イコロの森

工藤敏博の植物日記

2017

12.17


日記

ダブリン湾

昨日も引き続き掘り上げたバラのポッティング。
掘り上げものは少し先が見えてきました。

 

この自家生産株はやはりつるバラが多くなります。
パテントの問題、自根での適性などを考えれば当然かもしれません。
接木の台木と異なり自根はそれぞれ個性あり、思わずJimmyさんの真似して根の写真を撮りたくなりますが、どつぼにはまるし、所詮同じ属なので差異はわずかなものなのでスルー。

 

でも、それぞれの品種を植えながら、思わずその使い方、使い場所をイメージしてしまう。
それは楽しくもあります。
規格ものではなく、(自分で選択しておいてですが)それぞれ個性的なので、これらを全部かかえてどこかでお祭りの屋台のように並べてみたくなります。
これから入る生産者の苗は除外しても、それはそれで楽しいかと。
年明けての3月には、まだ決まってませんが、マルヤマクラスやら札幌市内での講習時にはそのノリでやってみようかと思ってしまいました。

どうでしょう?

 

その前には通販でお披露目することになるでしょうが、先んじて少しポッティングしながら気になった品種をご紹介しようと思います。
慌ただしくなるとなかなかできないですからね。

 

で、今回はだいぶ前にも登場したことあるはずのDublin Bay(ダブリン ベイ)。

 

今はニュージーランド籍ですが、かつてのアイルランド時代のMcGredyの1969年作出のクライマー。
深紅の花色はあのAltissimoからのもので、New Daunの血筋でもあります。
葉を見ればなるほどですね。
枝数は多くないものの、しっかりとした枝を伸ばし、いかにもクライマー然たる樹形を作ります。
何と言っても開花性の良さ、秋遅くまで繰り返し咲き続けます。
赤花のクライマーといえば、やはりMcGredyのUncle WalterやUlmer Münsterが代表格でしょうが、自分的には渋さを感じるDublin Bayの方に惹かれます。

 

ダブリン湾、10年ほど前にアイルランドに行った時、確か車で走ってます。
アイルランドの首都のダブリン、歴史的にもイングランドとの確執やら北アイルランドの分離などのいろいろな暗い歴史があるせいか、どこか少し陰鬱さを感じた記憶があります。
そんな景色には似合う品種かもしれません。

 

ダメですね、語って行くとどこまでも長くなってしまう。
引っかけで、先ほどからダブリンのNational Botanic Gardenやらの写真を見て懐かしんでいましたが、まさにどつぼです。止めます。
そんな中から、最後にダブリン市内のどこでもあるお宅の写真一枚。
こんな中にはきっとDublin Bayはハマるんでしょうね。

 

2017

12.15


日記

あめる

今の自分のポジションです。
バラの自家生産株のポッティング、遅ればせながら先日から始めました。
左利き仕様の配置、昨日も思っていたのですが、何もかにも左手使ってるなと。

妙に左手がだるくなってると思ったら、そういうことだったんですね。

 

10月末に掘り上げた株を、ずーっとブルーシートで覆って床置きしてます。
冷温室なので、冷蔵庫並の温度を維持できれば水さえかけていれば長期間このままで大丈夫。
でも、さすがに陽が射せば室温上がり、葉毟り間に合わなかったものが少しあめてきてます。
「あめる」って使いませんかね?
北海道弁でしょうか。あめる=腐る、傷む、です。
葉が付いていてコモ巻き、少し温度が上がればあめる、外のバラと同じ現象ですね。

 

輸入の宿根草も来週頭に来ることが決まりました。
在庫株の植え替えも盛り沢山、毎年のことですがポッティングの毎日。
先日ある方から、イコロさんは温室あるから冬も温室管理で出勤しているのねって言われましたが、いやいや温室管理ではなく植物管理です。
冬籠もり、ではないですね。
今が一年でいちばん多く植物を触っているのかもしれません。

 

あめり始めた株だけ片付けたい。
頑張ります!

2017

12.12


日記

整理整頓

昨日は暖気でどこもぐちゃぐちゃでしたね。
イコロに行く朝方、北広~恵庭が事故通行止めで、何とイコロまで2時間半以上かかってしまいました。
高速も融けた雪で、あちこち冠水していてプールみたいになっていましたからね。
派手に飛ばしてやっちゃったんでしょうね。
7k渋滞、いい迷惑です。ご注意ください。

 

屋根の雪が少し減って、少し明るくなったイコロの温室、否、低温室。
入口入ってL字型に風除室になっていますが、資材類が数日前にすっかり片付けられてさっぱりと。

前の状態を見ていない方にはわからないと思いますが、一変しています。
シーズン中は怒濤の毎日で、なかなか手を付けられなかったでしょうからね。
整理整頓、いいですね。

 

昔は毎年あちこちの生産者を見て回っていましたが、ほぼ例外なく、この辺の整理整頓と生産物の出来は比例する、正の相関関係であると感じていました。
さらに経営内容にも。

 

ですね。
グッジョブ!

2017

12.5


日記

雪前の最後の剪定

今朝の札幌は、久しぶりに積雪ありで、これから雪かきです。
今回は千歳も札幌以上に降ったようで、イコロも昨日までの景色が一変していると思います。

 

まだ雪のない昨日の朝のイコロ。
冷えてましたが、-6℃くらいだからキーンって感じでもない。
キーンって感じは、やっぱり-10℃以下でしょうかね。

 

でも、朝のイコロのこの時期のシーンとした世界はやっぱり特別、他では感じられない。
いろいろこじつけられそうですが、自然の中ではなく意図して作られた庭の中、人の気配なく、そこに自分一人、そこが特別感を感じる。
すみません、役得です。

 

昨日はお馴染みレンガ壁前のMaria Lisaの剪定。
剪定といっても100%枝抜きだけ。
ボリューム、樹形、樹高は本人任せ、そういう剪定好きです。
本人の(この場合はバラですが)意図(バラの場合は特性でしょうか)をよく汲み取って、それをただ補助する。自分の趣向は決して入れない。
ランブラーは、誘引は別にしてまさしくそれしか手法がないわけだから、ランブラーのこのMaria Lisaの自立使いの剪定はその典型と思います。
ノイバラと同じですね。

 

で、剪定後の画。
あんまりわかりませんよね。
カート山盛り2台分、結構枝抜いたんですけどね。

 

その開花の画。
この当時よりは、かなり上まで花が付くはず。
ウサギに食べられなければ、ですが。
この雪で狙われそう、美味しそうなシュートですからね。
動物除けネットの効果を期待したいものです。

2017

12.2


日記

冬期剪定

昨日はいわみざわ公園。
朝向かう時、江別東から岩見沢方面は吹雪で通行止め。
冬のお決まり事ですが今シーズン初めて。幌向までは全然雪なくピーカンだったんですけどね。
24時間積雪、昨日の朝は49cm、今朝も36cm、現在の積雪深67cm、岩見沢らしくはあります。

 

そんな中、昨日のメニューはシラカンバの剪定。
一昨年、頭をぶつ切りされてしまって少しショックでしたが、こちらの打合せ不足もあり、切っちゃったものはしょうがない。
かなり反発枝が伸びて樹形を乱していたので、今のうちに樹形を整えることに。

 

事前に、本来の自然樹形とは、その頭を止めた場合の代替になる芯の必要性、枝の切り位置(branch collar、bark ridgeの意味合い、フラッシュカットはしない)やらやら、ミニ講習会。
公園時代の毎年12~2月はこの辺の冬期剪定の毎日でしたから、懐かしかった。

 

三脚脚立の上に乗る春から新加入のI君、二回コケましたが、楽しかったとのこと。家に帰って体痛いかな~頑張ってくれました。
葉っぱが茂った時に上を見上げてほしいものです。
あなたが作った景色なのですから。