イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2019

9.14


日記

除草

相変わらずバラ頭のデスクワークが続いていますが、合間にやる自宅の除草やらがいい気分転換になっています。
机に向かうのが長続きしないのはガキの頃からと変わらない。

 

どこもそうでしょうが、今の時期の除草は今シーズン最後となります。
お疲れ様でした。
除草だけでなく、これからの作業は全て今シーズン最後かもしれませんね。
バラだって、今切った後はもう咲かない訳ですから。

 

自宅の裏口(正面玄関は現在閉鎖しているので実質的にこちらが玄関になっていますが)、ナツヅタやクレマチスで覆われていますが、今日はこの中のカタバミ狙いかな。

 

「雑草という言葉はない」との昭和天皇のお言葉は有名ですが、自分も雑草と一括りにして扱うのには抵抗があります。
小学校のグランドなんかでは全てが雑草でしょうが、自然界では地面や植物を守るいい地被植物になっている場合も多いですからね。

 

除草をしながら相手の草のこともいろいろ考える。
先ず敵を知る、ですね。
百合が原公園では、花壇内にあってはいけない草(雑草とは言いませんでしたよ)の写真付きの一覧を作っていましたっけ。
一年生と多年生の違いとか、切断して再生するかどうかなど。
そこそこによって種類も割合も違います。
そういうの、どこも管理上必要と思います。

 

一年草はとにかく種子量が多く、その種子寿命が長い。
昨日も抜いたシロザなんかは、種子生産量は1株当たり7万個、大株になると50万個の例もあるようで、しかも土中種子の寿命は数十年もあるそう。
どひゃーですね。タネを付けたら大変。
一方多年草はその再生力、栄養繁殖力にあります。
厄介なスギナやヒメスイバ、シバムギなんかですね。
オオバコなんかは頭刈っても余計勢いよく再生し、種子は濡れると粘着力を持ち人の足に付いて拡散する。
雨の後芝生の上を歩くだけで拡散させ、しかも踏圧は芝なんかよりよっぽど強い。芝生で広がるはずですね。

 

いずれにしてその生命力には感服せざるを得ません。
いつもそんな畏敬の念を持って除草してます。
除草、何よりも好きです。

2019

9.7


日記

バラ頭

昨日は、一日自宅でデスクワーク。昨日も、ですね。
今日も引き続き。
某所の新たなバラ園の品種選定、佳境です。
本来なら8月末に終了予定でしたが、全体計画がずれ込み今に至っています。
9月15日完了の予定。

 

品種を上げても入手できなければ使えないので、入手先、委託生産の可否も予想しながら進めています。
世の中どうしても新しい品種が主体になっていますが、やはり栽培してみての安定感を重視すれば、実績のある品種を使いたくなります。
それが日本では難しくもあるのです。

 

今庭で咲いているBonn。
Kordes、1950年作出とされるハイブリッドムスク (HMsk)。
どちらもKordesのHTのHamburgとFlのIndependenceの交配種で、何でHMsk?ですが、
Hamburgの子房親はKordesの赤のHMskのEva、さらにその子房親はPembertonのRobin Hoodなので、やはりHMskの血が濃い。
放射状に広がる枝の樹性は明らかにHMsk。
このオレンジ赤の花色はHMskでは珍しく、ムスクの香りも楽しめ使いやすい品種です。

 

この株、10年以上前にドイツから輸入したものからの増殖品ですが、今はどこも扱い無し。
こんな品種いっぱいある。
それをどうしようかと頭を悩める。
今日も一日バラ頭。それも楽しくはありますけど。

 

昨日で胆振東部地震から1年だったんですね。
合間に街なかの銀行に付き合いましたが、昨日から大通公園でオータムフェスト。
夕方からの雨模様でしたが、結構な賑わいでした。
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」、そんな思いがよぎりました。

何だかな〜

2019

9.2


日記

「ガーデン・オブ・ドリームス」

今年も無事LOPPIS×PLANT FAIRが終了。
一昨日の一日目は時おり雨模様でしたが、それにもかかわらず結構な賑わい。
相変わらず朝のオープン時には受付け前に長蛇の列ができました。
一転昨日は予報通りの晴れ、待ってましたとばかり超満員。
入場待ちの車が延々と連なりました。

 

片側一車線、ゴルフ場通いの方々にご迷惑をおかけしないようにと誘導体制を敷いたのですが、2km以上も連なり、一次は警備員の無線も届かぬほどに。冷や汗かきかきスタッフも加わり車をさばきました。
この光景、いつも思ってしまうのがケビン・コスナーの「フィールド・オブ・ドリームス」。
あのトウモロコシ畑の野球場に延々と車が連なる最後のシーン。
この日ばかりは「ガーデン・オブ・ドリームス」かもしれませんね。

 

いろいろご迷惑もおかけしたことと思います。
この場を借りてお詫び申し上げます

 

でも大きな事故やトラブルもなく、何とか無事終えることができました。
これもスタッフや参加していただいた全ての方々のおかげです。
ありがとうございました!
自分も借金するほどいっぱい買い物をしてしまいましたが(汗)、楽しかった!

