イコロの森

ガーデン日記

2021.12.1作業

恥ずかしながら


戻ってまいりました(笑)。

イコロの森がクローズしてから、約1か月。

ほぼほぼ、どこかで冬囲いやってました。

日程がずれると相当厄介なことになるので、雨の日もよほどのことが無い限り予定通り実行しておりました。

雪が多そうなところからスタートして、徐々に暖かい方へ。

最後は豊浦でゴールだったのですが、最後で雪に追いつかれてしまいました。

まぁ大した量じゃないので、何とかなりましたが。

冬囲いは場所によって、色々変えています。

虎杖浜のナチュの森さんは、ほとんど雪が無いし、ものすごく寒いということもないので、宿根草を刈り込んでお掃除しておしまい。
コンテナ類や道具もきれいに洗って片付けられたので、きちんと庭仕舞いという感じがして気持ち的にはスッキリします。

ニドムさんは、雪が少ないけどイコロ同様食害がひどいので、pp袋と防風ネットでぐるぐる巻き。

石灰硫黄合剤もたっぷり散布しております。

雪が深いところでは、支柱を設置しますが、今年は根曲がり竹より鋼管支柱のところが多くなってきました。

見た目は根曲がり竹の方が好きなのですが、数年で朽ちて使い物にならなくなるのと、最近雪がぺったりと重いので折れやすいのです。

それと鋼管支柱なら、石頭で思いっきり打ち込めるので、かたい土壌でもしっかり設置できます。

あの緑色がちょっと苦手だったのですが、黒とか茶も出てきたので使いやすくなりました。

ススキなどのオーナメンタルグラスは、そのまま刈り込んでも良いけど、道路に面した場所とか風が強いところでは、先に適当な太さで縛ってから刈り込んでいます。
こうしたら、周りに稲わらが散らからないので、仕上がりがきれいです。

残渣を持って帰らなければならない場合も、嵩が減るので助かります。

今年のゴールからの眺め。

まだちょこっとやり残しがありますが、一段落つきました。

次は、雪が積もるまでイコロの森でやれるところまで頑張りますよ。

えいえいおー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA