イコロの森

NEWS

お知らせ

カテゴリー: イコカルの記事一覧

2021

1.11


GM
お知らせ

トム・デ・ヴィッテ氏講習&ライブQ&A(2月)

Structure in the Garden

木をもっと使おう!

イギリスのガーデン・マスタークラス(Garden Masterclass)とのコラボ企画第3弾はトム・デ・ヴィッテ氏のウェビナーとなります。

.

このウェビナーは、2020年6月11日に開催された録画動画を元に、ライブQ&Aでみなさんの質問にお答えいただける企画になります。

Garden Masterclass本家の録画動画の中でも過去最多の視聴数を得ており、今回特別に日本向けに開催されます。

 

トム・デ・ヴィッテ氏は、小さなガーデンから大規模なプロジェクトまで手がける、オランダのランドスケープ&ガーデン・デザイナー。

長年培ってきた植物の知識を活かした宿根草とグラスの植栽デザインを得意とし、自然界からインスピレーションを受けた自然味あふれた空気感を生み出す。

みなさんご存知のピート ・アウドルフ氏とも数多くのプロジェクトでコラボレーションを組んでおり、世界的に活躍されています。

トム・デ・ヴィッテ氏のホームページ:こちらをクリック

今回は、ガーデンの骨組みとなる樹木やシュラブ(低木)に注目して、宿根草花壇にどのように木本を有効活用できるかについて話されます。

.

このオンライン講習は、植栽デザインにご興味のあるプロ・アマの方が対象となり、2部構成で行われます。

ウェビナーはご自分のペースで、Q&Aは後日録画を配信しますので、ライブQ&Aにオンタイムでご参加できない場合もご視聴いただけます。

.

PART1日本語訳付きのウェビナー (2月20日(土)〜3月6日(土)視聴可能)

いくつかのプロジェクトを例に宿根草と響き合う庭づくり、デザインについて分かりやすく解説。

ガーデンの中での緩急を生み出す仕切りとして、絵画のフレームのように借景として、さらに宿根草メインの植栽を引き立たせる効果について触れます。

事例の一つとして東京にある社屋の屋上ガーデンについても話します。

.

PART2 質疑応答 with トム

PART1のレクチャー動画をもとに、あらかじめみなさんのご質問を募集いたします。

27日に日本時間に優しい時間帯に、中継でデ・ヴィッテ氏にまとめて投げかけるQ&Aスタイルになります。(同時通訳つき)

 


日時

PART 1 字幕付き講習動画:2021年2月20日(土)〜3月6日(土)

PART 2 ライブQ&A with Tom:2021年 2月27日 (土) 17:00 〜

受講料:3,200円

お申し込み先こちらをクリック 

.

必要なものインターネットと Zoomをご利用いただける環境

講習の動画をご覧になるためにはアカウント登録が必要となります。手順は申し込まれた際にメールで送られます。

Q&A参加には特にアカウントを作成する必要はありませんが、Zoomアプリをお手持ちの機器にダウンロードする必要があります。なお、Zoomの技術的なサポートはこちらでできませんので、事前にネット環境や画像音声のご確認をお願いいたします。

 

当日までの流れ

①お申し込み受付完了のメールが届きます。後日、同じメールアドレスに、日本語訳付きの録画ウェビナーのリンクと、Q&AのZoomリンクのメールは別途届きます。

②2月27日までに録画ウェビナーをご視聴いただきます。2月20日(土)〜3月6日(土)の期間中、ご自由にご覧いただけますが、質問をされたい方は2月27日(土)までに一度ご覧ください。

③ウェビナーの内容について、 トムへの質問を事前に募集いたします。

質問(日本語でも英語でもOK)は2月25日(木)17:00まで info@ikor-no-mori.comへお送り下さい。

④2月27日(土)17:00〜 ZoomにてQ&A with Tom (ひとつの質疑応答につき和訳がつきます)

※事前にお送りいただいた質問に限り、また多数いただいた場合は厳選させていただきます。

⑤Q&Aの録画は公開期間限定で後日配信いたします。ライブで参加できない場合も、再度録画をお楽しみいただけます。

.

[お問い合わせ]

確認メールをお受け取りできない場合など、開催日より十分に余裕をもってお問い合わせ下さい。
E-MAIL. info@ikor-no-mori.com

 

2021

1.11


GM
お知らせ

ナイジェル・ダネット氏講習&ライブQ&A (1月)

FUTURE NATURE: GARDENS IN THE CITY

ガーデンシティの未来

本企画はイギリスのガーデン・マスタークラス(Garden Masterclass)とのコラボ企画、第2弾となります。

.

シェフィールドは、イングランド中部・サウスヨークシャー州にある工業都市。その市街地にあるシェフィールド大学は、都市園芸・デザイン・技術を融合し、デザインされた美しい植物群落の研究と実績で名高い大学です。

シェフィール大学教授のナイジェル・ダネット氏は、同僚のジェームス・ヒッチモー氏とともに、この’The Sheffield School’ of planting design(シェフィールド大学流の)と呼ばれる植栽デザインを大規模な都市プロジェクトに数多く反映されています。

代表作には2017年チェルシー・フラワー・ショー’Greening Grey Britain’やロンドンオリンピック開催時のクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク、ロンドンのバービカンセンターの屋上緑化などあります。

ナイジェルのホームページ:こちらをクリック

今回、公共空間のサステイナブルな利用方法を提唱し、豊かな生物多様性を維持しながらも一般市民にとって魅力的な空間づくり、自然を都心に呼び戻し街をガーデンシティとして想い描くフューチャー・ネイチャーについてお話しになられます。

.

このオンライン講習は、ランドスケープ デザインや植栽デザインにご興味のある方が対象となり、2部構成で行われます。

ウェビナーはご自分のペースで、Q&Aは後日録画を配信しますので、ライブQ&Aにオンタイムでご参加できない場合もご視聴いただけます。

.

PART1日本語訳付きのウェビナー (1月23日(土)〜2月6日(土)視聴可能)

イギリスの北はシェフィールドから南はロンドンまで、これまで手がけてきたプロジェクトをご紹介。

個々のプロジェクトの詳細やその背景にあるデザインフィロソフィーについて、直接講義を受けているような貴重な機会です。

.

PART2 質疑応答 with ナイジェル

PART1のレクチャー動画をもとに、あらかじめみなさんのご質問を募集いたします。

30日の夕方、イギリスとの中継でダネット氏にまとめて投げかけるQ&Aスタイルになります。(同時通訳つき)

 


日時

PART 1 字幕付き講習動画:2021年1月23日(土)〜2月6日(土)

PART 2 ライブQ&A with Nigel:2021年 1月30日 (土) 17:30 〜(約1.5時間)

受講料:3,200円

お申し込み先こちらをクリック 

.

必要なものインターネットと Zoomをご利用いただける環境

講習の動画をご覧になるためにはアカウント登録が必要となります。手順は申し込まれた際にメールで送られます。

Q&A参加には特にアカウントを作成する必要はありませんが、Zoomアプリをお手持ちの機器にダウンロードする必要があります。なお、Zoomの技術的なサポートはこちらでできませんので、事前にネット環境や画像音声のご確認をお願いいたします。

 

当日までの流れ

①お申し込み受付完了のメールが届きます。後日、同じメールアドレスに、日本語訳付きの録画ウェビナーのリンクと、Q&AのZoomリンクのメールは別途届きます。

②30日までに録画ウェビナーをご視聴いただきます。1月23日(土)〜2月6日(土)の期間中、ご自由にご覧いただけますが、質問をされたい方は30日(土)までに一度ご覧ください。

③ウェビナーの内容について、 ナイジェルへの質問を事前に募集いたします。

質問(日本語でも英語でもOK)は1月28日(木)17:00まで info@ikor-no-mori.comへお送り下さい。

④1月30日(土)Zoomにて

17:30〜19:30くらい Q&A with ナイジェル(ひとつの質疑応答につき和訳がつきます)

※事前にお送りいただいた質問に限り、また多数いただいた場合は厳選させていただきます。

⑤Q&Aの録画は公開期間限定で後日配信いたします。ライブで参加できない場合も、再度録画をお楽しみいただけます。

.

[お問い合わせ]

確認メールをお受け取りできない場合など、開催日より十分に余裕をもってお問い合わせ下さい。
E-MAIL. info@ikor-no-mori.com

 

2020

12.15


イコカル

12/27(日) オンライン 英語イコカル

イコロの森のガーデンで、毎月開催してきた英語イコカル。

今年は、オンラインセミナーとして開催致します。

.

ステイホームしながらも植物や庭の魅力をお互いにシェアできたり、遠方で参加しづらかった方など、パソコンがなくてもインターネットがあれば誰でもご参加できるようになります。

世界各国でも先の読めない状況が続く中、動画を通じてたくさんの情報共有が盛んになっております。記事の紹介のみならず、こういった動画や海外のゲストを招きながら対談する、今までとは少し違った形式になります。

.

お申し込みいただいた方には、録画されたものを期限つきで後日お送りいたしますので、当日参加できなかった場合にも対応します。

.

普段の英会話では分かりにくいガーデニング用語などを丁寧に説明しますので、初心者の方から最新の情報をゲットしたい方まで、ご自宅でお茶をする感覚でぜひご参加ください。

.

テーマと日程は都度、ウェブサイトとSNSでお知らせいたします。
ご興味のある回だけのご参加も大歓迎です。

.

月1回、英語脳を鍛えてみましょう。


スケジュール
#6 12月27日(日)Planting Design as an Artform

所要時間:10:00〜12:00 (Zoomにて)

受講料:1,500円

お申し込み:ご予約はオンラインにて、コチラから

Zoomをご利用いただける環境
講習参加にはアカウントを作成する必要はありませんが、アプリをお手持ちの機器にダウンロードする必要があります。なお、Zoomの技術的なサポートはこちらでできませんので、事前にネット環境や画像音声のご確認をお願いいたします。

.

詳細内容

イギリス中部にあるシェフィールド大学教授のナイジェル・ダネット氏に焦点を当てた講習です。
ダネット氏は、ロンドンオリンピックの中心となったクイーン・エリザベス・オリンピック・パークやバービカンの屋上緑化、シェフィールドのGrey to Greenの取り組みなど、多くの都市緑化計画に携わっており、主に植栽デザインや植生技術を専門とする。

自身の植物生態・園芸の研究もデザインに融合し、同大学のジェームス・ヒッチモー教授と共同でコミュニティー(植物群落)単位でデザインをするアプローチを研究しており、一般庶民から受け入れられる景観であるとともに都市での機能性、生物多様性を念頭に入れた’シェフィールド・スクール流’の植栽デザインを提唱している。

今回は、ローインプット・ハイインパクトな景観づくりの先端を行くダネット氏のデザインフィロソフィーなどを取り上げる。

なお、今回の英語イコカルは、1月開催のGarden Masterclassとのコラボ企画(テーマ:ダネット氏のプロジェクト)に向けての予習編となります。

*資料とZoomミーティングのリンクを前日(もしくは当日朝まで)にお送りします。

オンタイムで参加できない場合も後日再度録画をお楽しみいただけます。

 

[お問い合わせ]

確認メールをお受け取りできない場合など、開催日より十分に余裕をもってお問い合わせ下さい。
E-MAIL. info@ikor-no-mori.com

2020

11.22


イコカル

第5回 オンライン 英語イコカル

イコロの森のガーデンで、毎月開催してきた英語イコカル。

今年は、オンラインセミナーとして開催致します。

.

ステイホームしながらも植物や庭の魅力をお互いにシェアできたり、遠方で参加しづらかった方など、パソコンがなくてもインターネットがあれば誰でもご参加できるようになります。

世界各国でも先の読めない状況が続く中、動画を通じてたくさんの情報共有が盛んになっております。記事の紹介のみならず、こういった動画や海外のゲストを招きながら対談する、今までとは少し違った形式になります。

.

お申し込みいただいた方には、録画されたものを期限つきで後日お送りいたしますので、当日参加できなかった場合にも対応します。

.

普段の英会話では分かりにくいガーデニング用語などを丁寧に説明しますので、初心者の方から最新の情報をゲットしたい方まで、ご自宅でお茶をする感覚でぜひご参加ください。

.

テーマと日程は都度、ウェブサイトとSNSでお知らせいたします。
ご興味のある回だけのご参加も大歓迎です。

.

月1回、英語脳を鍛えてみましょう。


スケジュール
#5 11月29日(日)Autumn harvest recipes

所要時間:10:00〜12:00 (Zoomにて)

受講料:1,500円

お申し込み:ご予約はオンラインにて、コチラから

Zoomをご利用いただける環境
講習参加にはアカウントを作成する必要はありませんが、アプリをお手持ちの機器にダウンロードする必要があります。なお、Zoomの技術的なサポートはこちらでできませんので、事前にネット環境や画像音声のご確認をお願いいたします。

.

詳細内容

自分の庭で収穫した野菜や果物、ハーブを使った料理は格別においしいです。

庭と植物と食は切っても切り離せない深いつながりがあります。

今回は、「食」の観点から、晩夏から秋にかけての収穫物をおいしく食べるレシピのご紹介になります。今秋らしく食べたいものから冬の間も保存食としてとっておける方法など、料理のコースのように何品かご紹介いたします。

海外には魅力的な料理本もたくさんあるので、キーポイントとなる単語や言い回しを身につけて実践してみましょう。

*資料とZoomミーティングのリンクを前日(もしくは当日朝まで)にお送りします。ライブで参加できない場合も後日再度録画をお楽しみいただけます。

 

[お問い合わせ]

確認メールをお受け取りできない場合など、開催日より十分に余裕をもってお問い合わせ下さい。
E-MAIL. info@ikor-no-mori.com

2020

9.17


お知らせ
イコカル

ピート・アウドルフ氏ウェビナー / オンデマンド配信

オンデマンドの動画として配信中。

(レンタル期間:30日)

 

以下のリンクよりアクセスください。

ブロック、マトリックスとスキャッター植栽:ピート・アウドルフの創り出す世界(日本語字幕付き録画)

※講習の詳細につきましては以下をご参考ください。

(2020年10月24日開催)

 

ブロック、マトリックスとスキャッター植栽 :

ピート・アウドルフの創り出す世界

Block, Matrix and Scatter – Piet Oudolf on Perennial Spatial Relations

常に進化しつづけるデザインと植物の組み合わせは、アウドルフ氏のデザインの画期的かつ大きな魅力のひとつです。

芸術性に富んだ宿根草(しゅっこんそう)の植栽デザインについて、世界有数のガーデン&植栽デザイナーのピート・アウドルフ氏から直接学べるチャンスです。

このオンライン講習は、植栽デザインにご興味のあるプロ・アマの方対象となり、2部構成で行われます。

.

PART1日本語訳付きのウェビナー (10/18〜10/31視聴可能)

群植するブロック・プランティングを比較対象に、より複雑に混ざり合うマトリックスの組み合わせや、‘スキャッター’ と呼ばれる象徴的な”見頃“がある植物を用いた3つの植栽手法を取り上げます。

図面からどのように現場で位置出しや植物の配置が行われるか、庭が完成するまでの作業風景が垣間見える貴重な機会です。

.

PART2 質疑応答 with ピート

24日の夜、オランダからの中継でアウドルフ氏にみなさんの質問に答えていただくQ&Aとなります。

事前に日本語で質問を募集いたします。

 

本企画はイギリスのガーデン・マスタークラス(Garden Masterclass)とのコラボ企画となります。2020年6月30日に開催されたウェビナーを今回 日本語字幕付きの動画としてご提供し、10月24日にはアウドルフ氏ご本人にQ&Aに参加いただきます。ウェビナーはご自分のペースで、Q&Aは後日録画を配信しますので、当日ご参加できない場合もぜひご参加ください。

講習詳細:https://www.gardenmasterclass.org/online (英語)

 


日時

PART 1 字幕付き講習動画:2020年10月18日(日)〜31日(土)

PART 2 ライブQ&A with Piet:2020年 10月24日 (土) 18:00 〜(約1.5時間)

受講料:£25 (およそ3,400円)

お申し込み先:オンデマンドのレンタルはページ頭のリンクをご利用ください。 

ウェブサイトでの申し込みの手順は、一番下までスクロール

.

必要なものインターネットと Zoomをご利用いただける環境

講習の動画をご覧になるためにはアカウント登録が必要となります。手順は申し込まれた際にメールで送られます。

Q&A参加には特にアカウントを作成する必要はありませんが、Zoomアプリをお手持ちの機器にダウンロードする必要があります。なお、Zoomの技術的なサポートはこちらでできませんので、事前にネット環境や画像音声のご確認をお願いいたします。

 

当日までの流れ

①お申し込み受付完了のメールがガーデン・マスタークラスより届きます。日本語訳付きの録画ウェビナーのリンクと、10/24のQ&AのZoomリンクのメールは別途届きます。

②24日までに録画ウェビナーをご視聴いただきます。10月18日(日)〜10月31日(土)の期間中、ご自由にご覧いただけますが、質問をされたい方は24日(土)までに一度ご覧ください。

③ウェビナーの内容について、ピートへの質問を事前に募集いたします。

質問(日本語でも英語でもOK)は10月24日(土)17:00まで info@ikor-no-mori.comへお送り下さい。

④10月24日(土)Zoomにて

18:00〜 Q&A with ピート(英語)

※その場でチャット機能を利用してご質問いただくことも可能ですが、事前にお送りいただいた質問を優先いたします。

18:30頃〜19:15頃 Q&Aの日本語訳

⑤Q&Aの録画は公開期間限定で後日配信いたします。ライブで参加できない場合も、再度録画をお楽しみいただけます。

.

[お問い合わせ]

確認メールをお受け取りできない場合など、開催日より十分に余裕をもってお問い合わせ下さい。
E-MAIL. info@ikor-no-mori.com

.

■申し込みウェブサイトでの手順