 

二日目の朝、久しぶりにイコロに泊まったので、諸々動き出す前、夜明けから2時間限定と決めてガーデンの除草に。

 

いやはや至福の時でした。
前日の雨でたっぷりと水を含んだ芝生や樹々から、一斉に水蒸気が舞い上がります。
木製のパーゴラからも。
あちこちに張られたクモの巣もキラキラ。
日が上がるほんの一瞬なんですが、思わず手を止めて見入ってしまいました。
庭の醍醐味ですね。

 

最近デスクワークが続いていますが、自宅でも朝30分とか1時間限定とかで除草しています。
いい息抜きになるし、とくに虫が活動する前の日の出頃が狙い目。
今はまだ夜明け前で暗いですが、今朝もこれから庭に這いつくばります。
夜明けが待ち遠しい。

2019

8.28


日記

晩夏の作業

気象庁では夏は8月までで9月から秋と公式に定めているそうですが、夏はあと4日ということになりますね。
今は晩夏、それも晩夏の最終でしょうか。
気温的にはまだそれほどですが、晴れていても光の感じ、空の雲の感じ、ひところの真夏とは明らかに異なります。
昨日も早朝から、午前中のみのイコロでしたが、車を降りるなり光のキラキラ感にため息でした。

 

庭、ガーデンって植物が主役でしょうが、実はその季節、その時々の光も主役かもと思ってしまいます。そんな朝でした。
見ている景色は同じでも、その時々の光でまるっきり違って見える。
だからこそ、咲く花の移り変わりより、安定感のある緑、景色が基軸になるべきで、今進めている某所のバラの選定も花よりも葉の茂り、樹形にどうしても重きを置いてしまいます。
そんな材料としてはバラは難しいのですが、反面面白くもあります。

 

週末のイベントに向けてスタッフは皆んな準備を進めていますが、それを横目に自分は昨日は堆肥の仕込みとバラの挿し木。
すみません。
気温が下がる前に堆肥の一次醗酵と、挿し木の発根を狙うのなら今しかないのですね。

 

2頭で約4ヶ月分の馬糞。
いつもの半量ですが、近々1頭になるので今後はこのくらいの量が基本になります。
今までの乗馬クラブからのものは敷き藁混ざりでしたが、今度は100%馬糞だけ。
少し勝手が違い、米糠だけ混ぜて切り返しましたが、どうにも温度の上がりがいまいち。
もう少し促進させるために他の混ぜものを入れなければならないかも…
様子見です。

 

その後管理棟で、一昨日調整して水揚げしておいた穂木を挿し木。
毎年屋外やハウスのベンチ下などあちこちでやっていますが、今回は室内の窓際にしました。
公園時代はミスト室があったので、温度や湿度が自動でコントロールできたのですが、その辺が難しい。
あまり暗くすると葉が保たないし、湿度を上げるために頻繁に霧吹きするのも病気が広がってしまう。
不思議と自宅の台所の窓際では上手くいく。シンクの湿気とほどほどの光加減がいいんでしょうね。
で、それに習い、ブルーシートでプールを作り、その上にパレットを置きバットを並べました。
どうなるか?これも様子見。
あっ、業務連絡、くれぐれも抜いてみないように。ドンタッチ。
気持はわかるがドンタッチ。

 

当然合法的な古い品種が対象ですが、今回は昔導入したアメリカ、カナダものに限定。
残念ながら今ではとても入手できません。
その中の1品種。

 

‘Persian Princess’、アメリカMoore、1970年作出のミニチュア。
ミニチュアでも1mくらいのシュラブ樹形になります。
間断なく開花、チョコレート色の茎と照り葉の濃い緑が花色に似合い、秋まで緑が茂ります。
こんな品種なんだよな〜
楽しみです。

2019

8.20


日記

台風一過

昨日は日中諸々予定があったので、久しぶりに早朝のイコロで少し作業をしました。
4時半過ぎなければ明るくならない。
随分と日が短くなったものですね。

 

全くの無風、冬は結構あるもののこの時期としては珍しいかも。
台風一過だからでしょうか。
本当に「シィィーーン」と音が聞こえるようでした。

 

そんな中での緑にため息が出ました。
花の色みが少ないので余計かもしれません。
もっともっと手を入れたいし、入れなければなりませんが、それを差し引いてもため息が出る。

 

できることなら庭に入り込みたい。先日の打合せにおいても皆んなの思いは同じでした。
でもね、が難しい。
これからもいろいろやり方を変え模索していくことになると思います。
きっといいやり方は見つかるはず。
イコロは毎年変わります。
そんな変化も楽しみです。

 

この春から常駐している2名、否、2頭。
妙に艶かしいですが、白はお母さん、黒はその娘。
仲いいですね。
来週から彼女らの馬糞を仕込みます!
顔見ながらの堆肥化って、面白い!