工藤敏博の植物日記

工藤敏博の植物日記

2017.2.17日記

ガーデンの状況


昨日は久しぶりにガーデンを覗いてきました。
そろそろ堅雪になってきたものの、やはりまだスノーシューでなければ入れない。

 

DSC06120

例年に比べて雪が多く、あちこちシカやらウサギやらの足跡がいっぱいなので、ローズガーデンの動物除けのネットがどうなっているか心配でした。
少しは形跡があるものの、囲いの中は他に比べれば圧倒的に少ない。
場所によってはやはり雪に押されて下に引っ張られている箇所がありますが、効果的であったと判断できます。
この手で決まりですね。
冬囲い無し、でも囲いネットはあり。

 

DSC06128

中が覗ける4箇所の出入口、そこに見事に足跡が集中しています。
立ち止まって「うーん」と言っている様が想像できる。

 

DSC06126

大雪の後、遠目でかなりヒバの枝が引っ張られていたので、そろそろあちこち結束して戻さなければとも思っていましたが…
何と、これも上方の枝は何事もないように戻っていました。
細い枝が5、6本引っ張られていましたが、雪から出れば戻るかもしれないし、この程度なら切っちゃっても問題はない。
取りあえず、よかった、よかった。

 

DSC06133

このところイコロに滞在してるオスカー君。
昨日も新たな仲間、いぶり自然学校の方々がチェーンソーで倒したかかり木を黙々と運んでました。
昼休みに干し草をがっつく画。
腹減りますよね、ご苦労様でした。