イコロの森

工藤敏博の植物日記

2019

5.24


日記

ハマナシ三昧

今週は暖かい日が続きます。
というか、週末からは30℃以上の真夏日予報、暑くなるようですね。
まだ5月ですよね。ちょっと想像できないくらいです。

 

昨日はいわみざわ公園で前回に引き続きハマナシの剪定。
一昨日はイコロでやはりハマナシを切っていました。
蕾もだいぶ膨らんで来たので、他を置いて先行しました。
芽がこれ以上伸びると入れなくなりますからね。
それでも両腕傷だらけ。

 

正確には剪定ではないな、枯れ枝、折れ枝の除去ですね。
取りあえずほぼ終わり、一区切り。
株高が上がってきたため、岩見沢では積雪による枝折れが多く発生。
この秋には改めて本格的な剪定(丈落とし)をする予定です。

 

一昨日札幌新道沿いで一輪、昨日は3輪開花を見ました。
この数日でどんどん咲いて来るでしょうね。
そろそろ原生花園ものの花見にうずうずしてきます。
始まりますね。

2019

5.20


日記

まつりとイコロ

昨日も良い天気。
イコロは最高15℃くらいで程よい風も気持良く、相変わらずバラをチョキチョキやっておりました。
朝方一回りしましたが、まだスプリングエフェメラルものも残っており、ジューンベリーが満開、クロフネツツジが2、3輪ほころんでおりました。
違うものですね。

 

札幌に戻ると暑い。
最高26℃だったようで、イコロとは10℃以上の差。
違うはずですね。
早くもヤマツツジが終わり、ナナカマドが満開、フジも満開、ライラックも満開。
この所毎日大通公園の横を通りますが、昨日もテレビ塔から西8丁目まではお祭りのような人出でした。
お祭りのようではなく、お祭りなんですね。26日まで「ライラックまつり」。
西7丁目の管理事務所に寄りましたが、事務所裏までいっぱいの人。「ライラックまつり」に合わせての「ワインガーデン」。
ワインだけでなく今年は日本酒もあるとのこと、うーん、日中からうらやましい。
西8丁目は「札幌ラーメンショー」、こちらも長蛇の列でした。

 

年中お祭り然の大通公園、日曜なのに静かなイコロ、全く別世界。
自分の居所は後者だな。
気持良く作業できました。

2019

5.15


日記

自分の庭

先日からやっとイコロでバラの剪定を始めました。
先ずは大ものから、昨日はいつもの助っ人Annaさんに旭川から来てもらい、研修生Aさん、うちの女性陣にも入ってもらい進めました。

 

一見するとあまりわからないでしょうね。まだまだ枯れ枝いっぱいですから。
でも、芽出しの進んだものからやっているので、ほぼ大ものが終わったので気持は少し楽になりました。
残りは合間にぼとぼちと。

 

他のスタッフも、諸々手を入れたく、うずうずしているんでしょうね。
そんな意味では、数日間でも作業に集中できる身はありがたく思えます。
一年でも数日ですからね。

 

自分の所の作業は他とは全然気分的に違うものです。時間を忘れます。
本来の自宅の庭も同時進行で進めています。
仕事でなく、趣味の園芸は楽しいものです。

2019

5.12


日記

風に吹かれて

毎日怒濤の日々が続いておりますが、昨日は中富良野のラベンダー園の山頂で風に吹かれておりました。
天気はまずまずだったのですが、山の上はやはり風当たりが半端ではありません。

木々の傾きを見ればいつものことなんでしょうね。
寒いんだか暑いんだかわからなくなっておりましたが、山の上から遠くに見える十勝連峰はため息ものの景色。

やはりここだけの景色ですね、

 

敷地内に新たに造成されるガーデン群は22年夏オープン予定なのですが、それに先んじて今期はオイル抽出用のバラを植栽します。
取りあえずダマスクとケンティフォリア、25品種500株ほど。
昨日はその位置出しでした。

 

富田ファームもそうでしょうが、この辺りのラベンダーは施肥がんがんなんですね。
表土に散布された肥料に驚きました。
それに耐え得る株だけが残っている感じでした。
ある意味そんな手法もありかもしれませんね。

 

今年は何回か出向くことになりますが、新しい場面、新しい発見も多くあるんだろうなと思っていて、それはそれで楽しみではあります。

2019

5.7


日記

気持ちは焦らず、手足を焦らす

10連休も昨日で終わり、今日から平時に戻りますね。
皆さんはいかがだったでしょう?お疲れ様でした。
自分は一日も休みなく、ひたすらあちこちでバラをいじっておりました。
この時期なのでいつのもことです。

 

昨日は定山渓ファームでつるバラの誘引とバラの剪定。
芽出しの進んだ所から行い、やっと終盤です。
最後の最後はイコロ、もう少し先になります。
うずうずしているんですけどね。

 

自宅のジューンベリーは、もこもこ葉が展開したナナカマドを背景に満開。
定山渓は残雪もまだ残り、どこもエゾエンゴサクが満開。
いつものことだが、同じ札幌市内でも違うもんですね。

 

昨日は少し早めに片がついたので、これ幸いと戻ってから自宅の除草をしました。
まだ残っているのでこれも終わらせたくうずうずします。
気持ちは焦らず、手足を焦らす、今はこんな心情、かな。