イコロの森

ガーデン日記

2020.2.6徒然日記

青い月


粉雪が舞った時間帯もありましたが、とても穏やかな一日でした。

 

5月の下旬から香りのよい花をたくさん咲かせるフロックス ディワリカタ。

特に香りの強いクラウズ オブ パフュームや、ホワイト パフュームが定番ですね。

うどん粉病にかかりやすいという弱点はありますが、花後に刈り込んで短くしてしまえば、地植えの場合は大丈夫だと思います。

横に広がっていくタイプなので、踏まない場所ならグランドカバーとしても優秀です。

放置しておくと、込み合いすぎて蒸れたり花数が減ってくるので、数年に1度株分けを行ったほうが良いかもしれません。

 

今、個人的なお気に入りは、「ブルームーン」です。

クラウズ オブ パフュームより青味が強く、茎もややしっかりとしていて、すっと立ち上がるので草丈も高く思えます。

茎が強い分、雨後にだらしなくならないのは魅力的ですね。

明るい木陰とかに向いてるかな。

色が鮮やかなので、ハッと目を引くフロックスです。

あっ、湿気に強いせいか花期も長めな気がします。(北村調べ)

ちなみに鹿はこの植物嫌いみたいですよ。

ウサギはちょっと齧ってチェックしてみるらしいけど。。。

 

こちらも温室でスクスク成長中です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA