イコロの森

ガーデン日記

カテゴリー: 作業の記事一覧

2021

12.1


作業
コメント0

恥ずかしながら

戻ってまいりました(笑)。

イコロの森がクローズしてから、約1か月。

ほぼほぼ、どこかで冬囲いやってました。

日程がずれると相当厄介なことになるので、雨の日もよほどのことが無い限り予定通り実行しておりました。

雪が多そうなところからスタートして、徐々に暖かい方へ。

最後は豊浦でゴールだったのですが、最後で雪に追いつかれてしまいました。

まぁ大した量じゃないので、何とかなりましたが。

冬囲いは場所によって、色々変えています。

虎杖浜のナチュの森さんは、ほとんど雪が無いし、ものすごく寒いということもないので、宿根草を刈り込んでお掃除しておしまい。
コンテナ類や道具もきれいに洗って片付けられたので、きちんと庭仕舞いという感じがして気持ち的にはスッキリします。

ニドムさんは、雪が少ないけどイコロ同様食害がひどいので、pp袋と防風ネットでぐるぐる巻き。

石灰硫黄合剤もたっぷり散布しております。

雪が深いところでは、支柱を設置しますが、今年は根曲がり竹より鋼管支柱のところが多くなってきました。

見た目は根曲がり竹の方が好きなのですが、数年で朽ちて使い物にならなくなるのと、最近雪がぺったりと重いので折れやすいのです。

それと鋼管支柱なら、石頭で思いっきり打ち込めるので、かたい土壌でもしっかり設置できます。

あの緑色がちょっと苦手だったのですが、黒とか茶も出てきたので使いやすくなりました。

ススキなどのオーナメンタルグラスは、そのまま刈り込んでも良いけど、道路に面した場所とか風が強いところでは、先に適当な太さで縛ってから刈り込んでいます。
こうしたら、周りに稲わらが散らからないので、仕上がりがきれいです。

残渣を持って帰らなければならない場合も、嵩が減るので助かります。

今年のゴールからの眺め。

まだちょこっとやり残しがありますが、一段落つきました。

次は、雪が積もるまでイコロの森でやれるところまで頑張りますよ。

えいえいおー!

2021

4.4


作業
コメント0

息抜き

4月になりました。

焦っております。

雪がこんなに早く消えるなんて。。。

気温がこんなに暖かいなんて。。。。。

1月と2月は温室活動、3月は割とデスクワークを頑張っておりました。

4月は外を出歩くことが増えそう。

スケジュール帳がなかなかの狂気を帯びた内容になっておりますよ(涙)。

「忙しいことは幸せなこと」とお取引先のT社長がおっしゃっておりました。

そうですね。

ありがたいことです。

でも、ちょっと気分転換がしたかったので、久々に大好きなチッパー活動。

粉砕しまくりました。

これは、バラの剪定枝。

ウイルスとか心配だから、ちょっとよく考えて使うこととします。

石灰硫黄合剤もかかっている枝だから微生物もある程度はリセットされてるので、発酵させるにしても他のとは違う感じになるかも。

これは、オーナメンタルグラス類とワラ縄。

ナナちゃんの馬糞をたい肥にするときに水分調整に使おうと思う。

フワフワ良い感じ。

草本類。

ハーブも結構入っているので、一番爽やかな良い匂いがします。

シードヘッドも入っているので、コンポストにするならしっかり温度上げて発酵させないと種が残っちゃうな。

前回作ったのは、ナナちゃんの敷き藁に混ぜてもらったのだけど、どうだったんだろう?

聞いてみよう。

冬の間のいろんな剪定枝。

これは、ウッドランドガーデンの園路の補修に使う予定。

はぁ~スッキリした。

庭から出るものは、できるだけ庭に戻したい。

でも、それだけが目的になってしまうのは違うと思うので、無理がない程度に続けたいものです。

2021

3.10


作業
コメント0

高温注意

今日は、終日強風が吹き荒れておりました。

温室の中の気温が上がりすぎるので、側窓は無理でもドアだけと開けてみたものの、いろんなものが風でバタバタ倒れるので、速攻で締めました。

気温が高くなりすぎて乾燥するので、ひたすら潅水。

水捌けの良い土に変えたので、水鉢に溜まった水もスッと引いて良い感じです。

とは言え、この量。

黙々と、ひたすらに、漏れがないようにと作業。

3時間かかりました。

そして、水道の水抜きをした後に発見。

1列漏れてました。。。

くぅ~。

バカバカ~。。。漏れてんじゃん。。。。。。

焦るとろくなことない。

ラベルだけがズラッと並んでいるように見えて、実は色々芽吹きが始まっています。

健気で愛おしいなぁ。

潅水中はこの芽出しの葉っぱを見ながら、「アコニツム」とか「ペルシカリア」とか当てながら作業します。

結構楽しい。

で、たまにしれっと違う葉っぱのものが混じっていることがあるので、販売苗に紛れてしまわないように、通路にはじいておきます。

確実に季節が進んでますね。

業務連絡。

雪と氷でビクともしなかった西側のドア開くようになりましたよ。

良かった、良かった。

2021

3.3


作業
コメント0

初除雪

昨日の雪は、今シーズンで一番積もりました。

と言っても40cmくらいなので、空知の方たちからは笑われそうですが。。。

今年は雪が少なかったので、私自身は機械での除雪作業はなんとなく出番がありませんでした。

玄関のたたきとかがきれいになってれば良いかな~程度で、他はとりあえず配達の人が入れるギリギリくらいで良しとしておりました。

今朝は、やる気満々で出社。

荷物を置いたらすぐに相棒に乗って、今期初除雪に出動!

ほっといたら、いつまでもどこまでもやってしまうので、一応1時間と時間を決めて作業しました。

結局1時間半くらいかかってしまいましたが、そこそこスッキリしました。

本当は、後もう1時間やりたかったのですが、もうほっといても融ける時期ですしね。

左右の雪を削って道も広くしました。

これで配達のトラックも楽々通れると思う。

そこそこ満足。

2021

2.3


作業
コメント0

テトリス

毎度似たような写真ばかりが続きますが。。。
来る日も来る日も、同じようなことをしているから仕方ないのです。。。。。

未手入れの苗をカートまで持っていて、手入れしてラベルを付けて並べ直しておりますが、これから来る予定の苗のスペースを開けたりしつつも、何が何でもアルファベットを保ちつつ~と続けていたら、スペースが限界になって、バラコーナーも侵食してしまいました。

それでもまた、限界が近づいてきました。

苗をあっちにやったり、こっちに移動したりを繰り返しながら、限られたスペースにはめていく作業は、もはやテトリス。

昔、テトリスにはまりにはまって、電車の中でも、休憩時間も、ひたすら無音のテトリスをやり続けていたら、お店の商品もバスのターミナルもすべての四角いものを見るたびに、無意識で「スンッスンッ」と頭の中で並べ替えようとするようになって、これは、ヤバイとスッパリやめました。

思い出しても、悪夢です。

今日、せっせと移動していたのが、ペルシカリア スパーバ。

一昨日、タカバヤシが紹介していたペルシカリア ファイアーテイルは赤くて細長い花が咲きますが、こちらは淡いピンク色の少し丸っこいボトルブラシのような花が咲きます。

ファイアーテイルは、お盆ごろ咲くイメージですが、こちらは6月ごろに咲きそろいます。

ひざ丈くらいでムッチリまとまって咲くので、扱いやすいし、何よりなんとも言えない可愛らしさがあります。

ファイアーテイルもスパーバも、きれいなドライフラワーになります。

色もしっかり残ります。

とても可愛らしい友人が、東京で移動販売のお花屋さんを開業しました。

車を運転するというのが想像できないくらいの、すごく可愛らしい人。

最初このお知らせを受け取ったときは、もう想像できなさすぎで、びっくりしたけど、行動派の友人が速攻でお買い物に行った様子を写真で見せてくれて、いろいろ納得。

「可愛い!」があふれまくっている空間でした。

確かに思わぬところで気の利いた花屋さんがあったら、すごく良いかも。

価格もリーズナブルな気がします。

リアル「花の子ルンルン」ですね。

「あなたの街にいくかもしれません」って。

本当に移動しているので、もしもお近くの方、インスタで情報チェックしてのぞいてみてください。

Charlotte Heath Flower Company

新小岩か自由が丘あたりに出没しているようです。