イコロの森

ガーデン日記

2019.3.10徒然日記

追われる身


本日も、晴天なり。

レストランガーデンも順調に雪解けが進んでおります。

 

中央のハルニレの株元には、いつも一番最初に顔を見せてくれるスノードロップがあります。

ボスも以前にブログで取り上げていましたが、去年は4月の頭に咲きました。

工藤敏博の植物日記

 

「まさか、まだ早いよね~」と近づいてみると。。。

そろり、そろりと、顔を出し始めていました。

は、早い。

早すぎる。

 

温室では、とうとう天井の保温用のビニールカーテンを巻いて、天窓も全開にしました。

クリアな青空の下で作業できるのは、本当に気持ち良いです。

ビニールカーテンは、いろいろガタが来ている温室において、かなり怪しい動きをしている存在なので、年に1度ずつ、閉めるときと開けるときのしか動かさないようにしているのです。

と言う訳で、基本的にはこれからは開けっぱなしです。

暖房機も切っているので、これから寒気が戻って来ないかドッキドキです。

 

今年は、給油回数がいつもよりかなり少なくて済んだので、大助かり。

でも、すっごい勢いで春が迫ってきているので、緊張感モリモリ。

この勢いで、雪解けが進んだら、4月のオープンの時にはスノードロップ咲き終わってる気がする。

去年もいっぱい植えたのに。。。

灯油代が安いのは助かるけど、イコロ的オープンのお楽しみがなくなっちゃう。

困ったね。

灯油は使いたくないけど、あんまり雪が融けるのもやめてほしい。

欲望がつきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA