イコロの森

ガーデン日記

2019.10.16花カレンダー

へりくつ王


子供のころから「口から先に生まれた」だの「ああ言えばこう言う」だの言われ続け、最近では「失言王」というありがたくない名前までいただいた今日この頃。

 

天気予報で、今朝は冷え込むことがわかっていたので、イコロハウス前の非耐寒性の植物たちにはシートをかけて、ダリアは軒下に移動しておきました。

バックヤードの養生中のダリアや観葉植物は、温室へ。

朝、出社してから確認したら、シート下の植物や温室移動組は無事でしたが、軒下ダリアとガーデンのダリアはとろけていました。

やっぱり弱いですね。。。

 

そして、今日の作業でダリアを撤去するかどうかを判断するために、大急ぎでガーデンの様子を確認して、イコロハウスでジミさんと落ち合った最初の一言が、二人とも「いいよね」でした。

「いいよね」は「抜かなくてもいいよね」という意味だったのですが、黒くてネロッとなっている葉っぱとかクチャクチャになっている豪華な花弁がカッコいいなと判断しました。

もしさっちゃんがここにいても、OKしてくれたと思います。

軽く凍って透明感を増した葉と、これっくらいの寒さなんか屁でもない葉と、紅葉した葉が混ざり合う景色は絶品。

植物を単体で見る植物園とは違って、ガーデンは風景として楽しむ場所です。

ベンチに座ってみたときに、黒い葉や深い紅色の花弁がアクセントになっています。

無くなると風景がつまんなくなります。

またも「手入れしていない」というお叱りをいただくことになるかもしれないけど、このガーデンはあくまでも個人商店で自分たちがきれいと思う価値観を大切にしたいと、強く思った朝なのでありました。

少なくともガーデンに関しての価値観が似ている人達と一緒に働けるのも幸せだなぁと思います。

 

とは言え、いくらなんでもそのままにしておいたら球根ごとダメになっちゃうので、数日中に掘りあげますよ。

 

ほとんどの人が枯れていると思うものを、ゴミだと判断するものを、きれいだと言い続けるのは、「こいつ、またへりくつ言ってら」って感じなのでしょう。

失言王あらため、「屁理屈王」誕生ですかね(笑)。

画数が増えたから岩窟王みたい。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA