イコロの森

ガーデン日記

2018.12.3作業

作業日誌 1203


今日は朝からバラの冬囲い。

ボス含め全員で行いました。

どこよりも遅いかも。

 

まずローズガーデンは、ぐるっとネットで囲いました。

中のバラには、消毒も含め何もしません。

ネットはウサギやネズミの食害を防ぐためのものです。

耐寒性にはお墨付きのバラばかりなので、寒さ対策は必要なくて、雪に押されて樹形が変わるのはむしろ歓迎ということです。

楽チン。

 

ローズガーデン以外のバラは、葉むしりしてからPP袋で巻きました。

ここも消毒は無し。

 

そして、パーゴラなどの構造物に絡めているバラは、防炎メッシュシートでぐるっと囲いました。

大きな建築現場とかで使われている網目の細かいネットです。

 

それなりにたくさんのバラが植えてありますが、今までで一番短時間で終わったかも。

消毒をやめたのも、色んな資材を使い分けているのも、それぞれ理由があります。

過去10年間のイコロでの生育の実績から、すこしずつシンプルになってきました。

経験って、とても大切ですね。

何より、ボスの10年どころじゃない情報の蓄積があっての話ですが。。。

 

午後からは、ナーサリーの苗テーブルの養生。

木製なので、10年使って、もうボロボロです。

いつまで、このテーブルが使えるのかわかりませんが、この台数はもう揃えることは不可能なので、1年でも長く使い続けたいです。

 

身体はくたくたですが、今日も暖かい一日だったので助かりました。

 

 

 

 

COMMENT(2)

  1. こんばんは。
    冬の作業、ご苦労様です。
    人も植物も同じだと思うのですが、
    あまり過保護にするのは良くないですよね。
    我が家の薔薇も全く消毒はしません。
    でも、病気にもならないし、虫もあまりつきません。
    これからイヤイヤ剪定と誘因ですけど……。
    暖かく頑張って下さいね!

    ブノワ。

    1. ブノワ。さま

      こんばんは。
      イコロの植物たちは、ものすごくスパルタがすぎるかもしれないので、
      大丈夫かなって、ドキドキするときもあります(笑)。
      私たちは美味しいおやつで甘やかされているのに、植物に厳しいって
      どうなの?って思いますけどね。

      バラの剪定と誘引!
      楽しいし達成感もあるけど、あちこち引っかき傷だらけになっちゃいますよね。
      一度、顔を斜めに横(縦)断するブラックジャック傷をつけたまま実家に戻って
      母に泣かれました。。。
      可愛い顔に傷をつけないように、気をつけてくださいね。

      kim。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA