イコロの森

ガーデン日記

2020.2.24作業

スッキリ


今日も朝からラベル付け。

良い天気だったので、温室の天窓も全開でポカポカの中で、黙々と作業。

ラベルを付けては、移動してを繰り返して、最後にたっぷり潅水して今日の作業は終了。

ふう。

スッキリした。

 

苗の手入れは、日向のSのあたり。

ゴールがうっすら見えてきたけど、ここへ来てアレヤコレヤと温室作業以外のことが発生して、足踏み状態。

でもでも、コツコツやってれば、いつかは終わるはず!

 

いろんなサルビアを手入れしている中で、ずば抜けてよい香りなのがホワイトセージ。

ホワイトセージといえば、やっぱりネイティブアメリカン系のスピリチュアルアイテムとして扱われることが多いのかな?

正直、スピリチュアル系のグッズとか宗教っぽい話は苦手なのですが、葉っぱを乾燥させて火をつけると、確かに部屋の空気がリセットされてスッキリ感があります。

私自身はスピリチュアルとは無縁の「科学の子」なので、我が家は空気清浄機(と気休めのクレベリン)がしっかり仕事をしてくれておりますが、たま~にお部屋の匂いをリセットしたいときとかに良い働きをしてくれます。

大陸からやってきた見えないウイルスには効果がないと思いますが、気持ちだけでもリセットされるので、一家に一株いかがでしょうか?

耐寒性が微妙なので、ローズマリーとかオリーブと一緒くらいの管理がちょうどよいのかな?と思っています。

ギリ凍らない程度の日当たりの良い風除室とか最高ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA