イコロの森

ガーデン日記

2018.9.12作業

岩見沢へ


現場確認の必要があったので、今朝はひとっ走り岩見沢へ。

 

秋バラが咲き始めていて、落ち着いた華やかさが素敵でした。

数年前に初めて訪れたときは、ギラギラした銀色の構造物が気になりましたが、今はシックな色合いに塗りなおされていて、ちょっと昔のハコモノ感が全然なくて「塗装一つでこんなにも変るもんなんだなぁ」と感心しました。

もちろん細かくは、カツラやヒバの生垣が増えていたり、鉄のフレームが増えているので、塗装だけの話ではないと思いますが、今のちょっとスモーキーなモス色は、素晴らしい選択だと思います。

 

同僚が携わった色彩感の中の植栽も、花木たちが大きく成長していて、ハッとするくらい素敵でした。

どうしても、秋が深まってくると色味を求めてしまうけど、グリーンの重なりと石板の花壇が、ヨーロッパのちょっと高級なところのお庭みたいでした。

 

イコロ合宿中に習った、「ガーデンをモノクロの写真で撮ってみて、その植物のもつフォルム、テクスチャーの重なり(レイヤー)でデザインを確認する」というのを、さっそく思い出しました。

 

公園には1時間くらいだけ滞在して、イコロにトンボ帰りだったのですが、その間に見かけた来場者はカップルが一組だけでした。

まぁ今は公園とか行ってる暇はないかもしれないですけど、心身が疲れている時こそ、こういう場所に身をおくとリフレッシュできると思うのです。

イコロもそうですけど、良く見ると台風の後遺症はいたるところに残っていますが、危険なところは取り除いております。

みなさん、是非ぜひ、道内のガーデンや公園に足をお運びください。

色んな気持ちのカサカサが、はがれるかもしれませんよ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA