イコロの森

ガーデン日記

2018.10.15イベント

秋の空


どたばたと準備にあけくれた「おとなのあきじかん」が、無事終了しました。

ご参加いただけた皆さんには、喜んでいただけたのだろうか?

きっともっとできたのよね?

色々な反省はありますが、ご飯はおいしかったし、手作り映画館は、本編は充分すぎるくらいのクオリティー(さっちゃんがやってくれた)だったと思います。

堅い椅子とか、暗幕の穴から差し込む光とかは、今後の課題とします。

台風やら地震やらでイコロに泊まり込んでいたころには、今回のピートさんの映画の上映なんて、想像もしていなかったので不思議なものです。

映画は本当におすすめしたかったので、しつこく宣伝したし、知人にも声を掛けまくりました。

予想を上回るたくさんの方にいらしていただけて、本当にうれしかったです。

全員にご挨拶ができなかったのが残念ですが、久しぶりの元同僚達が家族連れで来てくれたのには胸が熱くなりました。

これからも低空飛行(もしくは匍匐前進)かもしれませんが、応援してもらえている限りはがんばりたいなと思いました。

 

午後からのどしゃ降りはビックリでしたが、みなさん風邪などひいていないでしょうか?

祈るような思いで毎日天気予報とニラメッコして、当日朝には雨マークが消えてたのでホッとしていたのに。。。

まぁ、秋の空じゃしかたないですもんね。

 

「おとなのあきじかん」にご参加いただいたみなさま、

ご協力いただいた出店者のみなさま、

お手伝いにいらしてくださったみなさま、

機材や資材を快く貸してくださったみなさま、

走り回ってくれたスタッフのみんな、

本当に本当にありがとうございました。

 

(写真)

今年も写真を3枚しか撮っておらず、そのうちの1枚です。

ku’s barでマスターは瞬殺でいなくったので、最後にヘルプで入った「はじめ店長」です。

ほとんどの時間は、スタッフががんばってくれました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA