イコロの森

ガーデン日記

2019

11.19


作業
コメント0

無心。

昨日の雨で、カッチカチに凍っていた表土が一瞬緩んだ隙をついて、ガーデンに球根を植えました。

今日を逃したら後が無いとばかりに、無心で植えまくりました。

一人だったので、超独断による植栽です。

今回は、小球根が多かったので、ローズガーデンに集中的に植えてみました。

遅咲きの球根だと、剪定に入るときに芽を踏まれてしまうけど、小球根は早いので、剪定に入るころには葉っぱだけになっているはず!というヨミです。

うまくいくかどうかは、来年にならないとわかりませんね。

 

それにしてもガーデンの中は、鹿の足跡とウサギのフンだらけでした。

残っていたコルチカムの花は、鹿にもてあそばれて、レンガの上に散らかっていました。

さすがに球根は有毒なので、掘り起こしていない模様。。。

作業中は、鳥の鳴き声と鹿の鳴き声。

う~む。

動物たちにガーデンを取り囲まれているような気持ちになります。

早く動物避けのネットを張り巡らさねば!

 

2019

10.31


徒然日記
コメント0

ありがとうございました!

今日は、シーズン最終日。

ときどきぱらりと雨がちらつく曇り空の一日でしたが、ときどきご褒美みたいな日の光が!

 

しばらく食べれなくなるので、レストランでランチ。

窓からの眺めは絶品。

 

今日のサラダのドレッシングは、おめでたいピンク色。

 

最終日ということもあって、スタッフみんながんばってくれました。

私が忘れてる片付けも、テキパキとやってくれて、本当にありがたいです。

ガーデンの営業は一旦終了ですが、明日からは怒涛の冬囲いの日々です。

丁寧にコツコツがんばろう。

 

今年もたくさんの方にいらしていただいて、感謝感激です。

どうもありがとうございました!!!

 

 

2019

10.20


作業
コメント1

いよいよスタート!

昨日の冷たい雨はなんだったの?ってくらいの快晴の中、冬囲い巡業がスタートです。

トップバッターは、一番雪が早そうな真狩から。

大方の果樹などはすでに終了していたので、心おきなくバラに集中して行いました。

大きく育っているバラは、なかなか強敵でしたが、なんとか一日で目途がたちました。

 

途中で河手袋に穴が空いてしまって、ピンポイントでバラの棘が刺さっちゃいました。

事務所に戻って、針で何とか出そうとしておりますが、全く出てくる気配がありません。

こんなに小さいのに、うっとうしいくらい痛い。。。

左手の中指って、キーボードをうつときに結構使うので、うっとうしいわぁ~。

 

2019

10.16


花カレンダー
コメント0

へりくつ王

子供のころから「口から先に生まれた」だの「ああ言えばこう言う」だの言われ続け、最近では「失言王」というありがたくない名前までいただいた今日この頃。

 

天気予報で、今朝は冷え込むことがわかっていたので、イコロハウス前の非耐寒性の植物たちにはシートをかけて、ダリアは軒下に移動しておきました。

バックヤードの養生中のダリアや観葉植物は、温室へ。

朝、出社してから確認したら、シート下の植物や温室移動組は無事でしたが、軒下ダリアとガーデンのダリアはとろけていました。

やっぱり弱いですね。。。

 

そして、今日の作業でダリアを撤去するかどうかを判断するために、大急ぎでガーデンの様子を確認して、イコロハウスでジミさんと落ち合った最初の一言が、二人とも「いいよね」でした。

「いいよね」は「抜かなくてもいいよね」という意味だったのですが、黒くてネロッとなっている葉っぱとかクチャクチャになっている豪華な花弁がカッコいいなと判断しました。

もしさっちゃんがここにいても、OKしてくれたと思います。

軽く凍って透明感を増した葉と、これっくらいの寒さなんか屁でもない葉と、紅葉した葉が混ざり合う景色は絶品。

植物を単体で見る植物園とは違って、ガーデンは風景として楽しむ場所です。

ベンチに座ってみたときに、黒い葉や深い紅色の花弁がアクセントになっています。

無くなると風景がつまんなくなります。

またも「手入れしていない」というお叱りをいただくことになるかもしれないけど、このガーデンはあくまでも個人商店で自分たちがきれいと思う価値観を大切にしたいと、強く思った朝なのでありました。

少なくともガーデンに関しての価値観が似ている人達と一緒に働けるのも幸せだなぁと思います。

 

とは言え、いくらなんでもそのままにしておいたら球根ごとダメになっちゃうので、数日中に掘りあげますよ。

 

ほとんどの人が枯れていると思うものを、ゴミだと判断するものを、きれいだと言い続けるのは、「こいつ、またへりくつ言ってら」って感じなのでしょう。

失言王あらため、「屁理屈王」誕生ですかね(笑)。

画数が増えたから岩窟王みたい。。。

 

2019

10.10


作業
コメント0

ぴんくのぞう

昨日は、虎杖浜のナチュラルファクトリーさんでの管理作業でした。

大きくて完ぺきな虹を見ながら到着。

到着前は結構な暴風雨だったようで、色々吹き飛ばされていて驚きました。

道路にも大きな枝が落ちていたり、傘が何本も転がっていたり、大変だったようです。

 

Sanguisorba tenuifolia ‘Pink Elephant

嵐の後で色々斜めになっている中、この存在感に驚きました。

ワレモコウの園芸品種で「ピンクエレファント」。

ワレモコウって、すぐ倒れるイメージだったけど、これはすごい。

こちらのガーデンには、4種類くらいのワレモコウが植栽されていますが、高性のものはかなり暴れています。

でも、このワレモコウは高さがだいたい1.5mくらいあるのに、しっかり自立しています。

 

それにしても何で「ピンクエレファント」なんだろう?

ピンクはわかるけど。。。

 

枯れた姿もカッコいいし、刈り込み直前まで楽しめる、すごく良い品種ですね。