イコロの森

ガーデン日記

2013.8.7映画手帳

映画手帳;03 「天使の分け前」


ボスの大好きな琥珀色の液体が、準主役級の映画です。

私は、アルコールが一切飲めないのですが、「あぁ飲めたらなぁ。。。」と思わずにいられない映画でした。

映画館でなくてもDVDで充分だと思いますが、映画の冒頭から展開される超絶なまってる英語とか、焼いてない薄い食パンとか、ユルユルのジャージが、「そうそうコレコレ」って感じの英国でした。

イギリスって、素敵なアフタヌーンティーとか、キャンディキャンディ世代で言うところのアンソニーが着てたキルトなんて絶滅危惧種みたいなもんで、この映画の貧乏から抜け出せない負のスパイラルの方がリアルだなぁと思います。

それでも、やっぱり毎年行きたくなってしまうのは、スコッチウィスキーもそうだけど、キルト着てたら何か許されちゃう感じとか、人生何とかなるかもって空気なのかもしれないのかなぁ。

冬にイギリスにいたときに、スコットランド~アイルランドを旅行してきた方が、知る人ぞ知るみたいなスコッチウィスキーを振舞ってくれて、飲めないくせに、ちょこっとだけもらって飲んでみたら、イソジンとナメシ皮を混ぜた味としか表現できない液体でした。

でも、もったいないから、2時間かけて、もらった分は全部飲みました。

それにしても、みんな「むむむ、これは!」みたいに言ってて、仲間はずれ感半端なかったです。

若い女の子も、ちっちゃいグラス持って目をつむったりしてるから、くやしいぃいぃ~って思います。

私も一度でいいから「ピートの中に潮風を感じる」とか言ってみたいものです。

まぁボスが、そんなん言うのも聞いたことないですけどね。

あっウィスキークリームは、おいすぃ~って思います。

特にアイス。

ありゃ、たまらん。

ハーゲンダッツで出せばいいのに。

COMMENT(4)

  1. 北村さん、観る映画がかぶりますね(笑)
    どうやらグラスウィージャンの訛りは、日本人の一番好きなアクセントだという研究結果が出てるそうですよ。

    この前Frances Haという映画観ました。おすすめです。

    1. 私も映画館で、きっとSaっさんはもう1年位前に観てるんだろうなぁ~と思っておりました。
      Frances Haのポスター待合室(決してロビーではない)に貼ってあったよ。まぁ例によって、来年くらいの上映になると思います(笑)
      Bill Cunningham, New York.観た?
      何かビルさん、ファガス氏を思いださせるしゃべりだった。
      そして上映中、あの館長は客席で一緒にケラケラ笑いながら観てた。全くもって、のどかな映画館ですY。

  2. Kimさん、映画の中で唯一色があるのがポスターという。気長にベンチに座って、給湯ポットコーヒーでも飲んで苫小牧タイムで楽しんでください(笑)

    Bill Cunningham、上映しているんですね!DVD持ってます(笑)顔の動きがうちの祖父を彷彿とさせるものがありました。素敵おじいさんだけど、ちょっと寂しさも感じてしまいました。なくなって欲しくない映画館(館長)ですね。

    1. うん。孤独な人だったね。
      あれだけ愛されまくってんのにね。
      あの最後の質問のとき、「いやぁ~や~め~たげて~~~」で全世界が思ったはず。
      Saっさまが、次、北海道に帰ってきたら一緒にインスタントコーヒー飲みに行こうね(大笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA