イコロの森

ガーデン日記

2022

8.16


イベント
コメント0

盆フェス

大きなハルニレの木の下で、輪になって踊りましたよ。

やってみてわかったことがたくさんありました。

子供ころより何となくやってたと思ってた盆おどり。

先生のご指導を受けると、なんか思ってたのよりちょっと複雑だった。

そして、うまい人の踊りは、全然違った。。。

盆踊りの輪を遠巻きに見ていると、うまい人ってやっぱり突出しているなぁと。

そして、輪が小さいので、グルグル回ることとなり、結果すごい運動量で、踊り終わりに私世代はみんなゼイゼイ疲れ果ててたこと。

民謡の歌い手が、3人ともアイドル的に可愛らしい女の子たちだったこと。

そして、合いの手ですら、すごい声量で無茶苦茶かっこよいこと。

そして生歌、超絶かっこよかった!!!
演奏中にカフェの建物内に入ったら、三味線と横笛で壁がビリビリしてるくらいの音量で驚いた。

民謡とガーデンってどんな感じなんだろう?と予想もつかなかったけど、本物はジャンルとか関係ないんだなと思いました。

素晴らしい演奏と歌、しかも踊りのご指導までいただいた皆様、どうもありがとうございました。

サバ缶の美味しさを教えてくれたスナック「とんちんかん」のみなさん、どうもありがとうございました。

最後に、盆おどりにご参加いただいたみなさまどうもありがとうございました!!!

もしかしたら、また来年お会いしましょう。

2022

8.8


徒然日記
コメント0

遠い国じゃない。

ガーデンの植物たちは、すっかり秋の雰囲気が濃くなってきました。

今日は雨の予報だったので、屋内でできる作業を昨日のうちに段取りしておきました。

そして、一向に降らない雨。。。

ほんっっっとっ、最近の天気予報はあてになりません。

これなら外で作業できたじゃんね。

温室の中で、球根の大掃除をしました。

スッキリ。
今年は、コロナに加えてウクライナ情勢により、球根の価格が高騰しています。

数も十分に揃うかどうかハラハラしています。

なので、掘り上げた球根も大切に使おうと思います。

これアリウム’グローブマスター’の球根。

虎杖浜のナチュの森にたくさん植えてあり、小さなお子さんにもかわいがってもらっているのですが、今年は頑張ってすべて掘り上げました。

指をあててる方が本来の大きさで、隣が植えて4年経って分球して小さくなったものです。
普段なら植えっぱなしで継ぎ足しとなりますが、今後どうなるかわからないので、掘り上げて、分球しているものはちゃんと離して、また植え直して成長を促すことにしました。

とりあえず、10月まで保管です。
球根の価格上昇 or 労力のバランスとを真面目に考えなきゃですね。

毎日のようにニュースで報じられいるけど、どこかで遠い国のことと思っていたことが、自分の日々にかかわっています。

台湾なんて、すっごく近いし。

ギターをかき鳴らしながら歌ったりはしないけど、戦争は良くない。

2022

8.1


イベント
コメント0

楽しかったねロッピス。

雨の日が続きますね。

芝生に潅水しなくて良いのは助かりますが、せっかく咲いた(少ない)花が傷むので、ほどほどにしてほしいなと思います。

先週末に開催されたロッピスでも雨に祟られました。

コロナのこともあるので、何とか外での開催をできないかとギリギリまで粘りましたが、結局、物販は室内となりました。。。

潰れたダッチ温室から引っ越した荷物や苗がぎっちり入った状態からの片づけだったので、「やっぱり温室で~」となったときは、白目になりました。

スタッフみんなで滝汗かきながら頑張りましたよ。

後日談としては、夜家に帰ってみたら上半身がものすごいブツブツに。。。ちょうど皮膚科に行くタイミングだったので、見てもらったら「毛虫だね~」と先生失笑でした。首がチクッと痛かったから払ったんだけど、それが服の中に入っちゃってたのですね。もう埃なんだか虫なんだか汗なんだかわけわかんない汚れっぷりでしたからね~。

ギリギリでいただけたチムチムさんのカレーと、飛行船のピザと、カモメのかき氷美味しかった~。

2日目は、もう何も食べれないかとヒヤヒヤでした。

ジミさんが、駐車場の誘導で地獄の苦しみを味わっていた時間帯には、10周年記念の「ウクレレラジオ体操」を満喫しました。

体操の間違いを直してもらって45分間の体操は、身体があちこち伸びて気持ち良かった。
あさのさんのウクレレも最高でした!!!

