イコロの森

工藤敏博の植物日記

2019

10.19


日記

冬前の宝もの

今日はこれから雨みたいですね。
でも明日から晴続き、高温注意報も出ているようで、いよいよ冬じまいが本格的になります。
自分も明日から冬囲い作業が始まります。
毎年恒例、冬囲い行脚です。

 

昨日はいわみざわ公園に行きましたが、秋のローズフェスタも明日まで。
昨日の岩見沢はかなり冷えて、車のフロントガラスも氷が張ったとのことでしたが、最後の花を楽しめました。
いつも思いますが、霜が何回か降りた後の花こそ絶品と思います。
作業の都合で明後日からは囲いのための丈落としが始まりますが、その前に少し切らせてもらおうと思います。
部屋の中でじっくり楽しみたい。

 

もちろん初夏の一番花にはかなわない、花も小さく株も品種によっては病害でぼろぼろ。
でも、伸びた枝先きでうつむくように咲く花は、これまでの花とは全く別ものの魅力を感じます。

 

自宅のBuck Roseの‘Prairie Harvest’と‘Folksinger’。
どちらもまだまだ蕾があります。
自宅の冬囲いはいつも最後の最後なので11月末頃になります。
年によっては12月入ってからのことも。
雪の中でやったこともあります。

 

冬囲いとしては遅いのですが、それだけ長く楽しめるとも言える。
冬前の一瞬の宝もの、それは北国だから享受できるものと思います。

2019

10.11


日記

「日曜ばら作り」

「ぴんくのぞう」見てみたいものです。

 

自分は昨日は羽幌へ日帰り。
冬囲いの講習、今シーズンの一発目でした。
秋晴れの穏やかな日、絶好のドライブ日和でしたが、片道3時間、講習2時間喋り続けのとんぼ帰り。
何もかんも忘れてもっともっと走り続けたかったが、とんぼ帰り。
しょうがないですね。

 

ボランティアの方など20名ほどが参加。
人口比で考えればどこよりも多いといえます。
旧知の方も多く、ゆるい感じが何とも心地良く楽しい時間でした。
また来年お会いしましょう!
ありがとうございました。

 

はぼろバラ園、もう秋花は見れません。
冬囲い開始してました。
早すぎるんだよな〜
来年からは少し先延ばししてもらうようお願いしました。
いろいろ都合あるだろうが、本末転倒ですからね。

 

——————————

 

最近またまた合間に家の物ものを整理しています。
何せ築70年以上の家、できるだけ2階は軽くしてしておかねば、と。耐震構造でも全くないですからね。
親の代からの物もの、本人にとっては宝ものだったんだろうな~と思しきものばかり。
そんなもんですよね。
感傷に浸るより、苦笑しながら片付けています。

 

そんな中、母親の書物類の中に結構植物絡みのものがある。

 

「日曜ばら作り」、昭和44年発行とありますが、初版は昭和34年のよう。
池田書店の実用書シリーズの32。
母親のバイブル的な本だったようで、自分も若い頃に横目で見た記憶がしっかりあります。

 

著者は野村忠夫氏、小学生の頃からのバラ好き、輸入ものの黄色のバラを入手してそれに熱中、戦後、NHK職員のかたわら日本バラ会の常務理事として鳩山一郎や吉田茂などのバラファンを集めて、バラ栽培のブームのきっかけを作った人、と著者紹介にあり。
また、キュー植物園のそばに居をかまえ、バガテルのコンクールの審査員もしていたそう。
うーん、もうバラ一筋ですね。

 

そんなことにも驚きましたが、中を読んでもっと面白かった。
「日曜ばら作り」、文字通り一年12ヶ月、毎週日曜に行うべきバラの作業が1月から12月までの順で書かれています。
今とは気合いが違いますね。真面目です。

 

「シュラッブ・ローズ」、「ミニエチュア・ローズ」、苦笑しますが分かるような気がする。
今度から「シュラッブ・ローズ」って言おうかな。

 

植え床は70cm×70cm、昔はそうですよね。80cm×80cmなんて本もよくありました。
気合いが違う。

 

巻末の「人気品種リスト」。
全部で260品種ほどの一覧。これが面白い。
あいうえお順、系統混合、ぐちゃぐちゃのあいうえお順、うーん、今では不思議な感じがします。
それに母が◯やら◎やら付けてました。
見ててすごくわかるような気がして、少し感激。
その中にElmshornなんてありでまたまた感激。

 

その本の中に数枚のチラシみたいなのがはさんでありました。それがまた面白い。

 

こんなの出していたんですね、興農園で。
「札幌市札幌駅前」、いいですね~住所なんていらないもの。
王道だったですからね。

 

「安物に注意。良いバラ苗は長年にわたる投資とお考えいただきたいと思います」(原文まま)。
いいですね~
そう、そう!と笑ってしまいました。
ちなみに、これにも植え穴は60~80cmって書かれています。

 

その最後に書かれた母のメモ。
他の部分にもありましたが、圧倒的に防除に関するものが多い。異常にマニアックに。
当時はそうだったと思います。
病虫害を克服することが何よりも重要視されていましたから。

 

今とは別世界の話なんですが、初心に返らせてもらった気がしました。

 

今度、母がいる介護施設に持っていこうと思います。
至福のタイムスリップができるかもしれません。

2019

10.9


日記

学びの秋

昨日は雨降り、気合いを入れて遠方へハマナシの採種へと思っていましたが、予定変更で自宅でデスクワーク。
この時期は当然雨が多く、予定通りにはいきませんね。

 

で、来週の道新文化センターのレジュメ+パワポをまとめていました。
先週から10~12月の月2回の木曜、昨年に続き、道新文化センターでバラの講習をやっています。

 

昨年は栽培編でしたが、趣向を変えて今年は主立った系統をじっくり、ちょっと奥深く語ることにしました。
全6回の内容は以下の通り。
①ハマナシとその園芸品種
②ノイバラとその園芸品種
③世界の原種とその園芸品種
④北海道に適するオールドローズ
⑤北海道に適する園芸品種
⑥北海道でバラを育て、使うポイント
「※変更になる場合があります。」とはありますが、生きている限りは変更はないかと。
ちょっとマニアックでしょうかね。

 

先週の1回目はハマナシだったので楽しくやれました。
土がどうだの、冬囲いはこうだの語るよりよっぽど楽しい。
それぞれの習性を理解すれば、剪定だってそれぞれのやり方でいいはずですからね。
それを抜きに栽培方法云々っていうと、頭がこんがらがる。
昨日は一日ノイバラ頭になってました。それから派生したポリアンサやフロリバンダ、ハイブリッド ムスクまでの一連の流れ、改めて頭の中が整理できました。

 

Rosa multiflora (no thorn, pink bud)

 

昨年はすぐに定員になりましたが、今回は講習室も広くなりまだ座席に余裕があります。
2回目から参加も可能なようで(1回目の分は受講料は減額されるよう、単発だけは不可のよう、入会金なども必要なよう。すみません、あまり理解してなくて…)、もし受講をご希望の方がいれば、下記道新文化センターまでお問い合わせください。きっと入り込めます。
https://doshin-cc.com/lect/detail/506

 

10月末からいよいよ越冬作業で力業の日々になると思います。
そんな中での講習は心配ではあります。でも、自分にとってもいい息抜きになるかもしれない。
そろそろ語り仕事は抜けようと思っているここ数年ですが、こんな内容なら楽しくやれます。

 

あっ、前回の講習30分オーバーしてしまいましたね(汗)
時間を勘違いしていたのですが、ハマナシだったこともあるかも。
次回から時間通りに終わります。
すみません。

2019

10.6


日記

ラグビー

寒くなりましたね。
イコロは既に何回かあったでしょうが、札幌もそろそろ朝方の気温一桁台も目前です。

 

