イコロの森

ガーデン日記

カテゴリー: 作業の記事一覧

2022

10.16


作業
コメント0

植えまくり

ここ数日は、各所で春咲きの球根を植えまくっておりました。

写真は高校球児みたいになっているボス。

最も過酷だったのは、ニセコ某所。

重機でガッチガチに締め固まった赤土に穴を開けるのは、むちゃくちゃ難儀で、移植ゴテでは全く歯が立たないので、ピッケルを勢いつけて大振りしながらの植栽。

そしてあまりの固さにピッケルの柄も折れたので、最終的にインパクトドライバーのビットを大きめのものに付け替えて植栽。

何とか終了できて良かった。。。

インパクトドライバーを用意しておいて正解だった。。。。。

インパクトドライバーの音がガーデンに響くのは微妙だけど、木の根がたくさんあるところとかに球根を植えるときには、他へのダメージが最小限に抑えられるので、便利だなと思いました。

今までこんなにたくさんの穴を開けるためにインパクトドライバーを使ったことがないので、変なところの皮が丸く剥けました。

固い地盤で負荷がかかるので、本体がすぐにアツアツになっちゃうのも、ちょっと怖かった。

そんでもって小球根なら簡単なのですが、水仙やチューリップの球根だと大きな径のビットが必要になります。

これがなかなかの価格帯。

今回もギリギリ木工用で一番大きい径のものを用意して臨んだのですが、これだと微妙に水仙には小さい。でも次の大きさになるとコンクリート用になってしまうので、ちょっとしり込みする金額。

ホームセンターで良いのないかなと見てみたのですが、やっぱり高かった。。。

いつかまた球根をたくさん植えるときに、探してみようと思います。

良かったことは、最初が過酷だったので、後の現場はすっごいスイスイと植えられることかな(笑)。

  

2022

9.16


作業
コメント0

除草三昧

春から月に1回のペースで真狩の「空の庭」へ通っております。

イコロの森からは美笛峠を越えて行くのが最短ルートなのですが、岩盤崩落の危険性があるということで、7月中旬まで通行止めだったため、白老経由で通っておりました。

白老ルートは霧がホワイトアウトかってくらい濃くって、グネグネの道の運転は行くだけで疲労困憊だったので、美笛峠が復活して本当にホッとしております。

快調とは言っても、それなりに距離があるので、作業時間は限られております。

諸先輩方と一緒に時間いっぱい花を切ったり、除草したりしております。

除草は楽しい。

春はどうなることかと思ったけど、コツコツ続けていたらかなり結果が出てきましたよ。

パッと見は、まだまだ草があるけど、内容が変わってきたのですよ。

頑張った結果が、はっきりでるのでやっぱり楽しい!!!

夢中で草むしりしていると、男子が冷えたカルピスを持ってきてくれたりします。

やさしい!!!

美味しい梅ジュースや、冷たい甘酒、フレッシュミントティーとか、バラジャムとアイスなど、甘やかされまくっております。

今年はハギがずいぶん立派な気がします。

特に白花の方が。

真狩に雪がふるまであと1か月ちょっと。

もうしばらく優しい時間が続きます。

2022

8.31


作業
コメント0

循環

ボスが刈った芝を食べるかわいこちゃんたち。

イコロの芝は安心安全の無農薬。

そのまま積んでおくと、密すぎて発酵する前に腐って、くっさいガスと嫌な汁が出てきてコンポストには向いていないので、残渣として放棄していました。

もったいな~い!!!

でも今は、刈りたてフレッシュ状態をすぐにかわいこちゃんたちに食べていただいております。

口の周りが緑色になるくらい夢中で食べてくれます。

キャワイイね。

そして、食べた後はもちろん排泄されます。

排泄物(馬糞)は集めて、堆積。

そののち、ガーデンから出る植物残渣や、カフェから出るコーヒーかすなどと混ぜて、発酵させて、またガーデンへと戻っていくのであります。

循環って気持ち良い~。

時間も手間もかかるけど、ゴミにしないで、良いものにしてグルグル回っていると思うと、すごく気持ち良い。

し・あ・わ・せ、おしあわせ。(某おもてなし風に)

2022

8.17


作業
コメント0

くず。

昨晩までの大荒れ天気のあと、今朝は朝から久しぶりのキラキラ青空。

私は、今日はナチュの森の作業日だったので、芝刈り中のボスに伝言を残し、朝から出発。

「大暴れの葛を何とかしてほしい」と。

2本のニオイヒバの間を埋めているのが葛です。

元々、イコロの森がオープンする前年に秋の七草を植栽することになって、すごく小さな一株を植えたのが始まりです。

このニオイヒバだけでなく、他の植物にもぶら下がって手に負えなくなっていました。

それで、夕方戻ってきたら、この通り。

スッキリです。

ありがたや。

この高さに登ることを考えると、それだけで怖気づいて嫌になっていたのです。

もう、すごい嬉しい。

スッキリとした気持ちで、秋を迎えられます。

ありがたや~。

2022

3.18


作業
コメント0

劇的ビフォアアフター

先日除雪して作った温室横のグニャグニャ道のゴールに!

なんということでしょう!!!

素敵なドアができました。

これで、温室の中へ気軽に入ることができます。

こんな小さなくぐり戸も出来上がりました!

という訳で、雪とがれきに埋もれた個人的なグッズも回収できました!!!

作業着や手袋がこの形で凍って、3D立体構造に変身していましたよ。

今日は、今まで入れなかったところまで四つん這いになって入ってみました。

屋根が完全に落ちているところから、ぴょこっと頭を出すと、今まで見たことがない屋上の風景が見れました。

と言っても、すっごい低いけど。

雪が降っているときはフワフワしていたけど、こんなふうに鉄骨が曲がっているのを見ると、やっぱり重いんだなぁと。

今日は、ビニールをビリビリ破りながら、雪を少しずつ落としてみました。

早く雪がとけると良いのですが。。。

数日前から、パソコンのスクリーンの下で動きの鈍い蜘蛛がいました。

蓋をしめるときに潰したら可哀そうだから、外に出しても、出勤して蓋を開けると元に戻っているので、暖かいのかな?と何となく見守っていました。

そしたら、徐々に足の数が増えて、何だなんだとみていたら脱皮して、皮だけ残してどこかに行っちゃいました。

すっごいゆっくり脱皮するんですね。

良い物見れました。

脱いだ皮は、何となくそのままパソコンにぶら下げています。

生きてるって良いですね。