イコロの森

工藤敏博の植物日記

2017

5.19


日記

10年株のMaria Lisa

DSC06696

昨日もイコロでランブラー、それもまたまた刺の少ないMaria Lisa。
あのレンガ壁前のです。
いつもなら、冬囲い前に結束しやすいようにざっと枝抜きだけしていたのですが、この冬は無謀にも全てをそのままで越冬との方針で、このMaria Lisaもそのまま。
動物ネットのおかげでいつもより全然ウサギの食害もなく、重い雪が乗ったものの枝折れもない。
で、この時期にやっている訳です。

 

10シーズン目を迎えたイコロですが、このMaria Lisaは開園前年に植えたので丸10年株ということになります。
あの当時はドイツから結構輸入していて、これらもそんな株、今では絶対通関しないでしょうね。
シュートの発生が多いので残す基枝もせいぜい2、3年枝、毎年毎年よく枝を出してくれます。
自立使いのランブラーとしては本当に優秀で、良い景色を作ってくれます。

 

昨日作業をしていたら、あるご夫人が「今年は初めてシーズン券を買ってみて今日は2回目、前に来た時よりも緑が多くなって、このバラの新緑もとってもいいですね」と。
そうなんです、Maria Lisaの魅力のひとつは、この新緑でもあります。
見ている人は見てくれてますね。
ピンクの絨毯のシバザクラとは全く違う世界ですけど…自分はこの方が元気をもらえるし、イコロの魅力でもあります。

 

数株入っている刺がキツいカニナ(Rosa canina)で腕が傷だらけになったものの、鋏を入れたいSchneekoppeは我慢してMaria Lisaを進めました。
あと半分あります。
ルゴサは後回し、葉の展開が早いものから進めます。
手がかかる大株のAlba Meidilandは既に済ませたので、これが終わればポリアンサ、The Fairyあたりでしょうか。
早くルゴサをやりたくてウズウズしているのですけどね。

 

先日大通公園で、こんな状況をボランティアの人にくどくと、声をかけてくれれば皆んなで大挙して手伝いに行きますよとのこと。
嬉しい限りですが、まあやれるだけ頑張ってみます。
他での切り戻しと違い、良い悪いではなく、自然形の仕立てはやはり当事者でやった方が納得しますからね。

 

本当は何もかにも放っておいてやっちまいたいのですが、中々そうもいかない。
キツいが頑張ります!

2017

5.18


日記

ホワイトガーデン、ランブラー終了

DSC06688

昨日は良い天気、今週はずーっと良いみたいですね。
朝方は堆肥を敷き均したボーダーの植え替え場所をヒーヒー言いながら耕耘。
その後ホワイトガーデンでつるバラの剪定+誘引。
腰痛く、あちこち筋肉痛、ヒーヒーが続いています。

 

完璧に枝が残ったランブラーのPolstjärnan、一方、一株あるSeagullは上半分くらいが凍害で小さくなっちゃいました。
山ほど切ったPolstjärnanは刺がほとんどなく扱いやすい。
原則に則って機械的に枝抜きできるランブラーの剪定は楽しいものです。
無心になれますからね。
あまりカチッとせず、自然形に誘引して終了。

 

それにしても昨日は自衛隊機のスクランブル発進が多かった。
途中知り合いが訪ねて来たものの、お互い口パクパクだけで何言っているのか分からず、苦笑するしかなかった。

 

一度かすかに火薬の匂いがしたような。
すぐ真上を飛んでるので、それもあるかもしれませんよね。
もう少し静かにしてもらいたいもんです。

2017

5.15


日記

牧場日和

DSC06669

昨日はJImmyさん担当の静内の牧場へ。
社長宅のバラの入れ替えやら施肥やら、その後移動して馬のお披露目場所たるトレーニングセンターでモルト樽に真っ赤なゼラニウム植え。
ここまでは順風満帆、楽勝、楽勝。
その後本日のメインイベント、本拠地の牧場で新規のバラの植え床3箇所にかかる。
事前に地元の業者に掘削してもらっていたのですが、戻しの土量が半端なく、「これは人力では無理だろ〜」と工藤。
いろいろ掛け合ってもらったが機械は無理。
Kimさん含め3名でひたすらスコップで土入れ。
何とか夕方に終了したものの、何年か寿命が縮まったような…
あまり老体をこき使わないようにお願いしたい、と思った工藤です。

 

でも、どこも景色が素晴らしく、どこもハマる。
こういう場所での仕事は楽しいものです。
体はヘロヘロになったが、楽しかった、ですよ。
きっとバラもハマるな。

 

道中あちこちどこでも子馬と母馬のツーショット。
可愛いもの好きのおじさんにはたまりません。
帰りにじっくり写真撮ろうと思ったが、どこも既に厩舎の中へ。
さすが完璧に管理されているんですね。
当たり前ですよね、超宝ものですからね。

2017

5.13


日記

芝生復活へ

昨日はイコロでほぼ一日例によってローズGでチョキチョキ。
亀の歩みで進んでいますが、まだまだ先は長い。

 

DSC06656

芝生、エアレーション(スパイキング+コアリング)〜目土散布、昨日終了。
ローズGとホワイトG以外の3箇所の広場、機械と資材、人手を何とかやり繰りつけて、取りあえず完了。
いい感じになりました。
昨年はこれまでで最悪の状態、悶々とシーズンを過ごしましたが、これで復活することを期待しています、楽しみ。

何せイコロは芝生が命ですからね。

 

DSC06655

朝方、下ばかり見て一人満足万蔵に浸っておりましたが、すぐそば見上げるとチシマザクラが満開。
やっぱりイコロには似合う。

 

それにしても連休明けの平日は静かなもんですね。
それも昨日はお一人様だけだったような、まだいらしたのかと思うほど各人長時間ゆっくり過ごされていました。
それもまたイコロらしい。

 

賑わうあちこちとは異なり、踏圧も少ないイコロ、芝生が復活すればふかふかの緑の絨毯も独占できるでしょう。
本心は芝生が傷むほどの千客万来を願っているのですけどね。

2017

5.12


日記

空の庭#1

昨日は一日雨模様でしたが、今シーズン初めての真狩、空の庭へ。
サクラが終わる札幌を出て、定山渓ではいつもの所でいつものボリュームでエゾエンゴサク、中山峠手前ではミズバショウ、峠付近は道路際までまだ雪がかなり残り、峠を過ぎてエゾノリュウキンカ、そして喜茂別、真狩ではサクラが満開。
1.5時間のドライブですが、いつものことながら標高差による植物の開花のずれが楽しめました。

 

DSC06649

今回は、空の庭の当初からの協力者であるIさん宅からイチイとシャクナゲの移植。
引越しするので寄贈したいとのことで、昨年2株だけをチョイスしていたものです。
右側の直径2mほどの楕円に刈り込んだイチイ、面白い仕立てで、辛うじて洋風の庭にも入れ込めるかなと思っていただきました。
事前に写真やライブカメラを元に候補地を数ヶ所目星をつけていましたが、当日現場を見ながらやはり玄関横の円錐イチイの横しかないな、と。
既に植えていたガリカローズをローズガーデンに移植して、植え込むことに。

 

公園時代は、このような寄贈ものは大小関らず全て拒否していました。
後々やっかいなことが多々ありましたからね。
でも、地域医療を担い、高齢者が集う施設、超高齢化で庭木を維持できなくなる場合も多い中、少しでもこのような申し出に応えることができれば素晴らしいと思います。
庭に取り込める場所を精一杯考え、それを精一杯育てていくことも、空の庭の大きな意義の一つなのかもしれません。

 

幸いの雨でしたが、この後すっぽり寒冷紗で覆って養生、うまく活着してくれることを祈るのみです。