ロッピスでは、久々に会える遠方の出店者さんとおしゃべりするのも楽しいのですが、友人知人に会えるのもうれしいです。

イベントとかの理由付けがあると、良いきっかけになるのでしょうね。
今年は殊更たくさんの人にご挨拶できました。

来てくれて、声掛けてくれて、庭を見てくれて、ありがとうございます!

次回は10月。

お楽しみに~。

2022

7.19


徒然日記
コメント0

学芸員ごっこ

梅雨なんでしょうね。
蝦夷梅雨なんて言ってないで、もう潔く認めましょう、これは梅雨ですよね。
そんなグズグズ天気の毎日を送って、バラの短すぎる見ごろが終わろうとしています。

今年の春は雨が少なかったお陰でチューリップが傷まないで長く楽しめたのですが、バラは苦戦しています。

とは言え、今すごく可愛らしくヒラヒラと花弁を揺らすバラが誘引されているのは、新しく新調されたパーゴラです。

今年の大雪で折り紙のようにパタッと倒れたパーゴラですが、可愛らしく新調されております。

サイズとか形とか、以前のものより愛らしくてお気に入りです。

本日は朝早くから、恒例のミックスヘッジの刈り込みが行われました。

高さの目安の棒を持っているだけなのですが、ボスがこの手の棒を持っていると指導棒みたいですね。

子供ころに水泳授業で先生が持っていた長い棒(浮き上がる子の頭を押さえる用)みたいですね。

今だと立派な虐待案件ですね(笑)。

今日は午後から、森の学校の「MICHIKO展」の受付におります。

ギャラリーは、すごく涼しいのでデスクワークがサクサク捗ります。

気分は学芸員です。

ボスのブログにもありましたが、我々の切り絵もあります。

そして私が作業している受付の隣の壁には、友人知人の切り絵が。。。

むちゃくちゃ似ているので何かちょっと緊張しますね。

見守られているというよりは、むしろ見張られているような感じです。

あっ、それは顔をあげればキラリと光る防犯カメラの存在なのか。

2022

7.18


花カレンダー
コメント0

おひさしぶりです。

温室を破壊しつくした後に怒涛のシーズンインをしたら、気が付けばもう7月。

ご無沙汰しております。

今日は江別蔦屋書店のn市場で店番中につき、PCを持ち込みデスクワークを行いつつ久々にブログなどをしたためております。

今、イコロの森のドライガーデンはチャイブやゲラニウムのポップなピンク色が一段落して、バーバスカムやアネモネの白色の世界に移行しております。

イコロの森がある植苗は樽前山が噴火した時の火山灰が堆積してできた土壌なので、どこまで掘っても火山れきという軽石の土壌です。

ウッドランドガーデンの表面は少しだけ腐葉土がありますが、10センチあるかないかの層です。

火山れきには肥料っけがないので、ガーデンの花壇は何年にもわたって、しっかり土壌改良をしてります。

唯一土壌改良をしていないのは、「ドライガーデン」です。

火山れきをそのまま耕して団粒構造だけ整えて、植物を植栽しております。

無施肥・無潅水です。

今話題のグラベルガーデンと同じような原理です。

この花壇を作って15年近く経ちました。

ようやく時代が追い付いたようです(笑)。

最低限の除草は行いますが、その時にこぼれ種で増えるバーバスカムやアネモネなどの調整を行っております。

ローメンテナンスだけど、放置ではなく、ピンポイントで必要な管理をしています。

ボスが昔植えたイワガラミも今年の雪で直角に曲がった木も、お気に入りです。