋倒しのように倒れる木々。
ため息が出ました。
山の木々は悠然としているのに、いじくった場面の脆弱さを改めて感じました。

 

札幌の百合が原公園や豊平公園も然り。
台風の度に公園の危険性を感じます。
どこも広域避難所になっているわけですが、台風時はいち早く閉鎖すべきと思います。
いちばん危険ですから。

 

倒木を背景にして咲いていたルゴサのRoseraie de l’Hay(ロズレ ドゥ ライ)。
深い花色が妙に心にしみました。

2018

9.12


日記

羽幌の夕暮れ

昨日の日没直後、羽幌のホテルの部屋からの画。
こんなレコードジャケット、どこかで見たような…ECMの何かだったか…思い出せない。

 

写真ではかなりの遠景ですが、天売、焼尻の島もはっきり見えました。
風もなく穏やか、あれだけのことが起きた後とは思えない。
自然の下では、人はそれにおののいたり崇めたりするしかないのですね。

 

昨日から一泊。
予定通りなのですが、こんな時ですからどうかなと思っていましたが、現地は通常通りなのでお願いしたいとのことで実施。
これからの作戦会議、役場と管理の担当者と現場を見ながらいろいろ話しました。

 

3日前の真狩村、空の庭でのマルシェも予定通り開催。
自分もこれまでとこれからの庭について語らせていただきました。
最初に参加してくれていたサポーターのお婆ちゃんたちとも会うことができ、楽しいひと時でした。

 

町や村に住む人は、街に住む人より強く逞しいと感じました。
何につけても自然が一体ですから。
街に住む者はそれを忘れている。今回のようなことがあってもすぐに忘れる。
少ない物に人が集中、長蛇の列。「一人一本限り」なんて張り紙がなければ我先にと早い者勝ちで山と買い占めるんでしょうね。
そんな光景を見たのが今回いちばんショックなことでした。
3.11で何も変わっていなかったんだと改めて感じました。

 

ドイツに住む姉の言葉を借りれば「日本は、人が生きていくには非常に不適切な国」と、確かにそう思います。
非常にリスキーな国であることには間違いありません。
だからこそ、他とは違う生き方を模索しなければならないはずです。
いろいろ考えるこの一週間でした。

 

2018

9.7


日記

取りあえず無事です

皆さんからご心配のご連絡を多数いただきました。

ありがとうございます。
ご心配おかけいたしましたが、取りあえず皆無事です。
地震による被害も幸いイコロはなかった報告を受け、安堵しております。

 

ただ電気も水も止まった状態、台風被害も片付け途中でしたので、復旧までにはしばらく時間を要すると思います。
再開できればご報告させていただきます。

 

地震時は自分は札幌でしたが、今もかなり電気は止まったままで、中央区でも中央部しか信号も稼働していない状態です。

信号無しでも動けるうちにと、早朝の先ほど母のいる宮の森のマンションに行ってきましたが、水も止まっていました。

ポンプが動かないので、高層まで水が行かないようです。

 

昨日もわずかに開いているコンビニなどに人が殺到している状態で、我先にとの光景、いかに日頃の備え、心構えが不足していたか、改めて痛感しました。

 

少し前にも余震を感じましたが、これ以上被害がないことを祈るのみです。

2018

9.4


日記

芝生の播種

台風が迫っていますが、今のところ札幌は静か。
あの2004年9.08の台風が引き合いに出されているので心配です。
今晩から明日にかけてのようですが、何事もないことを祈ります。

 

昨日もイコロで芝生のタネ播きをしました。雨前の良いタイミングなので。
今年は雪融けから芝生の枯れがひどく、これまでも何回か播いてきましたが、なかなか復活しない。
公園などでは立入り禁止にして、ひどければ張り替えてしまうのですが、何とかだましだましいけないかとあがいているわけです。

 

這いつくばってよ〜く見てみると少しは出てきている。
9月は雨も多く気温も下がるので播き時。
冬前までにどれだけ復活するでしょうか。

 

イコロは芝生が命、洋芝はどこよりも適地と思っていました。
踏圧の影響を受けないのも利点です(逆を返せばですが…)。
ある意味そうなのですが、冬の気候、10年の歳月、いろんな要因で今年のような状態にもなる。
これまでの質の高い緑を見ていただけないのは、何とも苦しい限りです。
すみません。
今月は何とかあがいてみて、来年雪融け後にまた判断することになります。
絶対復活させたいものです。

 

暑さが去り、十分な水を得て見頃になっているボーダー。
遠目では芝生もいい感じ。他よりここはまだ保ってますからね。
細部を見ない、遠目で見る、イコロはそうに限ります。

 

今が盛りのキレンゲショウマ、今のように湿度が高い中には似合いますね。
こんな安定感のあるものを見ると気が休まります。