イコロの森

ガーデン日記

2019.4.12作業

土って大切


今日は、北広島~江別のお庭で、冬囲いの撤去と消毒を行いました。

北広島のお庭は、元々すごい粘土質の土壌だった場所でした。

最初の庭づくりのときに最低限の土壌改良を行いましたが、その後は、お施主さんがコツコツと土壌改良を続けてくださっています。

敷地内にあるコンポストヤードに植物残渣をどんどん重ねて、月に一度天地返しを行って、自家製の植物性堆肥を作って、それをコツコツとガーデンに戻して土壌改良を続けています。

地産地消です。

そして、目に見えて土壌が改善されています。

イコロではなかなか増えない植物も、モリモリと大きくなっています。

最初のころは、苦戦していた樹木類も一気に大きくなり始めています。

やっぱり、日々の努力が確実に結果として現れています。

 

粘土質は最初は硬くて大変だけど、やっぱり肥料持ちが良いので、うらやましいです。

でも、日々努力の積み重ねがないと、すぐにカッチカチの年度に戻っちゃうので、今のすばらしい土壌には頭が下がります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA