イコロの森

工藤敏博の植物日記

2018

8.15


日記

お盆

写真がアップできないので文章だけですが、あまりに書かないとずーっと書かなくなりそうなので少しだけ。
何だかな〜ですが、ご勘弁を。

 

世の中お盆、最終日の今日はまたまた大移動なんでしょうね。
自分ごとですが、お盆前の10日に自宅にお坊さんのお盆参りを迎え、12日にお墓参り、お盆前に全て儀式を済ませました。
それに託けて、自宅の庭もすっきりさせました。
一年でいちばんすっきりかもしれません。
墓参りも娘と孫を誘って、お墓の徹底除草と刈り込み。
研ぎに研いだねじり鎌を人数分持参し使い方を指導。
やってることはいつもと同じ、です。

 

お盆ってある意味、区切りの時期でしょうね。
個人邸を多く抱えている造園屋は昔からこの時期は大忙し。お盆前までにはすっきりしてよのリクエストが多いですから。
でも、この目標時期っていうのも重要と思います。
それがなければ時期を逸してしまいますからね。

 

一昨日、昨日はいわみざわ公園で、若もの二人とメインの花壇のバラをすっきりさせてきました。
全ての花を切り、併せてシュートの処理。
徹底的に切って、入口のシュラブを除いて緑だけのバラ園にしてきました。
目標達成!
お盆はターニングポイント!、といつもバラの講習会で語っています。
シュートの芯止めと見極め、秋花に向けての夏花の見極め、品種や場所によって異なるものの、北国では欠かせません。
後は病葉を徹底的に取ってもらって秋バラを待ちます。

 

それにしても雨続きのお盆になっていますね。
バラ園隣りの遊園地も空振りだったよう。痛いでしょうね。
業種によっては死活問題かもしれません。

 

今日は自分は参加しませんが、今日から本格的にニセコの大きな現場に入ります。
自分も明日から入ります。
この時期合羽着ながらの作業はキツい。
少し前には雨乞いしろと皆んなに言ってましたが、今度は日照り乞いでしょうか。
お天道様も忙しい。

2018

8.5


日記

シュートの誘引

昨日は気温もそれほど上がらず楽だったですね。
虫たちが動き出す前の早朝から、南区のお宅にうかがって花切りとつるバラのシュートの誘引をしてきました。
このところ3日ほど場所が違えど同じような作業をしています。
もう少しでお盆、そんな時期ではあります。

 

満開時は見事だったとおっしゃっていましたが、ばんばん極太のシュートが伸びていたパーゴラのつるバラ。
ツクシイバラとTausendschön、Madeleine Selzer、Pauls Scarlet Climber、確かそんな構成だったはず。少しレアかもしれませんね。
奥様は別名Yellow TausendschönのMadeleine Selzerがお気に入りとのこと。うん、わかります。
どれもたわわにヒップが付き、秋はヒップを楽しんで、リースの材料としてお友達にも差し上げているとのこと。
ヒップを邪魔しないように、伸びたシュートを枝中に潜らせてしっかり誘引してきました。
わからないように潜らせる、自然な感じの誘引、これって少しテクニック要ると思います。
結束と誘引は違いますからね。

 

いつもながらポプリ作りも楽しんでいらして、玄関にはこんなのがいくつも。

無農薬ならではですね。

 

シュラブやブッシュも夏花を切り、さっぱりしてきました。
「後は秋花を楽しんでくださいね」とお別れ。
しっかり楽しんでおられてこちらも満足万蔵。

2018

8.2


日記

バッサリ

昨日も暑かったですね。
涼しいと思ったイコロも暑かった。
昨日は太平洋側が気温が上がったようで、そんな日もあります。

 

一週間くらい前、早朝5時頃の石山通(国道230号)の大通公園付近、全てのT字路、十字路に警察官が立っていました。
何かあったかと思い、知りたい欲望に勝てず、人の良さそうな警官に尋ねたところ、
「訓練なんですよね~早朝からお騒がせしてすみませ~ん」と。
その時はそうなんだ~と思いましたが、明日からの天皇、皇后両陛下のご訪問のためだったんですね。
なるほどですね。

 

