イコロの森

イコログ

2020.3.4日記

温室の花


冬の前半は雪がない、雪がないと言っていましたが、ここにきて、最近普通に降りますね。屋根に程よく雪が乗り、気温も少しずつ上がってきているので、温室とはいえゼロ℃設定のボイラーはここ数日まったく稼働せず、日も当たらず、ややサムです。

でもここに至るまでの陽気のおかげもあり、温室内では春の花がぽつぽつ開花しております。癒されますね。

Helleborusの実生

どんな花が咲くかわからない、実生のヘレボルス。とりあえずこのポットではきれいなピンク色の八重が咲きました。他のポットではどんな花が咲くのか、楽しみにしています。

Primula vulgaris

Hepatica transsilvanica ‘Blue Eyes’

Pulmonaria ‘Sissinghurst White’

ディクスターのメスルームにて、誰かが雑誌を読み上げ、「世界で最も美しい庭の一つ、シシングハースト」というと、誰かが「誰が言ってんだ、こっちの方が美しい!」。もちろん、ディクスターも同じように形容される庭。どっちも素晴らしいですからねぇ。ということで、このプルモナリア ’シシングハースト・ホワイト’は今年のおすすめの一つです。

〈おまけ〉

若年層が知らぬ間に感染を拡大している可能性が高いというので、40代は若年層にはいれてもらえないらしいが、一応気を使ってみてます。さすがにここでは必要ないかと、事務所に帰るときに装着するため、とりあえず干す。貴重ですからね。まさに10年以上前からある弊社の備蓄が掘り出されました。助かってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA