イコロの森

イコログ

2018.2.4Root File

ルートファイル再開。


今日からルートファイル作成復活します。

 

Roots File 21. Nepeta subsessilis ‘Pink Dreams’ ネペタ スブセッシリス ‘ピンク・ドリームス’

やや大きめにこんもり茂るネペタ スブセッシリス(ミソガワソウ)のピンク花の品種。

 

Roots File 22. Origanum vulgare オレガノ

しっかりと根が張り、グラウンドカバーに最適です。茎を伸ばし花を咲かせますので、あまり歩いたりしないところで使った方がいいかもしれないです。花を気にしなければ、踏んでも大丈夫と思いますが。丈夫で育てやすく、香りもよく、花もよいので芝生ほど手はかけられないけど、なにか緑で整備したい、という場所にはこの一種類だけでも修景効果が高く、上手に使いたいです。

↑イコロの森のオレガノの花壇。アリウムのシードヘッドと。

 

Roots File 23. Paeonia ‘Buckeye Belle’  パエオニア ‘バックアイ・ベル’

 

Roots File 24. Paeonia lactiflora ‘Jan van Leeuwen’ シャクヤク ‘ヤン・ファン・レーヴェン’

太い根から、細くてきれいな根が出ています。土と一緒にほぐれやすいので、あまりいじらないほうがいいかもしれないですね。大変フレッシュですので、株分けや移植はこの根が伸びる前の秋に行うのが良さそうです。北海道であれば9月くらいですかね。くさもみじも美しいです。

 

Roots File 25. Penstemon digitalis ‘Dark Towers’ ペンステモン ディギタリス ‘ダーク・タワーズ’

ピンク花の人気種。冬もこのように地面に張りつくように葉が残るので、それらは刈り取らないようにしています。このような葉は、秋以降遮るものがなくなってから地表に届く光と、冬期間でもわずかな地温を利用して効率的に光合成をおこなっています。北海道でも、積雪の直前までと雪解け直後から活動できると思うので、ほんの少しでも植物の成長を助けるという点では意味があると思いますよ。草姿が美しく支柱なども必要ないので、花壇に使いやすいです。赤みがかった葉も、花後の結実も観賞価値が高く、長期間楽しめる種類として重宝しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA