イコロの森

工藤敏博の植物日記

2019

12.27


日記

レシプロソー

自分は昨日から待望の年末年始モードに入りました。
今年は春先からずーっと腰痛と肩痛が続き、だましだましで何とかシーズンは乗り切りましたが、こんなにロングランだったのは初めて。
やはり歳ですね。
で、思い切って一旦体を休ませて、来年に備えようかと。

 

今年の作業の仕事納めは、一昨日のイコロのスモークツリーの剪定。

 

その前にやったムラサキセイヨウハシバミと同様、植えてからそのままだった株はニオイヒバの垣根を有に超えて6m以上に。
昨年の台風で1株は株ごと傾き、折れてしまい、地際から切り戻すことになりました。
横張りもの、積雪が少ないので今までどうにか保っていたんでしょうね。
三脚脚立のいちばん上に立って(こんなことは絶対やってはいけませんよ)、伸びた枝をばんばん落としました。

 

新兵器が活躍しました。

 

マキタのレシプロソー。
重いのが難点ですが、やはり18Vのリチウムイオンバッテリーは抜群のパワー。
ノーベル化学賞を受賞した吉野博士に感謝です。

 

自宅の横にマンションが建つため、隣地にはみ出た枝を切るのに鋸ではやってられないので、いろいろ検討して電動鋸を購入しました。
太い幹はチェーンソーですが、10cm以下7〜8cm程度ならばんばん切れます(切れ過ぎて残したい枝も切ってしまうので注意が必要ですが)。

 

剪定には枝切り用の刃を使いますが、金属、プラ用の替刃もあり、これ一台で家や車も解体できるとはアメリカ製のレシプロソーのうたい文句(アメリカ製はいろいろ問題あるようですが)。
試しにプラものの解体に使ってみましたが、凄まじい解体音。これは住宅地では難しい。

 

でも、剪定にはもう欠かせません。
でも、重い。
肩にきました。
休み前なので張り切っちゃったでしょうか。
休養に入ります。

2019

12.24


日記

足場のてっぺん

この度サーバーを変更したので、メールやwebにいろいろ問題が生じています。
このブログも見れるかどうかもわかりませんが、取りあえずテストの意味でアップしてみます。

 

昨日の朝は寒かったですね。
岩見沢でしたが-10℃越え、日の出の太陽に日暈(ひがさ、にちうん)がかかっていました。
イコロではよく見ますが、岩見沢では珍しい。

 

どこもそうですが、まだ雪は少ない。
いつもは多い岩見沢も20cmほど。
それでこの寒さ、当然バラが心配になります。
Z7ものはヤバイですね。

 

12月に入って毎週月火、週に2日、恒例行事、色彩館のつるバラの剪定+葉毟りをやっています。
今日でランブラーはほぼ終わる予定。

 

足場、脚立、梯子を移動しながら6名で進めていますが、新しいメンバーも2年目なのでいいペースかと。
でも、自分はいつも足場のてっぺん、一度枝の中に入ったら枝をさばくまで身動きできない。
そろそろ役割交代したいものです。

 

いつもこの時期咲いているのがヒイラギナンテンのチャリティー(Mahonia x media ‘Charity’)。
本州の方には温室の中でかい?でしょうが、北国では温室ものなんですよね。
花の少ないこの時期には貴重な花木、明るい雰囲気になります。

 

今年もあと一週間、つるバラは今日を最後にして、年末年始はいろいろ予定が山積み。
いつもと違うやりたいことがいろいろ。楽しみです。

2019

11.27


日記

のたうつ蛇

昨日はいわみざわ公園、今期最後の外作業でした。
囲いは先週ほぼ終わり、この春植えたクライマーの掘り上げや、先延ばしにしていた園路沿いハマナシの切り戻しやら。
積雪0、天気に恵まれ順調に進みました。

 

先週やったつるバラの囲い。
のたうつ蛇、中華街の蛇踊りを連想してしまいます。
力業でしたね。皆さんご苦労様でした。

 

昨日やったクライマーの掘り取りは、まず枝は保たないだろうと、一年目だけハウスで養生することに。
自分が関る前にはつるバラはそうしていたよう。
半耐寒性の多年草植物の越冬みたいですね。

 

のたうつ蛇は主にランブラーが対象。
結束を外して、PP巻き巻き、なるべく積雪面より下になるように固定。
バラって耐寒性のある花木と言われていますが、暖地での耐寒性と当地での耐凍性とは全く別もの。

