イコロの森

イコログ

カテゴリー: UKの記事一覧

2021

1.29


UK
ナーサリー
告知
日記
コメント0

【まだ間に合う】Nigel Dunnet氏のQAライブは明日&バービカン訪問時の写真UP

今日は雪。

温室での作業を終えるころまでほぼずっと、降り続きました。

日中にこんなに降り続いているのは、今年はめずらしいですねえ。

今日は一人作業日。スタッフ出社まで少し間があるので、宿題は残さず、解体→植え込みまで一人で進めておきます。

今日の成果。

ちょっと少ないけど、まあ、こんなもんでしょう。

【お知らせ&バービカンの写真】

さて、明日はいよいよNigel Dunnet氏の講習第二部が開催されます!

イギリスと中継、ご本人登場によるQAセッションが行われます。すでに多くの方に配信講習をご覧いただき、ご質問もお預かりしてます!まだ講習ご覧でない方、明日の朝(1/30・8AM)までチケット購入できますので、急いでご購入ください!

https://ikorhouse.shopselect.net/items/38038214

(明日、ライブでご覧になれない方も、後日録画版をご覧いただけますので、ご安心ください。なお、録画版もこの度のチケットご購入いただいた方のみ限定となりますので、ご注意ください。)

(リンクの送信はすべて手作業で行っております。本日ご購入の方にも明日の朝9時までには送信しますので、しばしお待ちください。)

ということで、講習に登場した現場の中で、私が唯一見たことがあるバービカンの写真をUPしておきます。撮影は、2019年3月1日。どうぞっ!

まさに刈込を順次進めている途中、って感じでした。ガーデナーもいましたよ。Wheel Barrow(ねこ)がかっこいいですよね。勉強熱心な皆さんは冬のこれらの写真にも興味を持ってくださると信じて、UPしました。さらにもっと深堀りしたい方には、本の購入をお勧めします。今手元にないが、確か、コンセプトから、植栽図、デザインの過程についても書かれていたような気が。。。します。もちろん、具体的な植物名も。読んでからこの写真見ると、ふむふむ、ここがそれね。となりますよ。

それにしても、再びこんな風に自由に現地を見れるようになる日が来るんだろうか。。。最近は行ったことがある旅先をただただ散歩しているような動画をYoutubeで漁って、旅行できない’もやもや’を浄化している日々です。テレビの旅番組みたいに編集されてないところが、自分で散歩してるみたいで浸れるんですよねえ。

【おまけ】

昨日ブログアップするときの文字認証⇓

こわっ。

もっとポップなフォントで言ってほしかったです。

2019

4.5


UK
日記
コメント0

London散策5 食べ物編

イギリスで食べたもの紹介。イギリスはおいしい物が多いんですよ。

E5 Bakehouseのアーモンドクロワッサンとフラットホワイト

Borough Market のギリシャのスープ

キャロットケーキ(Borough Market)とMonmouthのコーヒー

Climpson & Sons フラットホワイト

Beigel Bakeのソルトビーフベーグル

ハロッズのフレッシュジュース

パブで食べた スズキとニョッキ

Costaのシナモンバンとカフェモカ

パブの ラム肉とローズマリーのパイ

Dixterで作ってもらった デンマーク風パンケーキ

ベジタブルムサカとガーリックブレッド & ギネス

ベリーのクランブルとカスタードソース

ラザニアとガーリックブレッド

朝食

まだまだ一杯食べたんですけどね、フォーとか、カレーとか、フィッシュアンドチップスとか、中華とか。

まあ、迷ったらカレーを食べておけば間違いないです。

次回からポルトガル編。お楽しみに。

2019

4.3


UK
日記
コメント0

London散策4

あの、ピーターシャムナーサリーがコベントガーデンに進出していましたよ。気軽に行けますね。ショップとレストラン、デリがビルの後ろ側でつながったコートヤードでは食事も楽しめるようですよ。ザ・おしゃれ。です。

Petersham Nurseries, Covent Garden

そして、クリフトンナーサリーでは、緑のディスプレイがいいなと思いました。

探していた物は見つかりませんでした。

Clifton Nurseries

2019

3.31


UK
日記
コメント0

London散策3

■Brixton

 

今までいったことのない街、ブリクストンへ。

Brixton Villageは色んな国の香りや雰囲気がするマーケット。数あるロンドンのマーケットの中でも、南国風の果物とか料理とかがあって、ちょっと違った空気感が楽しめました。

かつては治安の心配がされたエリアですが、最近ではシティで働く意識高い系のビジネスマンなどが週末を過ごしたり、家を探したりするようになっているらしいですよ。ロンドンはこんな感じで再開発が進み、かつて人が寄り付かなかったエリアが、いつの間にか流行りのエリアに変わっている、というのを見ますが、全体的に治安が良くなっているのか、それとも元々この辺で楽しんでいた人は今どこに行っちゃったのか、などと考えました。

 

ブリクストンビレッジ内の園芸屋↓

かっこいい。

 

近くのPOP Brixtonという場所は貨物コンテナで作られた複合施設。こちらも各国の食事が楽しめますが、この時は腹いっぱいだったので眺めただけ。

2019

3.20


UK
コメント0

ロンドン散策2

■Horniman Museum & Gardens

 

友人の案内により訪れたホーニマン博物館&庭園。

あとで読んだガイドブックによると、「茶葉の豪商であったフレデリック・ホーニマンが世界中から集めた自然史標本や楽器など、35万点以上が収蔵された博物館」です。外部には庭園あり、結構広いです。

 

今年リニューアルされた花壇はこんな感じ。植えたばっかりだから植物の配置がよくわかります。最近のムーブメントを反映した植栽ですね。

 

こんな花壇もあれば、薬草園も見られます。そして、例えば染料につかわれる植物を集めた花壇や、様々な道具や楽器、紙などに利用された植物を集めた花壇なんかもあって、「博物館の庭」らしいテーマでおもしろかったです。

 

いろんな施設に庭って作りますからね。今後のヒントになりましたよ。

 

さて、ここはロンドンの中心部から随分南に位置しますが、丘の上にある街なので、天気の良い日はロンドンの高層ビルを遠くに眺めることができるビュースポットでもあります。

まあ、この日はこんな感じでした。