イコロの森

ガーデン日記

2020

8.18


花カレンダー
コメント0

穂。

ガーデンの彼方此方でフロックスが見ごろになっています。

盆花というだけあって、本当にお盆に満開になりますね。

フロックスの前でフワフワ揺れているのは、デスカンプシアの穂です。

デスカンプシアの穂は繊細でとても美しいのですが、こぼれ種でそこら中に広がるのが厄介です。

でも、デスカンプシアの中でも「ゴールドタウ」は、お行儀良くじっとしていてくれるイメージがあります。

*あくまでも個人的な感想です。

普通のケスピトサより少しだけ小ぶりな感じもするので、株分けもケスピトサより楽にできるような気がします。

 

秋の七草が植えられているコーナーも、ススキの若い穂が上がってきました。

いよいよ、秋ですね。

 

 

2020

8.17


徒然日記
コメント0

OBON

世間的には新しい生活様式なんて言われておりますが、個人的にはいつも通りの夏を過ごしております。

(マスクはしておりますが。。。)

 

日なたにいるとそれなりに暑いのですが、日陰に入ると秋の空気を感じます。

 

お盆の間は業者さんがすべてお休みなるので、電話やメールも減って、少し余裕があります。

穏やかな気持ちで普段できないことが色々片付くので、気持ちがスッキリしますね。

春にコンテナで楽しんだ春咲きの球根たちも、きれいに掃除して整理しました。

あ~スッキリ。

道具類もしっかり洗って、刃物類は全部研ぎなおしました。

スッキリする~。

 

明日あたりから、またドタバタの日が始まりそうです。

イライラしないで、穏やかに過ごせますように。

 

 

 

2020

8.8


徒然日記
コメント0

若者の盾

今朝は、大きなハチの巣発見からの業務スタートでした。

同僚に言われてホワイトガーデンにチェックに行ったら、確かにハチの巣が。。。

「ほんとだねぇ~。」と呑気に言ってたら、同僚曰く「えっ、そこにもあったの?」と。

同僚の指さす先にはバスケットボールよりやや大きめのハチの巣が。

2個もあったの!!!

観察してるとスズメバチが出たり入ったりしていました。

怖いよぉ。。。ということで、NPO「イコロの森を育てる会」の若者にSOSを出しました。

すぐに若者が確認に来てくれたけど、動きがゆっくりになる夕方の方が駆除に良いということで、とりあえず閉園を待ちました。

 

で、夕方約束通りに登場。

かっこよく駆除してくれましたよ。

私はというと、恐る恐る様子を見に行ったものの、一気に飛び出てきたスズメバチ軍団に恐れおののいて若者を盾にしてぴゅーんと事務所まで逃げ帰りました。

若者は、飛び出てくる蜂に殺虫剤をかっこよくピンポイントでシュッとして瞬殺していました。

かっこよかった~。

伊藤 健太郎よりかっこよかった(笑)。

 

というわけで、てんやわんやしたけど、明日からはまた静かな森に戻ります。

若者よ、ありがとう。

 

 

 

2020

8.6


作業
コメント2

切り戻し三昧

昨日はナチュの森、一昨日はいわみざわ公園で、宿根草を切り戻しまくっていました。

ちょっと油断すると、すぐ周りの草を無心で抜き始めてしまうので、花壇ごとに時間を決めて作業しました。

それにしても暑かった。。。

 

ナチュの森は、7月1日に第一回切り戻し大会で、ネペタやケンタウレアなどの切り戻しを行っていたので、昨日はしっかりと2番花が咲き始めていました。

1番花に比べると数も少ないし花のサイズも小さいけれど、ケンタウレアなんてそのままにしておいたらうどん粉だらけになっちゃいます。

一旦切り戻してしまえば、風通しも良くなってうどん粉も収まるし、サイズがコンパクトになるので、彼方此方に枝が倒れることもありません。

昨日は、サルビア、ラベンダー、オリエンタルポピー、スタキスなどの切り戻し。

ずいぶんスッキリしました。

やればやっただけ1月後に結果が出るので、達成感があります。

頭が重くなって倒れ掛かっていたところも頭を軽くしてあげて、ゆすってあげると1時間後にはみんなしゃっきり立ち上がってくれます。

被圧されていた周りの植物も急に「空が開けた~!」とのびのびして、秋に向けての助走に入っているように見えます。

こちらには月に2回しか行けないけど、ガーデンスタッフが2週間分の宿題をがんばってこなしてくれているので安心です。

 

話変わって、高速道路の法面。

2週間前はノリウツギ祭りでしたが、昨日はホスタとミヤママタタビが見事でした。

ちらほらハギの花も咲き始めていたので、次回はハギが楽しめるかな?

苫小牧~室蘭の法面、結構楽しいです。

時期によってはアイリスや、ユリ、ヘメロカリスも咲いています。

秋のアワダチソウと青いアスターの補色の組み合わせも、目を奪われます。

芝だけの法面と予算的には、どっちがイイ感じなんだろう?

土砂は笹とかシダで固めてて間からいろんな植物が顔を出しているので、一旦定着しちゃえば草刈りとかは必要なさそうだけど。

運転してると退屈なので、いろんな植物の名前を思い出していると居眠り運転防止にもなる気がするから増えてほしいな。

 

 

 

 

 

2020

7.28


徒然日記
コメント0

パフェ日和

メニューに登場以来、ずっとずっと気になっていたコーヒーゼリーパフェ。

本日久々の青空の予感につき、朝から「今日はパフェ日和なり!」とワクワク出勤。

パフェが届いた瞬間に電話がかかってきたりで、ソフトクリームがとけちゃってますが、「お値段以上」の美味しさでした。

コーヒーゼリーの上に、あの南区の有名ジェラード果林樹で作ってもらってるコーヒージェラード、2種類のビスケットで、仕上げがソフトクリーム。

ゼリーとジェラードは、かなり甘さ控えめなので、後味で口の中が甘々にならなくて良い感じです。

おススメです。

 

ところで、こちらは先日とある秘密会合の特別メニューの最後にいただいたデザート。

「自家製パンナコッタ ハスカップソース」です。

他にもご馳走がたくさんあったのですが、ピントが唯一あっていたのが、これだけでした。

新しくなったレストランですが、事前に予算と人数を伝えて予約をすれば、特別メニュー対応してもらえるそうです。

ちょっとしたお祝い事とかにお勧めです。

お魚もお肉もお野菜も、とっても丁寧に料理してくれて「とくべつ」感が味わえますよ。

 

念のため、レストランの電話番号を書いておきますね。

もしよかったら、お祝いごとの選択の一つに入れてみてください。

TEL : 0144-57-7065