イコロの森

工藤敏博の植物日記

2020

6.11


日記

バラ園はしご

昨日はいわみざわ公園、暑いのを覚悟していましたが、思いの外それほどでもなく助かりました。

 

駐車場入ったところの中央部の大山。
道立林業試験場作出の‘ノーストピア’。
リニューアルの際に試験場から提供を受け移植した株です。
カラフトイバラ(Rosa davurica var. alpestris )×ノイバラ、確かに納得の花と葉ですが、凄まじい樹勢です。
高さ2m以上の大山、小さい庭ならこれで埋まってしまいますね。広い場所に植えておいてよかった。

 

昨日はハマナシ類の枯れ枝抜き。

 

先ずはハマナシの園芸品種のコレクション、通称ハマコレ(誰も言ってないか?)から。
今年も2品種追加しました。なかなか難儀していますが目一杯集めたいものです。

 

この植え床に先日敷き均されたマルチング。

 

バラ園から出たバラの枝、葉、花の混合もの。100%バラだけのチップ、1年堆積もの。
葉と花は分解していますが、木質部はまだ残っています。
以前百合が原公園でも作っており、養分分析したらかなり肥料分高い結果でした。
何よりもこの混ざり感と色みがいい。
バラ園から大量に出る材料、今はハマナシだけですが、今後は他のバラにも使いたいものです。

 

帰りに寄った大通公園。
この所ほぼ毎日覗いています。

 

自分の基準品種ベティちゃん(Betty Boop)、3分咲きくらいでしょうか。
やはりどこよりも早いですね。
左のHoney Perfumeは早くも満開近い。
こんなに早咲きだったかな?
開花時期、もちろん気温の影響が大ですが、剪定の時期と程度、枝の越冬具合も大きな要因になるんだな〜と一人納得。

 

いい顔見せてくれてました。
スパイシーな香りも楽しめました。

 

バラ園、お奨めは朝方と夕方ですね。
ソーシャルディスタンスも十分に確保され、甘い香りも楽しめますから。

2020

6.5


日記

例年通り

昨日はいわみざわ公園。
ハマナシ、スコッツローズがちらほら開花。先ずは早咲きもののシーズンになった訳ですね。

 

まだ株は小さいが Rosa hugonis (ロサ ユゴニス)も開花。
Golden Rose of China、優しいクリーム色の花は何とも魅力的です。
大株になればきっと目を引くでしょうね。

 

昨日のメニューは、苗圃の植込み+オールドローズの剪定。
朝行っての苗圃の画。

 

自家生産や品種保持、養生株やら300株程度でしょうか。
段取りの良さに驚きました。
前日は手元が見える限界の8時まで、当日の朝は5時頃から苗の配置したとのこと。
前日は早朝から忌避剤も散布していましたよね。
頭が下がります。

 

ここまでやってもらえれば楽に植えられる。
植えるのは一瞬でしたけどね。

 

自宅に戻って、一昨日開花した Rosa rubrifolia (syn. R. glauca )。
一緒に植えている R. rubrifolia ‘Carmenetta’と R. rubrifolia var. mechliniae もかなり咲いて来ました。
こらら微細な差異ですが、一緒に見比べれば違いがよくわかる。

 

これからするとほぼ平年並みの開花時期かと。
人の世は一寸先は闇ですが、植物は予定調和の世界だと改めて感じます。

2020

5.31


日記

明日オープン

昨日は暑かったですね。
札幌は30℃少し手前だったんですね。

 

一昨日、昨日とイコロでしたが、久しぶりにあちこち刈り払い機での草刈り。
毎日やってれば慣れるのでしょうが、久しぶりだとやはり体にはキツい。
でも、気持ち良い日のホームグランドでの作業、精神的には気分爽快でした。

 

クロフネツツジ、まだ花が残り、朝の青空の下でそこだけ浮き上がっているように見えました。
明日いよいよオープン、この暑さでクロフネツツジは微妙ですが、今は何といっても新緑が主役かもしれません。どこを見ても元気をもらいます。

 

工事部門が最盛期で、スタッフは連日体を酷使してあちこちに出向いていますが、その中でできるだけのことをしてお迎えしようと皆んな奮闘しています。
そんな中で、昨日から道新でSachiさんの連載(隔週)が始まりました。

 

彼女らしいいい内容と思います。
現下の状況もあり、まさしく末尾の文章に植物の持つ意味を感じます。
次回以降も楽しみ。

 

自宅に戻る途中、近くのお宅のライラック。
まだまだ見れる、今年はライラックの花保ちがいいように感じます。
見事な大株に育っていますが、30年ほどの株でしょうか。
一時期濃い色ばかりが求められ、濃厚ムラサキライラックとしていくらでも売れた時期ありましたっけ。
文字通りライラック色がやはりらしいとは思いますが、濃い色も存在感がありますね。

 

自宅に戻り、物置きを覆うクレマチス モンタナ(Clematis montana var. rubens)が満開。
ランブラーローズに替えようと思っていて今年が見納めかもしれません。
去年もそう思っていましたが、どうでしょうね?
実行できるかどうかです。自宅はどうしても後回しになりますからね。

 

その他、帰り途中何箇所かでキングサリやフジも咲いていました。
自宅のハマナシも2輪開花。
いろいろありましたが、あっという間にバラの季節も目前になった訳です。

始まります。

2020

5.26


日記

今年の圃場

またまた中富良野。
今年のイコロの圃場は、昨年から関っている中富良野の施設の一角を借用することにしました。
ラベンダー畑のさらに上、見晴らしの良い畑のいちばん頂上。
日当りは抜群。
堆肥をすき込んでもらって、一昨日植え込みました。

 

再生狙いのバラ300株ほど+宿根草250株ほど。
バラは7寸鉢が多かったので、久しぶりに腰にきました。
でも、遠くの山並みを望めば気分は回復。

 

秋まで何回か行くことになりますが、一昨日は自宅から片道ジャスト2時間。
コロナで道が空いていることもありますが、やっぱり少し遠いですね。
まあ気分転換兼ねて通います。

 

札幌円山のアパートメントホテル。
オオデマリと株元のケラスチウムが満開。
白花だけ、花が終われば緑だけ。スカッとしていていい植栽だと毎年見ています。

 

ここもそうだが、この辺りはインバウンド向けの施設が次々できていました。
古いマンションを一棟ごとホテルに改修なんて所もあり。
でも、完全に思惑外れてキツいでしょうね。

 

緊急事態全面解除ですが以前とは違う状況、どこまで持ち堪えられるか。
うちも然りですが。

2020

5.20


日記

必要火急

不要不急の対義語は何でしょうね?
必要火急でしょうか?

 

昨日は中富良野でバラを植えていました。
その前は石狩で。
イコロもそうだが、毎日札幌からあちこちに出っ張ってバラをいじっている訳です。
不要不急ではないですよね?
植物は待ってくれない訳ですから。

 

十勝連峰を望む西側のダマスクローズの植床。

 

芦別岳を望む南側、山裾に富良野プリンスホテルが見えるケンティフォリアローズの植床。
現在、オイル用比較試験で71品種650株。

 

どちらも絶景。
オーナーが惚れる訳ですね。