イコロの森

イコログ

2018.3.4日記

第二弾


陽が射すと温室の中は随分暖かく、朝晩は真冬並みの気温でも春が近づいているんだな、と先週は明るい気分にもなったのですが、大きな嵐が来ましたね。嵐の後、再び温室には雪が乗っかり、外の気温は上がっているのに、温室内はまた冬に戻ったような感じさえします。ただ、室温は安定するので、ドアや窓を開けたり閉めたりしなくて済むので、楽といえば楽です。

 

そんな温室に、昨日オランダからの宿根草苗第二弾が到着しましたよ。

 

第二弾は少量なので、植え込みも一日で終わるといいなと思っております。

 

在庫苗の手入れは今、日かげ部門のHあたり(=ホスタ)をしております。とうぜん、オランダ苗の植え込みが終わればまたそちらにかかることになりますが、少しずつゴールが見え始めています。そうでないと。もう3月ですからね。

COMMENT(2)

  1. from
    槇坂 一男(70歳)

    春の大嵐の後、本日はお天気も良く、気温も上がり
    春が来たを実感しています。苫小牧もだいぶ雪が降ったのですね。この春の嵐が過ぎるといよいよ本格的な春の到来ですね。天気予報も雪の予報から雨の予報に変わりましたね。あと雪が消えるのが待ち遠しく思います。はーるよ来い。はーやく来いですね。

    返信
    1. from
      高林

      ありがとうございます。少しずつ春になってますね。準備も少しずつあわただしくなります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA