イコロの森

イコログ

2020.5.13日記

青バケツ活け


お客様の所での作業が続いています。樹木の剪定は、本来はその樹種に適した季節がありますので、継続して管理に入らせていただいている庭ではそのようにしますが、突然剪定を依頼された場合、「え、これから咲くのに、いいんですか?」ということが、結構あります。樹木のタイミングと、私たちのタイミグが違う場合はしょうがないです。「切りたい時が、切り時」というのもあるのです。

そんなときは剪定した枝を頂戴してしばらく自分で楽しませてもらっています。去年はスモモの枝を楽しみましたが、今年はこちらです。

かっこいいバケツがあればよかったですが、ないし、今は休園中。自分たちだけのお楽しみなので、よいでしょう。本当は数本、家に持ち帰ろうと思ったけど、作業中、軽いアレルギー症状が出てしまったので、自分ん家に飾るのは危険だなと。

ポットディスプレイのスイセン。

Narcissus bulbocodium ‘Golden Bells’

これは園芸種で色も鮮やか、ちょっと花も大きめに見えますが、Narcissus bulbocodiumを見ると、イギリスの春を思い出します。まだちょっと肌寒い感じの。鳥の鳴き声も聞いていると、ほんとそのままフラッシュバックします。あの時いいなと思ったのと同じ空気感のなかにいるんだなーと、よかったなーと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA