イコロの森

ガーデン日記

カテゴリー: 徒然日記の記事一覧

2020

10.27


作業
徒然日記
コメント0

今日も良い天気。

ゆらゆらと芝生から立ち上る水蒸気が幻想的なキラキラのガーデンからのスタートでした。

ウッドランドガーデンでは、伯母百合がそろそろ種を飛ばそうとしているのが確認できます。

今年飛ばす種は、あと7~8年待ったら花を咲かせることができると思います。

今年花を咲かせた株は、残念ながら枯死してしまいますが、条件が整えば、その周りには小さな芋が数個できていて、こちらは2~3年で花までたどり着けるかな。

この写真は、真ん中の親の周りにできていた子が、親が枯死した後に花を咲かせた状態です。

わかりやすい。

これも掘ってちゃんと分球してあげればもっとスピーディーに増えるのでしょうね。

自然のものなので、そこまでのお手伝いはしません。

我々は観察のみ。

ただ種ができたら、とりあえず周りに振り回しはするけど。。。

粘っているダリアも何とかあと4日もってくれるかな?

昨日は登別で作業をしていたのですが、現場のお隣でおもちゃ屋さんを営んでいるおじいちゃまに声をかけられました。

ご自身のコレクションを展示する小さな私設博物館を近くで運営されているらしく、「お昼の休憩するなら見学がてらそこで食べなさいよ。お茶出すから。」とおっしゃっていただきました。

せっかくだからと、作業終わりに寄ってみました。

「自分のコレクションは売らない」「コレクション同士の交換はする」「家に眠らせてるものがあれば委託で展示する」というルールらしいです。

道内一のこけしコレクションも面白かったけど、個人的には映画ポスターがツボでした。

自分が子供のころに映画館に見に行ったアニメものとかがあって、懐かしかったです。

スターウォーズも全部ありました。

館長は、マリリンモンローの特集をやろうと研究と準備に余念がないそうですよ。

GO TO などで登別温泉に行かれる方は、ちょっと寄ってみてください。

古趣 北乃博物館
所在地:北海道登別市登別東2丁目27番地3 [地図]
電話:0143-83-1730
入館料:大人500円 高校生以下200円
開館時間:10:00~16:00
休館日:毎週水曜日、12月~2月は土・日のみ開館

2020

10.1


徒然日記
コメント0

今日から10月。

ベースはイコロ。

3日間、お出かけしておりました。

朝夕はほとんど戻ってきていたので、まったく見ていない訳じゃないけど、やっぱりここにいるとホッとします。

秋は毎日深まっていくので、たったの1日でガーデンの様子は変化していきます。


サイン問題。

オープンから10年以上経ち、施設の状況も色々様変わりしていく中で、園内の動線が変わっていきました。

それに伴って、サインやマップの変更も必要となり、都度、手作りで対応しておりましたが、そろそろ限界を感じておりました。

ペタペタとラミネートのサインが増えるのは個人的に絶対に嫌!、でもお金はかけられない!!!ぐぬぬぬ~。。。と悶々としておりましたが、思い切ってプロのデザイナーさんと看板屋さんにお願いすることとしました。

弊社の財政状況と私のけちん坊根性をよ~く理解いただいている心優しきプロフェッショナルがカッコいいのを作ってくれましたよ。

じゃじゃーん。

コレのほかに駐車場の入口看板もあります。

何度もこちらへ足を運んで、人の流れや目線とか考えながら作っていただきました。イコロハウスの周りのサインも作成中なのですが、営業終了までに間に合うのか?という思いもチラホラ浮かんできつつも、ワクワク楽しみに待っております。


ナーサリー。

昨日で今期のナーサリーの施設開放は終了となりました。

ありがたいことに、今年も道内外いろんなお庭や花壇に旅立っていって、スッカスカになりました。

イコロの苗をご購入いただきました皆様、どうもありがとうございます。

テーブルを撤去して直置きにしたり、販売員がいなくなったりと、変化の1年でした。

新形態に対しては、スタッフ自身が一番戸惑っていたのかもしれませんが、苗の状態は今まで最高だったと思います。

自分自身もイコロで生産した苗をいろんな場所で植えましたが、根がほどよく回っていたので、おそらく、新しく植えられた場所でしっかりと根付いてくれるといいなぁ。

とは言え、まだまだおススメの苗がたくさんございます。

湯沢園芸さんからも、立派なシモバシラなどの苗が届いております。

球根もようやくラインナップがそろいました。

是非ぜひ、引き続きよろしくお願いいたします。


はなふる

気持ち的には、ほぼお隣の恵庭市に新しくできる公園「はなふる」のデザインに、我々イコロの森チームも一部だけですが参加させていただきました。

道の駅の裏手に広がる新しい公園です。

3日間のおでかけは、こちらでの作業でした。

書き出すと、すっごい長くなってしまうので、詳しくはまた今度。

写真は、鬼(私)にひたすら植栽をさせられているボスと研修生です。

お疲れ様でした。
そして、過酷な負荷をかけてしまって申し訳ない。。。

2020

9.24


徒然日記
コメント0

秋の庭より

どゆこと?

ずっと不精をしていたブログのソフトの更新を一気に行ってみたら、わけわかんないことに。

こ、困った。
やはりこういうのは、小まめにやっておかないといけなかったということ。
超反省。

ブログの形式がおかしなことになっておりますが、また追々練習していきます。

今日は、とりあえずこの形でごめんなさい。


4連休

4連休は、久々の良いお天気だったのもあり、たくさんの方にいらしていただけました。

お店番をしているタイミングで、予告なしで来てくれた友人、知人、お取引先の方、いろんな方にご挨拶できてうれしかったです。

さすがによく合う友人は声でわかるけど、マスクと飛沫防止カーテン越しだと、しばらく入園受付の手続きをしていて、「あれ?○○さんですか???」ということが何度かありました。

新しい生活様式って、いつまでたっても「新しい」ままで、馴染めませんね~。


パン業界のガラパゴス

私の出身地のパン事情が、何度かテレビで取り上げられることがあって、同僚がわがふるさとを「ガラパゴス」と表現していました。

何かというと、私の地元ではパンの名称が以下の通りとなっております。

メロンパン → メロンクリームが挟まったメロンの形のパン

コッペパン → いわゆるメロンパン

給食のパン → いわゆるコッペパン

テレビとかで他の地域の情報は普通に入ってくるので、もちろん一般的な名称にも対応はできますが、地元の中で話すときは左側のヨミになります。

その生活に無理は全然なくて、ナチュラルに脳内変換されるということで、パンに関しては、バイリンガルと言えるかもしれません(笑)。
ちなみに、私たちがメロンパンと呼んでいるメロンパンの形を見た同僚が「どこがメロンの形なの?」と言っておりましたが、地元では甜瓜のこともメロンとよんでいるので、メロンの形で間違いありません。

瓜のことは瓜とも言うけど、おやつとして食べる瓜は全部メロン、酢の物とか胡麻和えなんかのおかずとして食べるのは瓜と、なんとなく呼び方を変えておりました。

な~んて説明をしてたら、不思議な気持ちになりました。
私にとっての普通が、周りに人には普通じゃない。

パンや瓜の呼び方なんて笑い話みたいなもんだけど、そういうことが重なってシリアスになっちゃってるのが、今世界中で起きている民族間の不理解なんだろうなぁ。

我がこととして、もっともっときちんと向き合って、お互いの文化とか大切に尊重して寛容にならなきゃなと思いました。

もちろん、自分の受け取ってきた文化も大切にしつつだけどね。

2020

9.3


徒然日記
コメント0

涼しいね。

すっかり、秋感マシマシの北海道苫小牧市でございます。

今朝は、キラキラの青空スタートでしたが、徐々に暗くなってきて、今は少し風に雨が混じってきました。

世間的には夏休みも終わったし、そろそろ暖房機のCMも始まって、業界的には焦りが出てくる時期ですね。

外で作業ができるのは、あと3か月。

ドキドキします。

 

昨日作業をしていた某所で発見したエルダーフラワーの大群。

セイヨウニワトコです。

大体1.0mくらいありました。

小さなポット苗を植えて3年だそうです。

花が収穫できるまで、あとどれくらいだろう?

コーディアル作るとき、声かけてもらおうっと。

カモミールとエルダーフラワーのコーディアル、ソーダ割が良いなぁ。

暑い日に飲みたいなぁ。

 

ちなみに、イコロの森でもエルダーフラワーの苗は販売中です。

大体、50cmくらいにはなっていると思います。

エルダーフラワーに挑戦したい人、ぜひぜひ!!!

少し湿りがちな場所が適しています。

2020

8.28


徒然日記
コメント0

外食

外食=外で食べる。

 

本日のランチは、チセのラザニア。

お外でいただこうとデッキの近くのテーブルで座っていたら、ポップなランチボックスを持ったカワイコチャンが。

というわけで、斜め前に座ってディスタンス(笑)を保ちつつのランチタイム。

お外ランチ気持ち良いです。

レストランガーデンは食べ物持ち込みできるので、こんなことも可能なのです。

お弁当を持ってきて、おやつだけソフトクリームとかも良いですよね。