イコロの森

工藤敏博の植物日記

カテゴリー: 日記の記事一覧

2018

3.8


日記

今季一発目@マルヤマクラス

昨日から今シーズンのバラのラベルの入力をしています。
改めて昔の写真を引っ張ったり、久しぶりに一日中机の前で固まったままで、肩バンバン。

 

ついでに、先日からweb上でご案内しているマルヤマクラスの講習があることから、バラのコンテナ植えの写真あるかいなと見てみると、それが案外ない。
販売ものなどストックするのは全部ポット植えなのに、花のアップ写真ばかりなのですね。
そんな中から昔の写真を2枚。

 

懐かしくて涙が出そうになります(冗談ですが)。
一枚目はかつての自宅の玄関前。
左はポリアンサのマージョリー フェアー(Marjorie Fair)、右はランブラーのクリムゾン ランブラー(Crimson Rambler)。
かつては足の踏み場がないほど、自宅の庭でストックものの鉢植えを並べていましたっけ。
懐かしい…

 

二枚目はギーズ時代に販売していたランブラーのゲシュウィンズ シェーンステ(Geschwinds Schönste)。
あまり伸びない渋めのランブラー、お買い上げいただいた株は今も元気でしょうか?
確か宮の森の奥深い所にあるお宅に行ったような記憶がありますが、今度のぞいてみようかな。
きっとイケてると思います。ヤワな品種でないですからね。

 

マルヤマクラスの講習、今月27日(火)に1日2回やります。
昨年に続き、コンテナ栽培に絞っての内容、それはそれで面白くはあります。
地植えとは全く別な世界、やりようによってはどんなバラもイケなくはない。
こんなランブラーだって支柱をすれば咲かせることはできますからね。
玄関前など、その時に応じて移動できるので使い勝手はあります。

 

考えてみれば、販売用のバラはこの日が今季初めてのお披露目になります。

通販や店売りする前、全てが選択肢な訳で、コンテナ向きの品種を選んで各品種のいちばんいい苗を持っていこうかと。
受講された方は割引の特典あり。
各回15名限定なので、お早めにお申し込みください。
詳細はNEWS欄で。

 

今シーズン初めてになりますが、久しぶりに皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
いよいよ始まりますね、楽しみ。

2018

3.4


日記

温室の中@岩見沢

3月は大荒れで明けましたが、その後の暖気でどこもグチャグチャ、この時期らしくはありますね。
この後もまだまだ寒い日も続くでしょうが、そろそろ三寒四温で雪融けも始まる気配。

 

昨日は岩見沢、昨日もと言った方がいいかもで、このところ諸々の打合せを重ねています。
昨年末からいろいろとあり、どう保たせるかであがいています。
こうなれば徹底的にあがいてやろうかと、多少開き直りの境地ではあります。
雨降って地固まる、そうなることを期待したいものです。

 

そんな合間、温室の中に入ると気が休まります。
陽がさせば中はポカポカ、陽の光だけで前向きになれるような気がします。
モッコウの蕾もだいぶ膨らみそろそろですが、その前にも咲いてるものは咲いている。

 

クレマチス アルマンディ(Clematis armandii)、だいぶ貫禄でてきましたね。
百合が原でも一時暴れに暴れて手に余したことがありましたが、今はないんでしょうね。
ランブラー的な勢いは好きです。

 

同じく太い円筒柱を覆う満開のハーデンベルギア(Hardenbergia violacea)。
3箇所の柱を全部覆っています。
こんなピラー仕立てだけの構成も面白いかもしれませんね、にょきにょきと。
他の植物でもいくつか考えられますね。

 

ヘレボルスも今が満開。
その中のヘレボルス アルグティフォリウス ‘パシフィック フロスト’ (Helleborus argutifolius ‘Pacific Frost’)。
ちょっとウイルスっぽい霜降り葉の品種ですが、温室の中では有茎種の方がイケますね。
いろいろ集めて背丈くらいのものを見たいものです。外では絶対無理ですからね。

 

ジンチョウゲ(Daphne odora)とベニバナトキワマンサク(Loropetalum chinense var. rubrum)のかたまりも満開。
徒長していないこんもり感がいい感じ。

 

芝生もいい状態。
真冬はちょっと日光不足でいまいちでしたが、先月頃からいい緑になってきました。
誰もいなかったのでちょっと寝ころんでしまいました。
今の時期に芝生の上で寝こべるなんて、ここだけでしょうね。役得、役得。