コルデシーさえ無防備では枝が保たないものもあるのですから。

 

取りあえずやれるだけやっての取捨選択でしょうか。
イコロのような放っておいていいバラだけとは別世界ですが、それはそれで意味があるのか、ないのか。悩ましいところです。
株の充実、年季もかなり影響することから、取りあえず先につなげたいものです。

2019

11.23


日記

「オールドローズ」編

昨日は久しぶりのイコロでした。
朝のイコロ、-3℃、無風、積雪0。
先週から雪のいわみざわ公園での冬囲いだったので、別世界でした。
もっとも今日明日は気温も上がり、どこも一回積雪0になるかもしれません。

 

一昨日は道新文化センター#4、オールドローズを語ってきました。
今回のシリーズは、栽培方法を置いて、系統ごとの違い、品種の紹介を主体にしています。
毎回なのですが、その写真を選ぶのが一苦労。
とくに今回は囲い作業の合間だったのでキツかった〜

 

でも、その時間が自分的にはすごく楽しかった。役得ですね。
やはり2000年以上もずーっと栽培されてきたオールドローズは魅力的、たかだか200年の歴史のモダンローズとは違う。

 

各系統の写真、全部で67枚でしたが、そのほとんどがかつてのGee’sで販売していたもの。
改めてやりたことやってたんだな〜としみじみ。
チャイナやティーは別にして、北海道はいろんな理由から日本でいちばんのオールドローズの適地と思っています。
きっといろんな場面にはまる。
全部オールドローズでいいんじゃないってさえ当時は思っていましたが、準備をしながら、話しながら、今回改めてそんな思いがふつふつと湧いてきたのでした。

 

その中の根源的なガリカをいくつか。

 

Catinat

 

Duchesse de Berry

 

Ombrée Parfaite

 

Sissinghurst Castle

 

次回は「北海道に適するモダンローズ」編。
これが難しい、頭を切り替えなければ。
独断と偏見でやらざるを得ません。

 

「オールドローズ」編、またどこかでやりたいものです。
野村和子さんの顔を思い浮かべながら。

2019

11.14


日記

株倒し

昨日は「嵐」の前の静けさだったでしょうか。
朝から市内あちこち、後半は年金事務所やら税務署やら街なかだけの移動でした。
何回か囲いの作業を横目で見ながら大通公園の横を通りましたが、昨日は12丁目だったんですね。
薄暗くなるまでやってました。
真面目ですね、ご苦労様です。

 

一昨日とその前日の二日間は、いわみざわ公園でのバラの株倒しでした。

 

ざっくりだが1,000株ほど、二人一組みで5組10名、正味12時間、一人換算1時間8株ほどになります。
昔のスコップ使っての株倒しの半分以下かも。
でも、なるべく根を切らないようにと「根起こし」とフォークでの作業、「株を浮かせないように落とし込む」、そんな作業なら順当かもしれません。
皆んな頑張ってくれました。

 

株倒し、昨年その年に植えた株を試験的にやってみて、やはり枝の歩留まり(越冬後の生存)が圧倒的に良い。
それで今年は方針転換しました。
囲って良い年あり、最悪の年ありで、いい加減見切りをつけた格好かもしれませんね。
モノがモノということもあり。

 

問題は年を経た株です。
昔はどこも株倒しが主流でした。
でも、切断面からのがんしゅ病菌の侵入、根の回復力など、枝は助かったものいろいろ危険も多い。
だからこそ、何とか立たせたままでの越冬をと模索して来た訳ですが…

 

テコの原理の新兵器の「根起こし」でイケるかと踏んでいましたが、ホームセンターや通販もの4種類を試しまたが全滅。爪が折れたり、柄が曲がったり。やはり、数をこなす大株対象では保ちませんでした。
やさしく、数株ならいいだろうが、ガンガンやっても耐えなければ使いものにならない。
結局今のところフォークがいちばんとの結果に。

 

来週は株倒し以外の支柱立てと、モノによってのコモ巻き。
これでイケれば大騒ぎすることはないんですけどね。
北の地でPapa MeillandやMaria Callasなんかを何事もなく育てるって本当に厄介。

もちろんルゴサは何もしなくても安泰。
いい感じの紅葉に気が休まりました。