その石山通沿いの植え込みの画。
東側の全ての植え枡が2、3日前にバッサリ切られていました。
いつもテマリシモツケがいい茂みを作っていましたが、その合間に近所の人が勝手に植えたと思われるバラやモミジもバッサリ。
どの枡も40cmほどで一様にバッサリ、水平切り。
車道脇に胸高くらいの茂みがあっては警備上困るんでしょうね。

 

今の天皇ではなく昭和天皇の話ですが、「雑草という草は無い」のお言葉は有名です。
終戦直後で草を刈る人手が足りず、当時の侍従長が、人手不足でいずれきれいに致しますからと詫びたところ、陛下は「何を言っているんですか。雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるのです。どの植物にも名前があって、それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです。人間の一夫的な考えで、これを切って掃除してはいけませんよ」といつになくきつい口調でおっしゃったという。

 

警備上の行為でしょうが、天皇が知ったらどう思われるのでしょう。
茂みの後ろに警官一人立てばいいことと思います。角地には、たごまってるのに。
何のための植え枡なんでしょうね…

 

ワイルドでいい感じだったんです。
せめぎあうバラを見るのも楽しみだったんですけどね。

2018

7.29


日記

ぎりぎりセーフ

昨日は雪の聖母園の苗畑へ。
6月中旬に植え込んでから一回も行っていなく間が空いてしまいました。
今年こそは先手でいこうといつも思っているのですが、どうしても優先する諸々ありで後手になります。

 

朝の状態。通路の草が伸び、マルチングの植え穴の中も草と競合。うーん。

 

作業後。
何とかぎりぎりセーフだったでしょうか。
施肥もして、これからの伸びに期待します。
いつも9月がいちばん伸びます。
屋外越冬で秋の施肥は禁物ですが、秋掘り上げ〜ハウス内越冬なので秋に施肥をし、伸ばします。
期待したいものです。

 

その雪の聖母園で乾かされている薪。
芸術的な積み方でいつも感心します。

 

積まれた薪の横からの画。
倒れ防止のために枝を挟んでいます。巧みですね。

 

倉庫横のコンクリートレンガも綺麗に積まれています。

 

どれも利用者の皆さんの仕事ですが、こういう丁寧な所作を見ると襟を正される思いがします。
いつもなりふり構わずに進んでいる身としては清々しい気持ちになる。

いつも静粛な雪の聖母園。場の特性もあるかもしれませんね。

2018

7.28


日記

二番花

昨日も暑かったですが30℃いってなかったんですね。
うん、風が吹けば気持良かったですもんね。

今朝も風ありで、遠くの台風の気配を感じます。

 

世の中バラは二番花ですが、あちこちでハマナシの二番花も目につきます。

 

ヒップが色づく横で再び開花。
ある意味不思議な光景と思います。
諸外国では繰り返し咲きの原種とされていますが、寒冷地型の植物、バラでこの開花性は何とも不可解ですよね。
ただ、全ての夏枝に花を付けるわけではなく開花数はあまり多くない。当然一番花に比べるとささやかです。
勝手な想像ですが、ヒップの熟度に差をつけて、実を狙うものや採られる時期の分散を図っているのではないか?目立って栄養満点のヒップ、誰でも赤く熟したものから狙いますからね。
あるいは、熟度に時間差をつけることで、天変地異からの危険回避。これは植物ではよくある話ですね。
いずれにしても、この性質があるからバラの育種材料としては使いやすいし、使ってみたくはなりますよね。連続開花性を落とさず、強健性を高められるのですから。

 

そんな中、まだしぶとく一番花で頑張っているものもあり。

 

いわみざわ公園のRosenholm。
超遅咲きですが、抜群の安定感があります。

Z6。Z4のランブラーでもなかなか枝が保たないのに、わからないものですよね。

PoulsenのCourtyard CollectionのクライマーあるいはFl。

Courtyard Collectionは40品種以上あるが、ほとんど日本には入っていない。

他の品種も是非試してみたいものです。

 

かなり頑張っていますが、さすがにそろそろ終わり。

繰り返し咲きになっているが、いつもほとんど次の花が見られない。

来週にはしっかり切り詰めてみる予定。

二番花に期待したいものです。