 

そして先日播種したハマナシ、いくつか芽が出ていました。
さすが早いですね。
右往左往している人間とは違う。植物にはかなわないな。

2018

2.25


日記

rugosa播種

昨日は、昨年あちこちから採種したハマナシの播種@いわみざわ公園。
18地域×45粒=810粒ほど。
おそらく発芽率良いので、このくらいで結構な株数になるかと。

 

各地域毎に15cmポットに播種しましたが、ポット中央部は使わないのでチビポットを逆さにして空隙を作りました。
本当は素焼き鉢でやるとより良いのですが、適当なものがなく硬質ポリもので代用。
昔からやってる縁播き、バラ以外も他の花木や宿根草なんかでもやってました。
バットや鉢にばら播きすると、多くは外縁部の方が発芽率高く生育も早く、移植はどうしてもそれらが対象となる、であれば最初から全部縁だけの状態にする、そんな発想です。

 

15℃以上を保つハウス(いわみざわ公園)での作業。
イコロの習慣で厚着で臨みましたが、すぐに暑くて脱ぎ捨てました。当たり前ですよね。
それにしてもいつも震える利き手の左手、ピンセットでタネを掴む時は震えない。
ウイスキーをショットグラスに注ぐ時もそう。
何なんでしょうね?

2018

2.24


日記

モンスター

昨日の札幌は朝方積もった雪はパウダースノー、夕方は一転牡丹雪、気温によって全然違うもんですね。
少し積もったものの依然静かなもので、こんなんで終わってしまうような気もしてきましたが、どうなんでしょう?
やっぱり最後に来ますかね。

 

とは言っても自宅出入口周辺の雪山も少しずつ高くなり、雪かきに難儀するので少し融雪しました。

 

埋設している融雪機、名前をモンスターといいます。すごい名前ですね。
販売している札幌の小さい会社名がそのまま商品名になっていますが、この手のものは「融け丸くん」的なものが多いので納得はします。

 

両親がいた時に設置したものですが、向いの家も、その隣りも使っています。
いいもんだということで広まったんでしょうね。
毎年夏場に一通りのメンテはお願いしているものの、10年以上も使っているのにまず故障なし。その点は優れもの。
ママさんダンプでどんどん突っ込み、またたく間に融かします。
カタログによると最大融雪能力は8m3/h、10分間でママさんダンプ30杯分、燃料消費量は17ℓ/hとあります。
灯油が高いので微妙な数字ですが、大雪で使ったとしても5分程度ですからホームタンクの灯油の減りもそんなには気になりません。

 

でも、何か灯油や電気を使って雪を融かすのって引っかかる…

2018

2.20


日記

バラとオリンピック

昨日は久しぶりのイコロ。
到着した輸入バラのポッティングでした。

 

何故か2割弱が欠品とのこと、開けてびっくり~じゃあるまいし、送る前に言ってほしいもんだが、無いものは無いのだからしかたがない。
今回は原点に戻ってハマナシの園芸品種、ハイブリッドルゴサ(HRg)を主体にオーダーしていたのですが、欠品のほとんどはそのHRg。
それほど売れるものではなく、どちらかというとマイナーものなんですが、売れないから作る数も少なく、わずかな数でもカタログに載せちまったものかとも勘ぐってしまいます。
よくあることです。

 

そんな減数もあり、一日では無理だと思っていたましたが、15時前には終了。
自分入れて総勢5名、相変わらずの見事なチームワーク、ため息ものでした。
キリがつくのは気持よいものです。
グッジョブ!

 

by the way、世の中、やはりオリンピックなんでしょうね。
家内が見たいので横目でちらちら見てますが、正直あまりのめり込めない、諸々考えること多いこともあり、そんな時間あるなら本読みたいのが本音。
とくに冬のオリンピックって公平性に欠くと思う。
基本冬の屋外でやるわけだから当然その時の気候に左右される。
それに、全てが何がしかの道具を使ってやるわけで、基準はあるもののそれぞれ違う。
なんで同じものでやらないんでしょうね。

 

朝からこんなこと、せっかく楽しんでみている方には興ざめですね。
でもね、どうにもオリンピックは裸足のアベベが基本、と思うのです。
おじさんのたわ言です。すみません。