イコロの森

イコログ

カテゴリー: ガーデンの記事一覧

2019

9.16


ガーデン
日記
コメント0

初秋の香

昨日は札幌のビッセで店番してました。大通公園はにぎわってました。

自分は出店の小さな影でせこせこと植栽図面を書いておりました。すいません。狭いスペースにすっぽり収まり、はかどりました。

.

イコロの森では、ボーダーを歩くとアクタエアの甘い香りが。

Actaea simplex ‘Brunette’

満開。香りがすごい。そして蜂と蠅もすごい。皆さんお気を付け下さい。

.

この香りをかぐと、秋が来てると思います。そういえば久しぶりに金木犀の香りをかぎたい。本州にいたときはちょっと強めだなと思ったこともありましたが、どんなだったか、具体的に思い出せないっすね。

.

さて、一日空けて出勤した今朝。イコロハウスでは、もうひとつの初秋の香。球根の香り(ネギの匂い)が充満しておりました。秋植え球根、続々入荷中ですので、イコロハウスまでお越しください!

.

初秋の庭もお楽しみください!

.

Perovskia atriplicifolia
Geranium soboliferum / Fuchsia magellanica
Succisa pratensis / Astilbe chinensis
var. tawquetii ‘Superba’
Border
Symphyotrichum novae-angliae ‘Herbstschnee’ 
Fuchsia magellanica

2019

9.5


ガーデン
コメント0

新鮮

昨日の夕方、一人ガーデンを散策していると、整形ガーデン(ローズGとホワイトG)の周辺の大木から大木へと移動するクマゲラを見ました。アカゲラはたまに見ますが、クマゲラはイコロで初めて見ました。いやぁ、なんかよかった。かっこいいっすね。

.

どうやら、シマエナガもちょいちょいいるようで、自分はまだ発見できていないですが、双眼鏡を常備しておこうかと思う今日この頃です。

.

さて、ロッピス中のガーデンツアーの時、アイリスのシードヘッドを、小さな女の子が「なんかポテトみたい。」と言いました。

こんがりあがってます。 マクドタイプの細いのが好きですが、 こっちのタイプのポテトもいいね。フライドポテトは大好物です。

.

そんな感じで、10年いるイコロの森も、未だ色々新鮮です。

.

確実に秋に向かうイコロの森ですが、秋と言えば芸術の秋。ガーデンカフェ「チセ」のアートも変わりましたよ。お食事がてらに、ぜひご覧ください。

そして、ロッピスが終わったイコロの森では「イコロの森 ミーツ・アート -森の野外美術展‐」を9/21から開催します。より多くのみなさんに現代アートの魅力を知って頂くことを目指して、今年初めて開催します。テーマは「共生」Symbiosis。ガーデンとともに、野外アートに触れられます。ぜひ、秋の庭と芸術をお楽しみに。

2019

6.28


ガーデン
日記
コメント0

よこせよ

先日、ブログの管理ページに入るための画像認証のひらがな4文字が「よこせよ」だった。おっかないですねえ。

.

さて、先週末は大通12丁目公園バラ園で宿根草の販売。見ごろのバラ園を見られて役得であります。

大通12丁目公園(2019/06/23)

伝統的な形式のバラ園。都会の真ん中にこんなんがあるんですよ。ヨーロッパみたいでいいですよね。


大通12丁目公園(2019/06/23)

昨年植えた、Nepeta ‘Walker’s Low’もAlchemilla mollisもほどよく成長し、バラと調和しています。奇をてらわない、定番品の安心感です。それにしても、ボランティアの皆さん熱心で、本当に素晴らしいです。この場所が好きだからこそ、いいところ見せたいという気持ちが伝わります。

.

それから、現場で植え込みやら、現場やイベントの残りの事務仕事を片付けて、休みをとって散髪やらして。ようやく本拠地イコロの森で作業をしましたよ。どこで作業をしてても、こうなるといい、ああなってほしい、こここうしたらどうなるんだ、と想像しながら作業するのは楽しいんですけど、やっぱ本拠地でしょう。こんなに楽しいことをやってんだなーって思います。

.

ということで、今週のイコロの森です。

Paeonia ‘Buckeye Belle’

毎年ちょっとずつ花数が増える喜び。去年の秋は、ひさびさに(本当は毎年やらないとですが)堆肥を追加できたので、その効果もあったのか、こういうものなのか、随分花も増えましたよ。

濃い赤がかっこいいです。

.

Paeonia lactiflora ‘Jan van Leeuwen’

白花種も花数増えました。オレンジ色のGeum ‘Totally Tangerine’と明るい組み合わせです。白+オレンジは高校時代のジャージ、さらにさかのぼると小学校時代の体操服と同じカラーリングなので落ち着きます。うそです。あ、ジャージと体操服の色はほんと。

.

ドライガーデン

ドライガーデンは引き続きネギ祭りが開催中です。

.

ホワイトガーデン

Gillenia triforiataGeranium sanguineum ‘Album’は、この時期、ホワイトガーデンの入り口近くで皆様を出迎えております。

.

Rosa ‘Scharlachglut’ (G)
Rosa ‘Splendens’ (G)

イコロの森のローズガーデンはいま、こういうバラが咲いております。スーパースペシャルです。

.

週末、雨は落ちなさそうです。ぜひ、いましか見られないバラ、草花を見に来てください。

そしてそして、来月7/20-21は、自前イベントの開催です。ガーデンカフェ「チセ」とタッグを組んで、頑張ります。クドウとガーデン散策できます。我々と一緒に庭の写真を撮り歩くマニアックツアーもあります(だれか参加してね)。英国の夏の定番の酒、「PIMM’S」も飲めます。朝食特別メニューあり、あさ市あり。他にもたぶんいろいろやります。予定をあけておいてください。とりあえず、ざっくりした情報はこちらです⇒イコナツ

2018

10.20


ガーデン
告知
コメント2

2℃

今朝も気温は2度。

朝は快晴で気持ちよかったです!

 

今日も神様ご降臨でございます。

シャリーン。ww

 

 

明日はローズトレーニング 最終回です。

この時期ですので、冬囲いです。一口に冬囲いといっても、いろんな考えや条件のもと、最適な方法を選びます。10年を振り返りながらの講習ですから、きっとその辺りのヒントも得られると思います。ご自身の庭の条件や、植栽年数などから、どんな冬囲いが今年はベストなのか、探りにいらしてください!

ちなみに、明日の受講者向けランチは以下からお選びいただきます。

A:ローストポークのサンドイッチ(ドリンク付き)

B:サンマとタラのグリエ(パンorライスとドリンク付き)

シェフのランチも今月いっぱいですから、この機会にぜひお楽しみください!

 

「ローズトレーニング 10th anniversary」

 

[日程] 10月21日(日) 20年目への冬仕度

※今回は冬囲いの基本、つるバラなどの囲い、株倒しの方法など、冬囲いに焦点を当ててお話しします。

[時間] 10:00~15:00 ※ランチ含(ランチには工藤も同席いたします)

[定員] 30名

[受講料] ¥4,000-(ランチ代・年間パスポート代含む)

※事前に年間パスポートをご購入の方は¥3,000となります。受け付けの際ご提示ください。

 

[お問い合わせ・お申込み]

イコロの森

TEL: 0144-52-1562

E-mail: info@ikor-no-mori.com

2018

10.17


ガーデン
告知
日記
コメント0

それぞれの朝がある

今日はぐんと気温が冷える予報だったので、晴れる朝の庭の様子が見たくていつもより2時間早く出社。まだ霜は降りていませんでしたが(芝生や枕木などは少し凍ってました)、朝の気温は2℃!カメラを持つ手はどんどん冷えていきましたが、なんだかんだで2時間ずっと庭で散歩してました。楽しかった。ここに来て9年目、飽きないもんだなー、と思います。

 

さて、途中、シェフに遭遇すると、コーヒー入れてガーデンまで差し入れしてくれました。あったかかったー。そして、散歩を終えてレストランへ戻ると、シェフは一人、パソコンに向かい、ギターをかき鳴らしまくっておりました。朝練だそうです。頭にタオルを巻いたその後ろ姿はまるで長渕剛でした。が、盗撮失敗。

 

それぞれにそれぞれの朝がある。そう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてローズガーデン。

 

今週の日曜日は「ローズトレーニング 10th anniversary」

詳細は以下の通りです。

 

[日程] 10月21日(日) 20年目への冬仕度

※今回は冬囲いの基本、つるバラなどの囲い、株倒しの方法など、冬囲いに焦点を当ててお話しします。

[時間] 10:00~15:00 ※ランチ含(ランチには工藤も同席いたします)

[定員] 30名

[受講料] ¥4,000-(ランチ代・年間パスポート代含む)

※事前に年間パスポートをご購入の方は¥3,000となります。受け付けの際ご提示ください。

 

[お問い合わせ・お申込み]

イコロの森

TEL: 0144-52-1562

E-mail: info@ikor-no-mori.com