昨日も良い試合だったようですね。
ラグビー、自分一切見ていません。
心に決めています。

 

ご存知の方はご存知でしょうが、自分、高校3年間ラグビー部のキャプテンでした。
1年の時に創部したので、必然的にそうなったのですね。
ですので、どんなスポーツより興味はあるし好きではある。
同期の輩は札幌ドームの試合は全てチケット手に入れているとのこと。

 

スコットランドに行った時には、エディンバラのマレーフィールド スタジアムを訪れました。
スタジアムには入れませんでしたが、サブグランドなど周りの芝生が素晴らしかったことを覚えています。

 

ですので、力の入りようはきっと皆さんと違うと思う。
当たり前ですが、見ながらビールは飲む、当然スコッチも進む。
翌日は絶対仕事はできないのが明白。否、W杯中はずーっと仕事にならないでしょうね、きっと。
全ての試合を見たいですから。
だからして、この度のW杯は決して見ないと決めたのです。

 

おかげ様でずーっとかかってきた計画ごとも、ほぼ目途を付けました。
昨日は今月集中する各所での冬囲いのレジュメも、久しぶりに一新。
簡単なものですがイラスト主体で、昔のバラ本を思い出してしまいました。

 

いい選択だったと思います。
全て先送りはできず、体力、気力もだいぶ衰えていますからね。

 

昨日の我が家の秋花‘Aunt Honey’、Buck Roses Collection。
Honey叔母さんって誰よ?ですが、奇をてらわないピンク花は見飽きない。
今日はいわみざわ公園に少し顔を出しますが、秀逸の秋花を見つけたいものです。
帰りに大通公園の‘Gene Boerner’を見て来ようかと。きっといい顔してると思います。

 

一次リーグ最終戦はスコットランド戦ですね。
この組み合わせはどんな試合より自分的には興味はある、が、見ません。
見たいけど見ない!!

2019

10.1


日記

現金主義

今日から10月。
本格的な秋の季節に入りますが、明日明後日は札幌では夏日になるようで、その暑さが過ぎた後でしょうかね秋は。

 

昨日も良い天気、恵庭の借りている畑で、伸びたつるバラの支柱立てをしてきました。
ランブラーのWhite Dorothy Perkinsなど、3m以上も伸びていい感じ。
宿根草類もでこぼこはありますが、エキナケアの赤花がボリュームが出て目立っていました。
後一ヶ月ほどで掘り上げになりますが、どこまでおがる(北海道の方言で成長する、大きくなる、自分頻繁に使います)か?期待したいものです。

 

さて今日から消費税アップ、軽減税率やらポイント還元やら、複雑怪奇ですね。
何故か同時にクレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコード等々、キャッシュレス化が声高にアピールされています。
カードはほとんど使わず、ポイントなんかには全く無関心、スマホも持っていない自分は全く蚊帳の外です。

 

現金主義というわけではないのですが、どうにもこの一連の動きには懐疑的です。
海外ではいちばんの現金主義と言われるドイツ、昔どこへ行ってもカードが使えず難儀しました。
JCBカードなんて、そんなの見たことないと言われ、鼻にもかけない。
今はだいぶ変わっているのでしょうが、まだまだカード普及率は低いようです。
一方、ドイツの電車や地下鉄の駅に改札がないのには驚きました。
乗車券を持たなくても乗れます。
ただし、車内で検札があり乗車券を確認して回っており(自分は一度も遭遇しませんでしたが)、もし乗車券無しが見つかれば高額な罰金を払わなければならない。

 

何とかカードやスマホで現金なくても切符を買えたり地下鉄に乗れる日本。でも、ある意味管理されてのことで、個人の意志の尊重や人を信じていないことの裏返しと思えてしまう。

何事も便利さって、本質を見失うことにつながる危うさを伴っていると思います。

 

でも、今にスマホが無ければ何にもできなくなるっていうのも現実味を帯びてきているのかもしれませんね。

うーん。